2010年09月の記事は以下のとおりです。

MENU



キーワード検索



Feed



Created by freo.

vs Composite

2010/09/07

今日はテレビゲーム大好きおにいさんの

コンポジット端子(黄色いプラグのヤツね)との熱い戦いをご覧ください。

長くてすいません。


それは、友人たちとゲームで遊んだある日のできごと。



流れでスペランカーを遊ぶことになり、



ゲーム中に爆弾をしかける場所があるので普通に爆弾を置き、

爆発させたところ…



が、画面がレインボーに!!!!!

ものっすごいキレイでした…
ってそうじゃない!

実際は画面が歪んで、レインボーのあと一瞬ブラックアウトしてしまい、

復帰に数秒かかってしまいました。

爆発による画面の点滅で、信号が乱れてしまったんですね…。

結局、爆弾設置後は一定距離逃げないといけないのですが、

七色に歪んだ画面で正常な判断ができるはずもなく、

尊い命を失う結果になりました。

これが、かの有名な「スペランカー爆弾事件」です。

同様のケースに、

「スターフォックスボム発射事件」「シルフィード極太レーザー事件」があります。

これらはテストに出ます。

主にTOEICで出ます。


さて。

この事件の犯人…犯人?は、

ウチで使っているアップスキャンコンバータ「XRGB-3」でした。



現状、パソコンモニタ「BenQ E2400HD」にそのアプコンをつけて、

テレビの代わりとしていたんです…が、この事件が起きて。

このコンバータ、個人的にはいたく気に入ってたんですけど、

調べていくとどうもその、古いゲーム機によるフラッシュ処理を受けると、

映像信号がなくなってる…とカンチガイして

「入力信号なし」という反応を返してしまうようなんです。

その辺が原因らしくて。

これは…想定外だったわ……。

コンポジットでも思いのほかドットがキレイに出て、結構よかったのに…。

ということで、

自分だけで遊ぶならともかく、友人と遊ぶときに

画面レインボーで全機死亡では話になりませんので、

やっぱり、コンポジットを直接映せるモニタが必要なんだという結論に。


そこで話が過去に戻るんですが、

このXRGB-3を買う前は、普通にブラウン管でゲームをしてました。



これね。ちょい昔のTYPでおなじみの彼。

その頃、自分の作業用パソコンモニタを買い換えたいってんで、

探してたら「Westinghouse」という正直聞きなれない会社の

「LCM-22W2」というモニタに、

なんとコンポジットがついている!ということがわかって。



買いましたよー。

どうせモニタ買うんならこれにしよう!ってね。

けど…。

そのコンポジット入力は幻想に終わりました。

画像が多少荒いのは仕方ないにしても、縦横比もいじれないし、

荒さを軽減させるためにシャープネスを落としても効果ないし、

動かしたら動かしたで残像が気になって。

もう、ホントに映るなあっていう程度。

どうにも残念な結果に…。なりました…。


そんなこんなで、ワタシとコンポジットとの戦いは

ブラウン管→コンポジつきモニタ→アプコン…ときているワケなんですが、

ここで。

アプコンの「スペランカー爆弾事件」を解消するべく、

さらなる方法を探していたところ…。

つい先日「BenQ M2700HD」というモニタに出会いました。

また、コンポジットつきのパソコンモニタです。

やめとけ!
と神様が言いましたが、

先の自分PC用コンポジつきモニタにかなりガタがきていること、

現状より大きいモニタであること、

居間のBenQモニタを自分PC用に使えること、

HDMIが2系統あるなど、コンポジ以外も入力が充実していたこと、

リモコンがあること…などの自分を正当化する理由を武器に神様を殺戮して、

買ってしまいました。



こんなカンジ。ちなみに3万円弱。

それにしても3万円でHDMI搭載ワイド27型フルHDモニタって、

世の中どうなっちゃってんの…。

なあ。安くなったよねーモニタ…。

ちなみに本当につい先日の話です。

この前の金曜に注文して土曜に届きました。

…さあ、

彼はコンポジットに苦悩するワタシの救世主となるのでしょうか。

ここでぜひとも終止符を打ちたいのですが…。

その答えは、写真を交えてまた次回。(←え!!? 続くの!!? この自己満足の話が!!?)


ちなみに結論は出ていて、

たぶん、ちゃんとした「液晶テレビ」を買うのが正解なんだと思います。

それはきっとそうなんだと思います。

だけど、…高いんですよ!

27型のHDMIついた「液晶テレビ」を買うと、ノーブランドでも10万くらいしちゃうじゃん!

PS3はHDMIがあるからもういいし、

レコーダあるからチューナーいらないし、

プレステ以上のゲームは先のXRGB-3でうまく動いてるんですよ。

なもんだから、

テレビに求めるものは「コンポジットをキレイに出す」っていう、それだけなんですよ!

そのために、しかも「液晶テレビ」のコンポジットの画質が

どの程度のもんかわからないのに、手出せないよ…!

うーん。うううーん。

でもこの悩んで悩んで答え出ないのがライフワークにぴったりー。

マゾいー。REGZA試したいー。

vs Composite Super

2010/09/08

えー、昨日に引き続きモニタの話。

誰が興味あるのかまったくわかりませんが、画面比較を。していきましょう。

比較は誰でもわかるようにアートアライブにしようと思ったんですが、

昨日惨殺した神様が最後の呪いでウチのアートアライブを溶かしたので

仕方なくあんまりメジャーでないスーパーマリオブラザーズで。

やりたいと思います。

世界で4000万本くらいしか売れてないんでしょ?

アートアライブ何本売れたか知ってんの?

知らない。

ということでですね、さっそくいきましょう。


まず引きのカンジ。

部屋の電気を消して、夜景モードで撮りました。



ブラウン管。

ブラウン管はそもそも写真うつりが悪いよね…なんか線入っちゃって。
実際の画面は、さすがブラウン管ってカンジ。発色も線もキレイ。
だけど、ブラウン管の宿命である画面のゆがみが。出てます。
あとドット感は薄いですね。ボヤかしたキレイさっていう。
液晶とはそもそも比較するもんじゃないすねー。別ジャンルだわ。



Westinghouse LCM-22W2。

発色はそこそこですが、結構乱れてます。
また、動きがあると結構目が疲れます。
あと、縦横比を変えられないので、妙に横長。
…根本的にモニタの性能がよくないからなあ……。
パソコン用としては散々使い倒したから、まあOK。



XRGB-3(アップスキャンコンバータ)。

ドット感は最高。線もキレイ。
ただ、発色が弱くてちょい薄いです。写真じゃそんな感じないかもしれないけど…。
画面点滅のないマリオはぜんぜんいけます。



BenQ M2700HDのコンポジ。の、調整前。

ぶっちゃけて、Westinghouseのとそう大差ない印象。
それよりさらにギザギザ感は高いかも。
ただ、写真ではわかりませんが、
キャラが動くと結構なめらかになります。
その辺はAMAとかっていう技術が働いてる…のかしら。

で、Westinghouseのと根本的に違うのは、
ここからまだ少し調整の余地があること。
そこでいろいろ設定を変えた結果、



こちらが調整後。

そこそこキレイな画面が出せるようになりました。
ギザギザ感を無くすとずいぶん違うわー。
個人的には及第点。
まだまだ上がありそうな感はあるけど、
イライラするほど汚いわけでもないのでよしとする。


続いてアップ。

左上のスコアの部分をアップ撮りしてみました。



ブラウン管。

キレイキレイ。これでデカくなかったらいいのになあ。本体が。



Westinghouse LCM-22W2。

ブレブレでボケボケ。ちょっとしんどい。



XRGB-3(アップスキャンコンバータ)。

線がくっきりしてますね。いいです。けどやっぱ色がちょいヘン。
まーでも、XRGB-3は設定項目がハンパないくら多いので、調整すれば。



BenQ M2700HD調整前。

妙にハッキリ映そうとしてるためか、ボケたものがしっかり映るという怪現象発生中。
これ、動いてると気にならないんだよなあ…。んで、



BenQ M2700HD調整後。

ずいぶんギザギザが緩和されたの、わかります?
これメッチャアップなので気になりますけど、
1m離れるとかなり気にならなくなるレベルです。


…ということで2日にわたってお送りしてきましたが。

結果、新たに買ったBenQモニタのコンポジットは、

「そこそこいける」くらいのシロモノであることがわかりました。

よかった!

とりあえずレトロゲームはこのモニタで救済してあげる事が出来ます!

いやーよかった。今後はこれでいこう。

ますます配線が気持ち悪い事になって

どんどん普通の人には理解しがたい部屋になっていくけど、

もう、もういいんだ!

楽しくゲームがやりたい!それだけなんだよ!

テレビゲーム、面白いからさ…。


…なんか価格comとかに乗っけた方がいいような内容になってきたなあ……。

パソコンモニタにコンポジついてるとうれしい人と、

アプコンを買おうかどうか迷ってる人って、客層同じだと思うんですよ。

でしかも、この3万ていう価格帯でコンポジついてるの、

現行機ではこのモニタだけだし。気になる人いっぱいいるんじゃん?

…でもいいんだ。全部主観だし…。ははは。

ペニーオークションでドロ試合事件

2010/09/25

最近話題のペニーオークション。知ってます?

※この日記当時はマジで賑わってました。

まあ要はギャンブル性の高いオークションですね。

商品は激安なんだけど、それを「買う権利」を争うっていうような。

それに1回乗っかってみようと思ったんですよ。

ちょっと欲しいものがあって、うまくいけばすごく安く買えるんだけど、

ドツボにはまると結構怖い事になるので、3000円分だけ遊ぼうって決めておいて。

そしたら、ものすごいドロ試合が…。


まずルールを説明します。

商品は新品で、常に0円からスタート。

タイムリミットで一番高値を更新した人が買える…のは、他のオークションと同じ。

で、ここからがポイントなんですけど、

入札は5円ごとしかできません。(今回のケースのみ。金額が違うケースもある。)

0円→5円→10円…と。

また、入札するとタイムリミットが20秒増えます。

そして、1回入札するごとに手数料75円が取られます。

この手数料は落札しようがしまいが帰ってきません。

…そこがうまいことになってるわけですなー。

通常10,000円する商品のオークションに、10人参加して、

1,000円で落札されたとしましょう。

逆算すると1,000÷5=200回の入札があったわけで、

200回×手数料75円=15,000円。主催者は5,000円ガッチリ儲かってますね。

対して参加者は、200回÷10人で平均20回。20回×75円=1人あたり1,500円損。

落札者だけ、落札価格1,000円+手数料1,500円=実質支払額2,500円となり、

10,000円の商品を2,500円で買えたと。いうことになります。

そう、普通のオークションは値段を釣り上げること自体にリスクはありませんが、

このオークションは入札自体がすでにリスク。なんですね。


そして、もうひとつ大事なルールがあります。

それは、入札を「手動」か「自動」か選べる事。

それぞれにメリット、デメリットがあります。

手動は、文字通り画面とにらめっこして、引くか入れるか見極めていきます。

状況が掴みやすい反面、入札忘れになることがあります。

自動は、残りタイムが少なくなると、自分が決めた限度を迎えるまで

自動で入れてくれます。

これは、まず入札忘れが無いのに加えて、設定限度額は公開されないので、

手動でやってる人の戦意を喪失させる力があります。

手動の人は、自動入札ロボットと戦い続けないといけないですからね…。

ただやはりデメリットがあって、

もし、自動入札をやろうとした人が2人以上いると、

タイムリミット寸前で、自動入札者同士の限度額を付き合わせて、

どっちかがスッカラカンになるまで一気に連射入札されてしまいます。

たった5円上げるのに手数料75円かかるわけですから、自動入札者は大損。

しかも、例え100回(手数料7,500円分)入札しても上がる額は500円。

そのタイミングでオークションを見つけた人は、スッと入ってきちゃいますよね。

上げるだけ上げて、主催者大喜びみたいな。

そんな事になってしまいます。おそろしいー。


ということで、ご理解いただけましたでしょうか。

もうこの段階で話のオチが見えてきてる気もしますが(笑)、まあ聞いておくれやす。




ギャンブルで勝った試しの無い、

世界で一番ギャンブルにむいて無いと自負する男。オレ。

初めてセンパイに誘われて行ったパチンコで、

1万円突っ込んでもビギナーズラックすら発動しないオレ。

そして、3,000円+そこそこの落札額で欲しいものがあるオレ。

…絶対に負けるとわかっているがゆえの3,000円。

目当ての商品があったので、とりあえず1回入札しました。

普通に買うと、20,000円くらいの商品です。

    

途中ばらばらと雑に入れていく人が5人いて、

現状で落札額は30円。安いー。これで買えたらすてきー。ってみんな思ってるー。

でまあ、最初のリミットがきたのでまた入れようかなーと思った、その瞬間。

 ケビンさん(仮名)

 満月さん(仮名)

これまで入れてきてない2人からの、強制自動入札が発動!

一気に、2,200円くらいまで上がりました。



ギョっとするオレ。ご、5円単位で上がっていくんじゃないの?

…実はこの段階で、強制入札のことを理解してませんでした。

あの2人、いきなり潰しあってるじゃん…!

すでにあの2人は、それぞれ7、8,000円くらい消費してるワケでしょ?怖いー。

…とりあえず見守るオレ。

さっきの入札で2時間近くタイムリミットが遠くなっちゃったよ…。

20秒の積み重ねは大きいなあ。

つぎのリミットがきたら1回入れて、もう1回潰しあうのかどうかってところだなあ。

片方だけ入れてきて、しかも自動入札だったら

何が何でも手に入れたいんだろうからやめちゃおう。

なんつってたら、



なんか1人、雑に入札してきました。

あれ、これで、2人の動向を見るためにオレが入れる必要なくなったなあ。

次絶対にケビンか満月のどっちか入れてくるわけだし、様子を見よう。

そして次のタイムリミット。

 

またしても強制自動入札が発動!

なんと落札額が3,500円まで跳ね上がりました。



うわー!2人して読み違えてる!

そして、流れ的にお互い後に引けなくなってる…!

そういやこの段階で700回の入札があったわけだから、

52,500円も主催者に入ってるのか。

20,000円の商品出すだけで、落札されてもいないのに倍以上の儲けかー。

ボロいなー。

これ考えた人天才だなー。

…またタイムリミットが1時間強くらい増えたぞ。

どうなるんだろう、この結末…。

すでにあの2人は、それぞれ25,000円くらい飛んでってるんだよね。

普通に買った方が得じゃんか!

しかも、もし落札できてもさらに3,500円払うんでしょ!!?

何これ!!?

お金払いたがりなのかしら!!?

もうオレは商品いらないよ(笑)!最後誰が落とすのかが気になる!

…で、

  

途中また3人くらい雑に入れてって、

次のタイムリミット。

 

2人で4,000円超までつり上がりました。

後に引けないって、恐ろしい。

そしてほどなくして、次のタイムリミットで、満月さんの方がギブアップ。

満月さん、30,000円近く、完全ムダ払い。

やがて雑に入れる人も少なくなっていき、



最後はケビンさんが執念で落札しました。

最終額面はちょっと書けませんが結果的にケビンさんも大損で、

得したのは、主催者と、

ある意味、2・3回くらいの入札で日記のネタを競り落としたオレっていう。

ものすごくカオスなオークションとなりました…。

お金って、怖い。


ということで、まあなんだ、

これはひとつのギャンブルなので、本気でモノを買おうとせずに、

遊びとして付き合うのが一番いいんじゃないかなーと。思いました。

ははは。…はあ。

見てるだけで疲れちゃうわね。

●バナーを除くスベテのコンテンツにおいて無断転載・コピー禁止●
何かあればWEB拍手、もしくはまでご連絡ください。
[The Yellow Place]
since 19990824

-Let's play video games! To die exhausted!-