2013年01月の記事は以下のとおりです。

MENU



キーワード検索



Feed



Created by freo.

おしょうがつ

2013/01/01

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくおねがいします。

あのー、年末遊びすぎて今は脳が整理しきれてません…。

正月絵とかはまた後ほどということで!

とりあえず、とりあえずは挨拶までということで…。

がんばろ。


必殺拍手返し→

行く年来た年

2013/01/02

年末はsarrowさん、じりさん、大破さん、さださん、ぽりさん、MIEさんとで、

年をまたいでなんかずっとふざけてました。

sarrowさんと大破さんは少し早く来たので、

大破さん持参のボードゲーム「カタンの開拓者たち」をプレイ。

めちゃくちゃ面白かった…。

昔Xboxライブアーケードで何かの折に無料でもらって遊んだことがあるんですが、

そのときはひとっつも面白くなくて…。

やっぱりボードゲームは対人よねと実感。

そしてみんな集まってボンバーマンやったりマリオワールドやったり紅白見たり

デカスリートやったりウィザードオブイモータルで悲しい気持ちになったりしました。

そして、8人でクインデキム対戦!

2回ほど練習戦を経て、本番。

しかも負けた人のtwitterアイコンが

生理的にいやなものに変えられるという罰ゲーム付き。



…結果は!

ぽりさんが激戦の結果敗北…!

今日から1週間twitterのアイコンがひどいことになってます。

ということで、新年から悪夢を見る人、悪夢を見せる人、いろいろおりますが、

今年は笑いの中に悪夢を混ぜるカタチで

どんどん世の中をどうにかしていきたいと思います。

つまり、例年通りです。まずは、トップ絵から。


明日はアキバに友人とでかけてきます。

ステキ村のフランカとすれ違ったら、それはたぶんワタシです…。

ステキ村日記16 ムラサメさんのギンザ村

2013/01/03

今日はいつものステキ村日記ではありません。

私の友人であり、会社の同期でもある、ムラサメさんのギンザ村を紹介します。

彼は普段遠方の支局にいるため、実家があるこちらに戻ってくるたびに

一緒にアキバに行き、買い物がてらお酒を飲んだりするような仲でして、

ワタシが年末遊んだ友人や地元の友人とは接点がありません。

ちなみに彼はメガテンが大スキで、

御霊合体によるステータスMAXの悪魔を作るのに喜びを感じるタイプ。

あとはスプラッターハウスのようなホラー系レトロゲームを好んで遊んだりしています。

そんな、到底どうぶつの森を遊びそうにない彼が、

ひとつの村育成ゲームとして発展させている(であろう)、ギンザ村。

ヒサビサに秋葉原で会ったので、ローカル通信で遊びに行ったんですが、

…本当に、衝撃の連続でした……。

なので特別に了解を得て、感想日記を書くことにしました。

少し長いですが、お付き合い下さい。


来ました。ギンザ村。



…これ、駅出てすぐの写真です。この時点で超おもしろい。

軽くバグってんじゃないかと思えるほどです。

少し歩くと、この村の特産品である梨の木が…



死ぬほど。

本当に死ぬほど生えてました。すげえ。もう笑いが止まらない。

だってもう、ちょっと歩いただけで、



オレいなくなっちゃうんだもの。すげえよ。

植樹というより、梨に支配されてるよ。村が。

…そんな状況は浜辺も同じ。



これジャングルだよね?もう砂が見えないよ?これジャングルでしょ?

そこから西に歩くと、また衝撃の展開。



鉱石がまるでイルミネーションのように…!

彼いわく「だって置く場所ねーし」

いやいやいやいや!それにしてもこうはしないだろ!

ちなみにこれ、川沿いにしばらく続いてるんですよ…。

多いよ!オレよりマメに鉱石拾ってんじゃねーか!

…今度は、役所。



まあ普通の役所なんですけど、



となりにソーラーパネル。

うおおおおいきなり近代化したなあ!!!!

役所の電気はこれでまかなってんの!!? すげーエコじゃん!!!

…つかそう、公共事業もすごいんですよ。



こういう、ファンシーなのはまあいいんですが…、

いや切り立ったガケの近くでピクニックしてるのも正直気になるんですけど、

まあいいとして、



このモアイは何か秘密があるの???

こんな隅っこで、ガケの向こう側を見てるモアイなんて、怪しくてしょうがないわ!

…んでそう、極めつけは、このストーンヘンジ。



いやまあ…、ストーンヘンジ単体はどうでもいいんですけど、

なぜ、南に隣接した敷地に、



テレビ塔があんの???

なんで神秘の石と鉄筋建造物を一緒にしてしまうの????

どっちかにしろよ!!! パワースポットなのか何なのかはっきりしろ!!!

まあたぶん梨は量産目的だろうし、公共事業は区画をしたいがために

こういう配置になったんだろうけど、それにしても…なあ。なあって!

…さっ、これで村の見学はおわり。

最後はムラサメの家におじゃましてみましょう。…と思ったんですが、



名前に反してファンシーすぎるわ!!!!

こんなピンクあしらった家、見たことねーよ!すげーなこの家…。

んで、中はというと…、



数字ランプをコンプリートしてたり…、



大量の和風家具でかためてあったり…、



プロレスマットをしいてあったり…って結局ピンク関係なしかよ!!!!

なんなんだこの村は!!!!

ちょっとバグってるのかと思わせるほどの木の量と、

公共事業の謎の配置…。

ホント、人を不安にさせる要素満載だよ、この村…。



最後に、おいしい梨の山をくれました。

しかも、9個セットを、7つも。

お、おいしい梨はありがたいけど、63個もいらねーよ!!!!

リアルにもらっても困る量だわ!!!!

…はあーあ、もう帰ろ。

こんな村見たあとだと、ウチの村(サイコー評価)がなんだかさびれて見えるわ…。

変な対抗意識を燃やさないようにしなきゃ…。



はいはい、もっとどうぞ。

あと62個ありますんで。


…最後に、彼の村で過去に起きた衝撃のひとコマ。

せっかくもらったんで、公開しておきます。



村長もアレなら村民もアレだな…。

ゾンビ撃ちまくり正月

2013/01/05

アキバでの収穫はギンザ村の衝撃写真だけではなくて、ちゃんと買い物もしてきました。

買ったのは、

Wii「ハウスオブザデッド2&3」と、「ハウスオブザデッド・オーバーキル」の2本。

どちらもWiiザッパー付です。

これが…、特にオーバーキルの方が、

ネット通販だと8000円~9000円くらいの半プレミア状態だったんですけども、

半値くらいで買えまして。出会いってあるもんですね…。

ちなみにこのハウスオブザデッド、1作目もすごくスキなんですが、

2作目はそのギンザ村の村長と連コインしてクリアした覚えがあり、

3作目は地元の友人たちと筋肉痛になりながら遊んだ覚えがあり、

どれも馴染みがある作品で。でも手元になくて…。

さらにどうも、オーバーキルはB級ホラーのユニークさを持った完全新作らしく、

これまた興味津々だったもんで…。

それなりの、これ本当に中古か?っていうお値段でしたが、買ってしまいました。

…で。

じゃあ実際遊んでどうだったのかというと、

とりあえずはっきりしているのは、オーバーキル面白すぎ。

2作目も3作目も面白いけど、オーバーキルが群を抜いて面白い!

普通にやっても面白いですが、コンボを意識するとまた別の面白さが出てくる!

めちゃくちゃいいです。

日記書く時間まで持っていかれてます。

ということで…ちょっと詳細は次回にまわすとして、

…今はしばらく、ゾンビを撃たせてください……。


余談ですが今回、PSMOVEを買おうかどうか迷っていました。

特に今、PSストアでハウスオブザデッドの3と4がそれぞれ500円!

さらに他のゲームもセットになったパックが3000円!超激安!

普通のソフトとしてオーバーキルのHDバージョンもあるし!ねえ!

って、思ったんですけど、

冷静に考えるとPSMOVEはまだちょっと手が出ない…。

Wiiはいいよ。それ自体がメインのコントローラだから。WiiUでも使えるしね。

MOVEって、ツブしがきかないというか。

KINECTほどの衝撃もないし。KINECTみたいにソフトも出なさそうだし。

そしてそのためにテレビ周りを占有させるのもキツいし。

だからまあ…とりあえず今回はおいといてですね、

みんながMOVEをもっと忘れて(笑)、

さらに安くなったあたりで買おうかなー…なんて。思ったり。して。

ただなー、オーバーキルがあそこまで面白いとは思ってもいなかったので、

ステージや要素追加のあるHD版が…やっぱりすごく気になります……。

うーん、困ったなあ。サイフが…。


必殺拍手返し→

しごとがはじまった

2013/01/07

今日からワタクシも仕事がはじまりまして、

…まあ気乗りしないですが、たまったメールをさばいて、

次第に仕事モードに移行して、夜は飲み会というカンジで、

ごくごく一般的なサラリーマンの一日を過ごしたわけなんですけども、

ひとつ言いたいことがあるんですよ。

なんでノストラダムスはマヤ文明に触れてないんですか。

あの野郎がもう少しマヤ文明を勉強してたら

世界を崩壊させられたんとちゃうんかコラ。

最強タッグちゃうんかコラ。

そしたらこんなことしなくて済むんですよ。世界が無いんだから。

大体予言とか生ぬるいこと言ってんじゃねえって話ですよ。

断言しろよ。断言。

ノストラダムスの断言ですよ。

「1999年7月に絶対確実に地球は滅亡する」くらいの事を言えっつーの。

なにが「滅亡するであろう」だよ。「あろう」で逃げてんじゃねえよ。

お前はあれか。うまいことやるサラリーマンか。ちくしょうめ。

そんなんだから地球はまだのらりくらりと生きてるんですよ。

生かすなっつの。

大丈夫だよ全員が一気に死んだら地球が滅亡してもバレないって。

…あー、明日も仕事か。まいったなあ。

あっやべ、メール1通返答し忘れてた…。

「送ったであろうと思います」とかなんとか言って逃げておこっと…。

ハウス名作劇場

2013/01/09

ハウスオブザデッド2と3と4とオーバーキルを遊びましたので今日はその話。

めんどくさいのでHODと略して進めたいと思います。


HODは、ゾンビを撃って撃って撃ちまくるガンシューティング。

ゾンビガンシューティングの先駆けですね。

2作目がたぶん一番有名じゃないかな…。

むしろ派生作品のタイピングオブザデッドの方が有名だったりして(笑)。

システム的には先駆けということもあり、基本は撃って殺して先に進むのみ。

特別な要素といえば、生存者を助けたかどうかで細かいルート分岐があること…かな。

ワタシは1、2、3までアーケードで経験済。友人とよく遊びました。

どれもものっすごいスキです…。

3は筐体のガンがショットガンそのもので、

リロードのたびに腕をガシャッと引いてポンプアクションをせねばならず、

友人とともに、筋肉痛と戦いながら遊んだのをよく覚えています…。

ちなみに買ったのはWii版で2と3とオーバーキル。さらにPS3版の3と4。

PS3版はMOVEを持ってないので、コントローラで遊んでます。


…ということで各作品に触れていきたいと思うんですが、

いかんせんどれも撃って進むだけなので、要点のみ。

基本的にHODはどれも難易度が高めなんですが、

2作目は特に難易度高い!ゾンビがしぶといんだよね!死なない!死んでるけど!

またどうでもいいですが、

最初に死ぬ民間人のセリフ「I don't wanna die!(まだ死にたくない!)」

妙に自分の中で流行ってます。お気に入りです。

3作目、Wii版は家庭用のチューニングになってて、

ゲーセンのポンプアクション+銃の重さの分を相殺する狙いがある?のか、

リロードがやや遅め。でもちゃんと狙って撃ってれば進めます。

ショットガンなのに精密射撃?っていう気もしますが、

そのリロードを見越した立ち回り、射撃精度が求められていて、

それはそれで新しい面白さが生まれている。ように感じました。

PS3版の3作目はめちゃくちゃキレイで、リロードが早くなってるように感じたんですが、

音が…。

ショットガンの発砲音が、バンバンバン…じゃなく、

バッバッバッと切れたように聞こえて、爽快感半減。すごく残念…。

リザルト画面なんかも変わっちゃってるし、画面比率の関係で両サイドが黒いし、

はっきり言ってWii版を買った方が素直に楽しめると。思います。

Wiiは特に手元で音が鳴るのがいいね!すごくいい!

あれMOVEだったら違うのかなあ…。

4作目は初体験で、サブマシンガンで突き進む内容なんですが、

コントローラでやってもはっきりわかるくらい

難易度が下がってて遊びやすくなってます…と、思いきや。

やっぱり後半…、特に4面のボス(STARだっけ?)あたりは

ゲーセンだったら泣いちゃってるかもしれません。さすがHOD。

当然グラフィックはめちゃめちゃキレイで、

さらにちゃんと過去のゾンビと同型が出てくるのでなかなか楽しいです。

ゼヒMOVEでやりたいところ。


…でですね、オーバーキルの話をしたいのですが、

さすがにもうすでに長いので…それはまた次回。

とりあえずここまでをまとめておくと、

Wii版の2&3はオススメです。特に過去遊んでる人は。

PS3版の3はキレイですが、Wii版でも遜色ないし、

気になる点がちょいちょいあるのでWiiある方はそちらを。

あれ、WiiUで起動するとまたキレイになったりするんでしょうかね…。

どうなんでしょうね…。

4は、言ってもMOVEで遊んでないので評価しづらいところではありますが、

マシンガンのおかげでずいぶんとやりやすいです。

シリーズ初の手榴弾なるボムアイテムも出ましたので、気晴らしにいいと思いますね。

…そんなこんなで。また次回。

人生オーバーキル

2013/01/11

最近ですね、ヘタリアのネタを60本近くアウトプットしたので

ちょっと脳が疲れています(笑)。

なるべくヘタリア知らなくても楽しめるように、

またヘタリア知ってるのに理解できないようにも作りましたので、

もしよかったら1月27日の擬人化王国6

「オ17a・ジャイアントバックドロップ」をたずねてみてください。

それの新刊が出てる予定です。例によって描いてるのはヨメさんです。

ちなみに「へたなまんが」というタイトルです。なんちゅうタイトルだ。

あとどんなもんか少し見てみたい方は、

ニコニコ静画に過去の一部をあげてありますので、そちらもどうぞ。

…つかマジメに、ヘタリアっていうフィルターを切って、

国のステレオタイプの擬人化という目線で見ても十分いける?のかな?

いけないか(笑)。デフォルメしてるし…。まあ興味あればゼヒ。

つーことで前回に引き続き、Wii「ハウスオブザデッド(HOD)・オーバーキル」の話。


オーバーキルは、ゲーセンでは遊べない家庭用のみの作品なんですけど、

はっきり言って、今までのとはまったく別物でした。

世界観がもう全然。全然違う。

やる事は同じで、とにかく出てくるゾンビを撃ちまくって殺しまくればいいんですけど、

とにかくB級ホラー…、いや、コメディホラーを意識しまくっていて、

これまでの雰囲気は皆無。

継承してるのはエージェントGの存在と、

時系列的には1作目の前の話なので、そこへの布石のみ。

もんのすごくアクの強いゲームになってます。

なもんで、なんか全体的に陽気。

ゲーム中に流れる曲も、これまでとは別方向のカッコよさがあって、ノリノリ。

さらにイベント中はずっと主人公がファックファックマザーファッカーと叫び続け、

コメディホラーにありがちなセクシーキャラも出てきて、

メガネを弾き飛ばした次のシーンでメガネをかけてる…といった

映画でよくあるミスなんかも再現してて、

まさに、陽気なアメリカ製のコメディホラーというイメージそのもの。

…これが、すごくいい。

この設定が、銃を乱射してゾンビを殺しまくるという内容とめちゃくちゃマッチしてる。

同種のゾンビがわらわら出てきたり、ちょっとゾンビの挙動がおかしかったりしても、

コメディホラーというフィルタのおかげで全部OK。

さらにゲーム全編にわたって古いフィルムのエフェクトがかかっているため、

最近のポリゴンにありがちな、テカテカした安っぽさがなく

とてもいい空気が出ています。

加えて、HODシリーズ初の武器購入+カスタマイズもできるので、

強力な武器を携えてただただ気持ち良くなるために

ゲームをプレイする事もできちゃうし、

逆に高評価を狙う場合はミスショットせず敵を殺して

コンボを成立させる事が必須となり、

ただサブマシンガンあたりを撃ってるだけでは達成する事ができないため、

きちんとスコアラーのツボもおさえた仕様になっています。

これ…すばらしく面白いよ。

ホント、ガンシューティングでここまで遊べれば十分です。

悪い点をあげるとすれば、

まあとにかくバカバカしくてゲーム史上、例を見ないほど下品であるとこ、

ひとつのステージがガンシューにしては少し冗長かなーと思うとこ…かな。

人によっては、恐怖感がほとんど無いのも気になるかも。

ストレス発散するにはこれ以上ないソフトだと思いますけどね(笑)。

…そういうわけで、

またひとつ、カジュアル推しのWiiに風穴を開けるソフトを発見しましたので、

これまで紹介した、意外とストイックでコアゲーマー向きの「はじめてのWii」、

枷の外れたトレジャーの本気作「罪と罰」、

ガチガチな2Dアクションの傑作「ドンキーコングリターンズ」とともに、

家でWiiを眠らせている方は、ゼヒどうぞ。

ステキ村日記17 スーパー恐竜博

2013/01/13



今日はせっかくの3連休だし、オーロラも出てるし、
博物館の2階に展示されているらしい「スーパー恐竜博」に行ってみようと思います。



おっ、ここだ。
それにしても、1階に化石展示してあるのにずいぶん挑戦的だな…。
まあ勉強になるだろうし、入ってみよう。

こんにちー…



わっっ!!
びっくりした! どっ、どなた?



ようこそー。
私、ここの管理をしております、カーメン二郎と申します。



ラーメン二郎?



絶対言うと思いましたけど違います。カーメン二郎です。



好きな食べ物は?



焼きそばです。



…なんかこう、エジプト的な食べ物でも無いんだ……。
そこも寄せてこないんだ…。
そ、それはともかく。せっかくだから案内してくださいよ。



おまかせください。
では改めまして…スーパー恐竜博へようこそ!
この恐竜博は、ダイナミックな化石とともに、
みなさんに地球の神秘ともいうべき恐竜の魅力を、
存分にお楽しみいただける内容となっております。ぜひ最後までお付き合い下さい。

…さて、最初の恐竜はこちら。



スピノサウルスでございます。



…うん。



スピノサウルスは大きいものでは全長17メートルほどあり、
やはりなんといっても特徴的なのは、背中の突起でございまして…。



はい。



この突起に帆のように皮がはられており、
体温を調節する役割をもっていたといわれて…おり…まして……
…あの、あの?



はい?



すいません、ちゃんと聞いてます?



ああ、うん。聞いてる。
聞いてるけど、ちょっと気になる事があってね。
まあ、まあいいや。続けて。



はい…。えーと、生息していた頃はティラノサウルスに並ぶ
強力な肉食獣だった…そうです。素晴らしいですねー。



そうだね。やっぱりなんていうかこう…力強いものを感じるよね。



さようでございますね。
…では、続いてこちらです。



アパトサウルスです。



…うん。



アパトサウルスは別名ブロントサウルスと呼ばれておりまして、
日本ではこちらの呼び名の方が有名かもしれません。
大型ですが意外にも草食で…、
…すいません、ちょっと?



あい? ああ、はいはい。聞いてる聞いてる。
聞いてるけどさ、ごめん、なんていうか…、



何か気になる事でも?



え?あ、いや、うーん、そう…、その…、
尻尾長いよね。この恐竜。尻尾がね。



そうですね。昔はこの大きな体から、体を支えるのは難しいために
湖などに生息していたという説が一般的でしたが、
現在では研究が進み、陸上で生活していたことがわかっています。
…以上、おわかりいただけましたでしょうか?



うん、はい。内容は理解した。



では次です。
次はすごいですよ。今回のスーパー恐竜博の目玉!T-レックスです!



おおーっ、マジで?



こちら!



このT-レックス、別名ティラノサウルスは…言わずもがな、
恐竜の王様でありまして…



ちょっ、ちょっとごめん。



はい?



あのさ、もう、もういい加減言うけどさ。



なんでしょう?おトイレなら…



おトイレじゃなくて。そうじゃなくて。



はあ、ではなんでしょうか?



なんで…なんで、なんで頭が埋まってるの?







?じゃないよ。頭がさ。頭が埋まっちゃってるじゃん。
恐竜の一番大事なところじゃんか。その顔の迫力っていうかさ。
なんでその一番大事なところを見せないの?おかしくない?
おかしいよね?おかしいって思うでしょ?



いえ…。



えええええええーーーーいやいやウソだよ!!!
そんなハズないわ!だって、頭が埋まっちゃってるんだぜ!?
恐竜博で頭埋まっちゃってるってありえないだろ!



現にありえてるじゃないですか。



いやそうじゃなくて!この状況がありえないでしょって言ってるの!



だから今目の前にありえてるじゃないですか。



うるせえ!!! しゃべんな!!!
こんな恐竜博ヨソじゃやってねーって言ってんだよ!!!



あっ、じゃあウチだけのサービスってことですかね。



ちげーよ!!!! お前ふざけんな!!!
オレはそうじゃないのが見たいの!!!!
全体が!全体が見たいの!!!!



え、じゃあ頭が埋まってないのがよろしいんですか?



頭が埋まってないのがよろしいに決まってんだろ!
絶対に頭が埋まってない方がいいよ!その部分を見に来てるんだからさ!



じゃあまあ…そうですね、トリケラトプスくらいなら……。



え、トリケラトプスいるの?すごいじゃん!メジャーどころじゃん!
それ見せてよ!そういうのが見たいんだよ!



はい、ではこちらです。



あれちっちぇえ!!? すげえちっちぇえ!!!



えーこちらのトリケラトプスはですね、大きく発達したツノが…



いやいやいやいや待ってよ!なんで何事も無くしゃべり始めちゃうんだよ!
おかしいじゃん!これすごーくすごーくちっさいじゃん!



はあ。



オレは迫力あるのが見たいの!迫力ある全体像が見たいの!普通そうなの!
なのになんでさあ、首が埋まってるかすげえちっさいかの二択なの!!?



いやだから、別にいいじゃないですか。



よくないつってんだよ!よくないっつってんの!!!
恐竜博なんでしょ!!? これ恐竜博だよね!!?



あとお前勝手にちっさい恐竜増やすなよ!!!!
なんでこのタイミングでプテラノドンのちっさいの出すんだよ!!!
つかプテラノドンもすげー有名じゃんか!!?
そういうのの全体の迫力のあるやつをさあ!!? 出すでしょ普通!!?



このやつも結構精巧にできてますけど…。



そうじゃないの!!! 緻密さじゃないの!!!
あれ?オレがバカなの?オレはバカじゃねーよ!!!
じゃあ逆に聞くけどさ、この状況のどこがいいんだよ!!!
こんなんじゃ恐竜の魅力なんてひとつも



うるせえぇえええーーー
ーーーーーーーーーーッッ!!!!!




えっ、…え、ええっ…?



ただ知識をひけらかしたいだけなんだから
なんだっていいだろうがよ!!!!!!



…あ、そう…。
そう…いうこと…でしたか……。



そうだよ!!! だからだまって聞いてろよ無能のバカ野郎が!!!
お前はたかが村長だろ!!? こっちは王家だっつーんだよ!!!
もういい!!! おまえ帰れ!!!! 今すぐ帰れ!!!!!



は、はい、
…か、帰り…ます……。

なんか…、すいませんでした……。



…オレが、何したっていうんだ……。

メタルマックスのはなし

2013/01/15

あのー…、3DSバーチャルコンソールの、メタルマックスを…買ったのね。

これは、おもしろいね。おもしろい。

ただあの、まわりにメタルマックスが大スキな人がいすぎて、

うかつなことを書いてケガしないか心配で(笑)。

でもあのー、きっとワタシみたいなメタルサーガを中途半端に遊んだ程度の

ビギナーが書いたら書いたで新鮮だと思うので、今日はその話を。

…あらかじめ言っておきますが、何かを見たり聞いたりせず、

単純に少し遊んで感じた話を書いてますのでそのつもりで。

進み具合としてはそうですね、いろんなカギが開けられるようになったくらいです。


…さて。

ゲームとしては、要はRPGなんですけど、なんだろう…本当に独特。

あえて書くならば、一番似てるRPGはMOTHER1かなあ。

世界観こそ全然違うけど、流れてる空気というか。

荒廃してるけど生き生きとしてて、ちょっとドライ。みたいな。

あとひらけたカンジもそうだし、テキストとか、キャラの配置とか、

凝ったフィールドとか、遊びごころとか、敵キャラとか、そういう。

最大の違いは武器が実弾っていうところだね(笑)。

個人的には桃伝っぽさも感じます。

MOTHERもそうだけど、いわゆるドラクエに対するアンチテーゼ的な。

メタルマックスはアンチテーゼというより、RPGというベースで

やりたいようにやったら結果的にそうなったっていうカンジを受けますけど(笑)。

…でね。

メタルマックスを一般的に、また端的に表すと

「戦車改造RPG」ということになると思うのね。

実際RPGで武器防具を買うように戦車を改造していくため、

やっぱりどうしてもどういう改造がいいとか、どういう車に乗れるとか

そういうマシナリーな話題になりがちで。

たぶん遊んだ事無い人からしたら、余計にそういうイメージがあると思う。

けどあれ、遊ぶとわかりますが、

そういった戦車の種類が多いとかってのは確かに雰囲気に一役買っているけれど、

それよりもう1段掘り下がった「ゲーム全体のセンス」と、

「戦車なくしてありえないゲームシステム」っていう、

その2点のすごさが基盤としてあるんじゃないかなと。


例えばなんですけど、序盤でデカいサルが火炎放射器持ってるっていう絵の

「サルモネラ一家」なるボスの住処に行くんですが、

途中にこういう場所があるのね。



こんなわかりやすいトラップないじゃないですか。

こういうのって、サル知恵というか、

サルモネラ一家の程度の低さを象徴してますよね。

そういうのが、いい。そういうセンスがいいのよ。

あとあのー、フィールドも凝ってて、

また例を出すと、途中海に架かっていた橋が壊れてるところがあるんですが、

そのまわりをぐるっとコンクリで固めてあるのね。



突貫で補修したんだなっていう。

そういうのが、いい。いいと思いませんか。

人物のセリフもいちいちセンスいいしね。

この、次は何を繰り出してくるんだろうというRPGの基本的なおもしろさが、

大きな魅力のひとつなんだと思います。


…そして、ゲーム面ではその戦車を使ったシステムね。

ここからちょっと実際にプレイした時の話になるんですが、

まずフィールドを走ってたら、なんか地雷を踏んだような感じになって、

いきなり戦車の装甲(HP)がゼロになったんです。

戦車は装甲が無くなっても走れるので、

あぶねーこれはまだ行けない所だと思い一旦帰還して。

けど他に行くところがなかったので、再チャレンジ。

また地雷?を受けて装甲がゼロになったんですけど、

まあいいやっつって突き進んでたら、それは地雷じゃなくて、砲撃で。

「ビッグキャノン」なるボス敵が、フィールドにいたんです。

いるっていうか、設置されてた。

そしてビッグキャノンの見えない範囲あたりから

フィールド上でボコスカ撃たれていたという。

んで、満身創痍のまま戦闘。当然即死。

そこで試行錯誤するうち、

ビッグキャノンと接触する一歩手前で砲撃が止むのを発見!

ははーん、これはつまり、大型の乗りもので戦うのではなくて、

直前で戦車から降りて、砲身を避けるようなイメージで身軽な人間が挑むんだな!

つって大砲くらって即死。

あれ…?

んで今度は大量に回復用の装甲を持って、

目の前で装甲を貼りまくって挑む通称サロンパス戦法で挑むも、押され負けて死亡。

ここで一度「やりようがねーよ!」と絶叫して

ハウスオブザデッドで銃を乱射したりしたんですけど、

冷静になって街をひとつひとつ散策したら

今までまったく用が無いと思ってたショップに

この問題を解決するアイテムが売っていて…。

サロンパス戦法と併せて、ギリギリのところでビッグキャノンを倒す事ができました。


…このくだりはただのゲームオンチのグチに見えるようですが、

この、戦車っていうのが効いてます。

ジョブとかそういう類のものとは置き換えられず、

戦車である事にきちんと意味があ る。

乗ると強力で、中にいれば守られるけど、改造しないと強くならず、

かつその時点その時点での改造に限界がある。

だからこそこの戦闘イベントは成り立っています。

戦車はどういう状態でダメになるのか。何が有効なのか。何を持って行くのか。

試行錯誤し、ボスに挑む。

…要するに、

メタルマックスは見た目よりも繊細なバランスが組み込まれたゲームというのが

このくだりで見て取れるわけです。

そしてさらにいいのが、

たぶん、たぶんですけど、人間にはレベルがあるので、

延々とレベルを上げれば人間でも倒せるんだと思うんですよ(笑)。

つまり、イベント戦闘に近いバランスだけど、実際はそうじゃない。

そこがいい。そこがいいと思いませんか奥さん。

…メタルマックスは、そんなゲームだなと感じました。

それにしても、いい空気の世界観に、独特の練り方をしたシステム。

これを、カオス状態のファミコン市場で選択し、

リアルタイムで遊んだ人は、本当にシアワセだったことだろうね…。


ということで…、ひとしきり感じた事は書けたので、

あとはのんびりとこの冒険を少しずつ楽しんでいきたいと思います。

あの、もちろん不満も無いわけじゃないです。キーレスポンスの遅さとか。

装備売るときにどれが今装備してるものかパッとわからないとか。

逆にザコ戦が少し大雑把とか。

でもなあ、ファミコンだしなあ…。ちょっと野暮ったいですね。

さあ、まだ先は長そうですから。がんばれガリバー!

あ、主人公の名前はガリバーにしました。

中古車の選定眼はあると思ったので…。

最初の戦車はホンダ、次はダイハツ。

駐車場には8台置けそうなので、最後はベンツにしたいです。

考える人

2013/01/16

常日頃から何かしら考え事をしている時間が多いワタシこと管理人改めロダン作は、

大体いつも時間に追われています。

あれがやりたい、これがやりたい、それを実現したい、

あれこれ悩んで考えて、少し消化して一日が終わります。…これが、非常に困る。

例えば家にある800本くらいのゲームソフトすべてを攻略しようとした場合、

仮に1本クリアまで15時間としたら12000時間。500日もかかります。

つまり1年間不眠不休でテレビゲームをやり続けても

消化する事はできないということです。

もうこうなってくると人間では達成不可能ですので、

ロボットを作ってそれにゲームをやらせるという事も必要になってきます。

もはや目的を見失って何がしたいのかさっぱりわからない状況になっていますが、

そういう事を考えてしまうほど時間がありません。

またこのサイト更新には平均して毎日1時間程度割いてますが、

ゲームの話やどうぶつの森の話などちょっと大変な日記の時には、

ひどいと1日かけてしまったりしています。

そう考えると、

凝ったテキストを生みだすのは、年間に365本しか作成できないことになります。

多いと思う方もいるでしょうが、この間は他の事ができなくなりますので、

365本をリアルに目指すとテキストを書きながら餓死する危険性もあるわけです。

あと映画もスキですので、これも観ないといけません。

例えば大体どこのレンタルショップも映画は20000タイトルくらいですので、

1本2時間として、40000時間。約1667日もかかるではありませんか。

年数で4年半ですよ。

スタンリー・キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」という映画で、

暴行犯の主人公のまぶたにフックをつけて無理やり犯罪の映像を見せ、

暴力的な欲求を心理的に抑え込ませるシーンがあるんですが、

そういう装置でも使わないと観きれません。

ちなみにその主人公は、その後暴行を働こうとすると気持ちが悪くなり、

さらに映像とともに散々聞かせられたクラシックを流されると

狂ったようにのたうちまわるようになってしまうのですが、

4年半分の映画を観させられたらもう何が現実かわからなくなって

ティム・バートンを見て「お化けーーーー!!!!」とか言いそうです。

あの人はお化けじゃないです。お化けを作るのがうまい人です。

…とまあ要するに、

時間のないワタシにとってはエンタメも命がけという事です。

旅行も行ってないしね。日本には47の都道府県、世界には195カ国もありますよ。

こうなってくるとアニメにあんまり興味無いのが救いです。

マンガもヨメさんほどは読まないので、命拾いしたというカンジです。

それでも、まだまだ未知の領域はたくさんあります。

みなさんもtwitterで駄文を書いて満足してる場合じゃありません。

世の中にはやるべき事、楽しいことが星の数ほどあるのです。

だからこそこうしてワタシは、毎日いろんな事を経験するべく、

常に先の事を考え、試算して時間を潰しているのです。あーヒマだ。


ちょこっとだけメタルマックスの話の続きを。

すごく自由に、何の情報も得ずに遊んでおります。

やっぱり、間違ってるかどうかなんて大事じゃないよなあこれ。

まあやり方がまずくて進めなくなる可能性はあるのかもしれないけど、

それすらハンター人生!という事でやってます。

最近では…イカれたマッチョドクターにビールをぶつけて殺したおかげで

救急車が手に入りましたが、何の武器も積んでなかったので

エンジンだけ最初の戦車と入れ替えて、最初の街のガレージに置いてあります。

まあ救急車だし、待機しておく方がいいよね…。

あとなんだっけ、そう、そのイベントの前にフィールド上で地震がおきましたが、

なんのこっちゃかわかりません。

でも普段のワタシも地震のメカニズムにそれほど興味が無いので、別にいいです。

そんな事よりお金が無いよ…。

冒険もいいけどハンターなので、ぜひともお金を稼ぎたいところです。

いつクリアできるんだこれ(笑)。


必殺拍手返し→

ステキ村日記18

2013/01/17

ステキ村の近況ですが、その前に言っておかなければならない事が。

なんか今月に入って2回も強制終了をくらっておりまして…。

2回とも商店街から戻る時(踏切)に起きてます。

しかも起動時間とかは関係なさそうでして、

2回のうち1回は起動して10分くらいで起きました…。

とりあえずワタシの中では電車に轢かれたものとして、

ムカつきを笑いに変える事でやや大丈夫としていますが、

フリーズの影響によりセーブが消えてしまうという報告もどうやらあるようなので、

どうも商店街から戻る時は、面倒ですが「セーブして終わる」で戻るのが良いようです。

…つかセーブが消えるバグってもう、レベル低すぎだろ。

最近じゃなかなか聞かないよセーブが破損するソフトって。お前はスパデラか。

特にどうぶつの森は他のゲームと違ってセーブが重いじゃないですか。心情的にも。

スパデラみたいに一晩でセーブ戻したりできねーし。

「銀河にねがいを」は明日にしよっかなとかのんきなこと言えねーし。

せめてバックアップくらい自由にとらせてほしいよね。

…おもしろいゲームなだけに、本当に残念です。

このセーブのくだりだけ読むと、めちゃくちゃクソゲーだもんなあ…。


…さて。



現在ステキ村ではセーブの消失におびえつつ、

また環境評価サイコー!を維持しつつ、村の整備に取り組んでおります。



村の線路沿いに施設をまとめたいので、新たな村民が引っ越してくるときに

食いこんでこないよう、ちまちまと公共事業を置いたりしてます。

相変わらず交番無いけどね…。

まあ治安悪くてもいいけど…。

…と、そんな状態の中、



あのギンザ村から、ハンナなる明らかにスラム育ちのキャラが入村してきました。

ますます治安が悪化しますが、ディテールが超ツボでお気に入りです。

麻薬くらいはやってても黙認したいと思います。

またすごくおもしろいのが、

キザキャラのトムソンが持ってくる名画はほとんど本物であるのに対し、



ハンナが持ってくる名画はすべてニセモノっていう…。

どこまでアウトローなんだよ。すげえぜハンナ。

その他の村民は下のマップの通り、



ララミー、リリアン、シベリア、ビンタ、トムソン、


ペーター、ショーイ、アリゲッティの計9人。

アリゲッティは自分の脳内で勝手にスパゲッティと呼んでいます。

ペーターだけがなんか言い得ぬ気持ち悪さがあってスキになれません。

ほかには、



浜辺の一部はマリンスーツがないと行けない隔離された場所になってるので、

バナナを大量に植えて未開のジャングルとしてみたり。



家関係だと…メインの自宅は外観が気に入ってるので

2階と地下室しか増築してないんですが、



フランケンフランカの家はほぼ増築が終了してまして。

あとは地下室をもう1段階広げるのみなのですが、

地下室はどうしてもこれ以上広げたくないので、これで打ち止めでしょう。

そんなカンジ。



せっかくなのでフランカの家のエントランス・その後。

すれ違い通信でいろんな家を見ていると

通路を隠すための家具として「りょうめんのほんだな」がどうも人気のようなのですが、

ちょっと圧迫感がすごくて苦手です。

ふさぐだけなら「たてながてんじケース」がぴったりで個人的にオススメですね。

ぴったりすぎて、角度によってはうっっっすら開いてるのが見えるけど。

でも横に家具置いちゃうと全然気になりません。



上から見るとこんなカンジ。

マイデザインも貼れますし、通常リメイクでも結構バリエーションありますよ。

あと前に紹介した「完全にアレ」な部屋は、鉱石を使ってより豪華になりましたが、

村長が風営法違反とかヤバすぎるので、フランカの家の2階に移転させました。



アレ過ぎて全体を見せられませんが、すれ違い通信はフランカの家でさせているので、

子供が見たらどうかなあと思います。でもやめません。

…であのー、そろそろ夢見館(セガ)の番地が公開できればいいんですが、

日々試行錯誤をかさねているのでなかなかタイミングが…。

しかも最近またおもしろいネタを仕入れてしまったので、

それの実現には1か月はかかりそう。です。

そんなこんなで。続きをがんばろう!



返す言葉もございません…。


必殺拍手返し→

うちの3DS

2013/01/18


どうぶつの森とメタルマックスを交互にやってるんですが、

双方にヤンキーがいて怖い…。

PSMoveで遊んだよレビュー

2013/01/20

PSMoveのスターターパック(ビートスケッチ入り)を、

地元の中古屋でたまたま捨て値(3000円くらい)で手に入れましたので今日はその話。

…その前に、まずそもそもMove本体の話をしないといけないと思うんですが、

なんであんなんなの。Move。

まずもうカメラ背面のコードが太くて固めなので、

何か固定するものを買ってこないと振れちゃって真正面を向けられない。

結局テレビの上に固定するやつを買ってきたんですけど、

そんなんはじめからつけとくか、せめてケーブルは着脱式にして欲しかった…。

すげースマートじゃないよこれ。どうしちゃったのソニー。

そしてMove本体は、あの光る球体がなんか…やっぱり……うーん。

結局あの光を検知してるって事なんでしょうけど、

もうちょっとやり方なかったもんか…。

つか光る球体はもう目をつぶるにしても、あの押しにくいボタンは本当になんなの。

右手で持って親指の位置(Wiiで言うAボタン)にくる、

一番メインのボタンがやや引っ込んでて、言い得ぬ押しづらさがある。

他のボタンもちっさくてツブツブしてて押しづらい。

ソニーにしてはずいぶんとセンスが無くて、なんか悲しいです…。

つか結局アラが見えると、

すべて後追いで出してんのかなって思えちゃうじゃないですか。

Moveってまず先にカメラが出たじゃない。

んで、Wii売れてるからWiiみたいなのを出さなきゃつって、

しょうがなくカメラで使えるなんかそういうのを取ってつけたように出した…みたいな。

もちろん推測ですよ。だけど、

そういう邪推を買う側にさせちゃうハードだと思うんですよ…。

ソニーはこれまで、…良い言い方をすると、

他のゲーム機の斬新な機能をよりよいカタチで取り入れてきたと思うんです。

だけどこのMoveはさ、同じく完全に後追い商品なのになんかハンパにダサくて、

お前パクるんならもう少しちゃんとやれよって言いたくなってしまう…。

うーん。考えれば考えるほど、本当にソニーらしくない製品だと思います。

でこれが、ゲームにも影響してきます。


同梱のビートスケッチ(お絵かきソフト)を起動したんですが、

超めんどくさくてロードも細かく入って強制されるチュートリアルに嫌気がさしまして

Moveどうこう以前の問題でした。自分の顔にドロボウヒゲを描いて終了。

はっきり言います。アートアライブ以下。

どうせなら「びっくりマウス」みたいにしてくれればいいのに。

うるまでるびさんを見習えよ…。

ということでそれは早々に終わらせて、ハウスオブザデッド(HOD)3と4を!

こっちが本命ですよ…。このために買ったんじゃよ…。

んでまあ遊んでみたんですが、

まず双方にある問題として、照準がたびたびズレる!

あの球体じゃ普通に狙えないのはもう折り込み済みで、

カーソルを使って狙う事自体は別にいいんですけども、

それにしても、向けてる先とカーソルが大幅にズレることがある!

またよくわからないのが、画面外に向けて、

また戻すとズレが戻ってたり、悪化したりするんだよね。意味わからん。

そしてもうひとつ、

Moveのトリガーボタンのストロークが深すぎる。

トリガーを戻しきらずにまたトリガーを引いても反応しないため、

発砲されないことがしばしば…。

HOD4はまだマシンガンなので、基本トリガーは引きっぱなしになるため

それほど気にならないんですが、

HOD3はショットガンなので、ホント、発射ミスが多い…。

あれ!!? 出ない!!? ジャムった!!? みたいな。

以上のことから、

そもそもMoveはガンコンとして使うのに不向き…ということがわかりました。

めちゃくちゃ残念…。

ただ。ただね。今度はソフト個別に目を向けると、

HOD4は前述のとおりマシンガンであることが幸いしてか、結構遊べます。

マウスのカーソルでなぞるような感覚っていうのかなあ。だからOK。

画質はもちろんキレイだし、結構遊びやすく出来てるのでは?と思いますね。

難点は…リロードの動作が、棒を振らなきゃいけないので面倒なのと、

マシンガンであるためなぎ倒す爽快感はあっても、

撃って敵を倒すという満足感はやっぱりちょっと薄いこと。かな。

まあでも、HOD4はPS3でしか遊べませんので、

これがちゃんと遊べるシロモノで本当によかった…。

そして問題はHOD3ですよ。これホント、利点が画質しかない…。

ちなみに前に話したHOD3のショットガンの効果音が

バンバンバンではなくバッバッバッと鳴る問題は、解決されませんでした。

なもんだから、余計にHOD3をPS3でやる理由がありません。

絶対にWii版を薦めます。

効果音からして楽しさが段違いですから、もし興味のある方は、Wii版をゼヒ。


…ということで最後に。

Moveは、ガンコンとしては正直使いにくいものですが、

PS3+Moveでなきゃ遊べないガンシューがあるのもまた事実。

不満はままありますけども、ある程度は目をつぶって付き合いたいと思います。

あと、ガンシューじゃないソフトに関してはまだビートスケッチしか遊んでませんので、

そちらの方でもしかしたら真価を発揮するのかも。しれないですね。

…まあでも、カジュアルスポーツゲームとかにリアリティを求めても、

結局手ごたえがないからなあ……。

Wiiとかのうそっこスポーツくらいがちょうどいいかもなあ。なんて。ははは。

なんにせよ、3000円で買えてよかった…。

メタルマックスのはなしのつづき

2013/01/21

メタルマックスの世界で中古車売買を目論む主人公ガリバーの、

その後の話をしたいと思います。ほぼプレイ日記。


えーと、ビッグキャノンなるボスを倒したガリバーは現在、

金持ちの息子でメカニックのロビン、

勝ち気とかそういうレベルではすまされない

ソルジャーのジェーン(2人の名前は自動で決まるby大破さん)とともに、

荒れ果てた大地を戦車に乗って、旅しています。

道をふさいでいる地蔵を押すという極度にシュールなイベントがあって、

実は何かあるんじゃないかとやたら地蔵を調べたり(あれは結局何もないのか??)、

レーザーミミズとかいう確実に戦車に風穴を開けていくやっかいな敵を

風穴を開けられた後にマシンガンで掃討したり、

地面に埋まってる戦車を掘り起こしたり、巨大なマンモスを殺したり、

ワルゲリョとかいういかにも悪そうなボスを殺したりして、ソルという街に到達。

そこの下水にいるなんかでかいのを倒したら戦車をあげるとか言う人がいたので

ああそうですかとスッと下水に入っていったら、

まったく太刀打ちできないレベルのザコが普通に出てきて

5歩くらいしか侵入してないのに即脱出。

これは装備が悪い!と、

レベルのせいにしない相変わらずのRPGオンチっぷりを発揮して、

逆に新たな装備を求めて、バンバン先に進めてみる事にしました。

んで今ですね、えー、ワタクシ、路頭に迷っております…。

どうしよう。


でもこの状態、おもしろい。

普通…特にこの頃のRPGって、

街→ダンジョン→街→ダンジョンていうセオリーがあるじゃないですか。

けどこのゲームの自由度は度を越えてて、FALLOUTに近い感覚。

つかもうこの写真を見ていただければその自由度がうかがえると思うんですけど、



明らかに街2つ、すっとばしてんですよね…。

普通のRPGでそういうことはありえないと思うんですけど、

ファミコンの頃にそれができちゃうRPGを出したっていうのが、すごいですね。


でその、下水をチラ見して死にかけた…後。

バンバン進め!ってんで、酒場での情報を基にうろうろしてたら…

そのワルゲリョを操ってた男に会って。

そこで衝撃的なイベントが発生。

こりゃ絶対ボス戦だということで、バーチャルコンソール上でセーブかけて、

そいつと戦ったらまーなんだろ、かすり傷一つ与えられない。

てことは…、

そう、装備が悪い!

ここから泥沼ですよ。

興奮したボスとイベントの被害者を置き去りにして北上したら、

サンタポコという街を発見。

街の人が北に砂漠があってどうたらこうたらとか言うので、

東の川沿いから北上してみると…今度は謎の建物に遭遇。

中に入ったらゴミ処理場?かなんかで、

スターウォーズに出てくるC3POみたいなのに人間ごとスクラップにされました。

なので今度はダイレクトに、敵からは基本的に逃げながら砂漠を北上。

名もなき街にたどり着き、そこで明らかに強そうな人間用の武器と防具を発見!

全員分は買えないけど(逃げまくってたから)、

買えるだけ買っていったんサンタポコに戻り!

ふと「行きたいから」という理由で北西に行ったら

巨大な戦車が出てきまして、…まったく歯が立たず、すんなりとスクラップに。 

…そりゃそうだよ、今入手したのは人間用の装備で、

よくよく考えたらオレ、マンモス倒した頃から戦車いじってねーもん!

このゲームのアイデンティティを崩壊させる気かオレは…。

大体序盤に手に入れた救急車、砲身をつける穴も開けてないよ…。

これじゃホントに、ただの救急車だよ…。

んで…これは仕方が無い、さすがにレベルをあげようと思い、

西に向かってうろうろしてたら経験値の高いアリが出始めて、

そのアリを追いかけるように南下していたら…カナベルという街を発見。

2つ飛ばした街のうちの1つだ…。順番的にソルの次だったみたいだけど…。

ということで、今、大体そんなところです。


結局2つ飛ばした街のうち、もうひとつは見つかっておりません。

きっとバグです。(←人聞きの悪い事を言うなよ。)

ゴミ処理場のC3POは元気に動いてるし、

砂漠にいる巨大戦車はやりようがないし、

今いるカナベルという街の近くの工場に戦車があるという話もあるし、

下水は解決してないし、下水に何がいるのかも知らないし、

ワルゲリョの黒幕は今頃イベントの被害者を踏んづけて笑ってるだろうし、

戦車のパーツがひとつ数万円するのに今2千円くらいしかないし、

最終的な目標がまだ見えてないし、

…はっきり言って、ひどいありさま(笑)!

まあでも、それもガリバーの生き様ですので。

この不器用なカンジで、あっちこっち放浪しつつ、

自由度の高さの裏返しをじっくり味わいながら進めていきたいと思います。

がんばりまーす。

直接(と言いながら目潰し)!

2013/01/23

WiiUのニンテンドーダイレクト見ましたけど、

やっぱり持ってないハードだからか、関心が薄いっすね(笑)。

MOTHER2が配信になるみたいですけど、3DSでやりたい…なあ。

ほら、こういうのって金額じゃないし…。

期間限定で30円はいいことなんですけど、まあ…みたいな。

何より、なんかバーチャルコンソールを出し惜しみしてるように見えて、

あんましいい印象を受けませんでした。

スマブラXで体験できたあのMOTHER2から

どんだけ経ってると思うのよ。なあ。

大体Wiiでだいぶ出揃ってるのに少しずつ出す意味がわからん。

…あとあのー、前も書きましたけど、

バーチャルコンソールで配信されるタイトルの限界って

もう見えちゃってるじゃないですか。

たとえばそうなあ、ライブアライブとか絶望的じゃん。

スクエニのタイトルですらそうなんだから、

今誰が権利持ってるのかもわからない忍者COPサイゾウとか、絶対無理。

だけど…そういうのを呼び戻すような、タイトルの驚きがもっと欲しいです。

WiiUタイトルの方は…そうなあ、順当に面白そうなのは置いといて、

気になるのは毛糸のヨッシーですかねー。

がんばれゴエモンのエビスさんが作るので、きっと面白いのだと思う。

つって毛糸のカービィ未経験ですけど…。

あんまりヨッシーストーリーをお手本にして欲しくないなあと思います。

ヨッシーアイランドの方向性でゼヒに…。

それと風のタクトのリメイクは、何は無くとも買ってしまうんだと思います。

…つーことで、今回はなんかさみしい気がしたダイレクトでした。

WiiUソフトの話とすれば、ピクミンだのマリオだのゼルダだのあって

いい内容だったとは思うんですけど、

最初のバーチャルコンソールの話で思いっきり水を差されたようなカンジ。でしたね…。

今度は3DS関係でときめく話があるといいなあ。

とりにく

2013/01/24

今日の話の前に。2つ告知です。

ヘタリア同人誌「へたなまんが」の最新作「すごくへたなまんが3」

無事発刊のはこびとなりました。ネタがワタシで絵はヨメさんです。

ニコニコ静画にサンプルをあげてありますので、よろしければどうぞ。

また、頒布は今週の日曜日、1月27日の擬人化王国6にて

「オ17a・ジャイアントバックドロップ(ヨメさんのヘタリアサークル)」で行います。

過去の1と2もあります!

3冊でゆうに150本以上の4コマがお楽しみいただけますので、

お時間ある方はぜひお越し下さい。



こんなポスターと、うちのヨメさんが待ってます。

あと…クインデキムのその後の話をしておきたいんですが、

実はイエローサブマリンさまにおろした分がほぼすべて売れてしまいました。

おお…神よ!

であのー、クインデキム評議会(というジャケットを今着たオレ)の判断により、

再販をする事に。なりました。

詳細は追って書きたいと思いますが、2月中旬にはまたイエローサブマリンさんにて?

お求めいただけることになりそうっていうか、

クインデキムこんな事になるとは思ってなかったよ。

すげー。今後もがんばらないとなあ。

とにもかくにも、詳細は後日。


さて。

最近また撮りためた映画を消化しようとしてまして、

とりあえずヒッチコック監督の「鳥」を観ました。

名前は有名だけど観た事無かったもんで…。

理由なく鳥が襲撃してくるという映画で、

主人公たちが家でくつろいでいるところに暖炉から100羽くらいのスズメが

弾幕シューティングのようにウワーッと出てきてパニックになり、

そこで主人公の男が「目を突かれるな!」って叫んだのが

あまりにも面白くて爆笑してしまいましたが、

観てるうちだんだん「鳥こええ…」と思うようになってきました。

古い映画ということもあり、いかにもスタジオ撮りだとバレちゃってるのはいいにしても

まるでコントのお約束のようなシーンが普通にあったり、

逆に「これは絶対死亡フラグだろ」っていうヤツがなんでもなかったりして

やや困惑したりもしましたが、面白かったです。

であのー、全部観て思ったんですけど、

これなんとなくゾンビ(ドーンオブザデッド)に似てる。

鳥が大量発生して襲撃してくる理由は一切語られないのね。

ゾンビもそうなんですよ。なぜゾンビが出たのかは語られなくて、

そういう恐怖状態に陥った時に人はどういう行動に出るかっていうのを

主眼に描かれている。っていうあたりが。

あと根本的に事件が解決しないのもそう。

「鳥」も「えええええこれで終わり!!!?」っていう終わり方なのね。

それといらん事するやつが痛い目にあうのなんかもそうだね。

結構似てる部分があると思いますわー。人間はおそろしい…的な。

たぶんそういうのって普遍的な面白さがあるんだろうね。

…それにしても、映画の中ではその名の通り本当に大量の鳥が出てくるんですが、

あれは今時のVFXよりはるかにすごいと思いましたね…。

びっしり鳥がいるんですよ。びっしり。

ジャングルジムのすべての辺に鳥がいたりするんですよ。マジですごい。

たぶん年代を考えると鳥のロボットではないと思う

(というか作りものっぽいところはすげえ作りもの感ハンパない)んですが、

その物量によるインパクトは、どこか鬼気迫るものを感じました。

ヒッチコック、おそるべし。

…そんな我が家の今日の夕飯は鳥団子鍋でした。やべ超うまい。

ステキ村日記19

2013/01/27



ステキ村のウェルカムボードができました。不吉!

ということで、少し写真がたまってきたのでステキ村の近況を。



PS3を買いました。



つぶきちが仲間を売り飛ばそうとしていました。



えっ、その服スペア持ってんの?



お前が折ったんだろ絶対。



何考えてるのか知りませんが自殺はやめてください。

…今日も、ステキ村はどことなくアナーキーです。

そうそう、最近クマのレイチェルという

またアメリカのスラム出身みたいなヤツが出てきました。



こんなヤツ。

ただレイチェルは見た目的に下っ端っぽいため、

レイチェル
「ねえー、本当に村を抜け出すの?やっぱりまずいよ…」

ハンナ
「ハッ!アンタ、怖いのかい? アタイは先に行くよ」

レイチェル
「ちょ、ちょっとまってよハンナ~…」

みたいなやりとりが勝手に脳内に浮かんでまして、

80年代アメリカ青春ドラマみたいなカンジでナイスです。

これでウチの村もまた10人。

ペーターが引越しすると言ってきたらたぶん止めないと思いますが(笑)、

他はキャラが立ってきたので、しばらく維持したいと思います。

ちなみに今は村南部にある顔出し看板をどうするかで脳内議論中。

それと平行してフランカの家の周りを整備中。

これらが終われば夢番地を公開…かな。

でもまだ先になりそうです。ちまちま進めよっと…。


うちのヨメさんのイベント参加が無事終わりまして、

再販分はすべて出てしまうなど、おかげさまで盛況だったようです。

お越し下さったみなさま、ありがとうございました!

ドクタークラッシュの計画的策略

2013/01/28



ロゴとか即興で作ってみましたが、そんなに使わないと思います。

どうぶつの森の合間に3DSバーチャルコンソールで

メタルマックスを遊んでおりますが、

あのー、ゴミ廃棄場にいる「ダストフランケン」なる

ほっそいロボにまったく勝てません。

ヤツは1ターンに2回行動できるんですが、

会うと、最初のターンでまず3人中2人くらい毒を吸わされます。

これで寿命が決定します。

そして次のターンで、2発くらい銃弾をくらって、1人亡くなります。

そうするとあとはもう、毒で死ぬか、まごまごして死ぬかしかなく、

要するに会う=死ぬという方程式しか今のところ解がありません。

でね。

メタルマックス博士である大破さんからひとつヒントをもらいまして。

ていうかあの人に、今の状態が普通なのかどうか確認するために電話したんです。

このインターネット社会に。攻略を聞くために電話。

やってることは小学生ですよ…。小学生でもそんな内容はメールだよ今時…。

しかも大破さん今カゼひいて調子悪いのに、そんな事より攻略法っていう。

であのー、ひとつ有益な情報をもらいまして。

「えんまくはなび」なるアイテムが売っていて、

それを使うと攻撃がほとんど回避できるようになるんだそうな。

えー!

他のアイテムは一通り試したけど、それ試してない…!

DDパイナップル(手榴弾)とか買い込んでたよ…!

でもこれはいい事を聞いた!と、さっそく買って、再度バトル。

…そしたらさー。

陰謀ですよ。

大破さんの陰謀。策略。

とんだ策士ですよ。

一緒にブッシュマスターやクインデキムを作った仲間だと思ったら、

まさかこんな罠をしかけているとは。

…バトル開始後、すぐに使ったんですよ。

そしたら!

あれ、自分に使うアイテムなのね…。

相手に投げるアイテムじゃ、ないんだね…。

目くらましじゃ、ないんだ…。

そっ…か……。

1個しか…、持ってきてないや……。

今、異様に弾を避ける仲間が1人誕生。

しかもそれを使ったのがメカニックという、いわゆる虚弱体質の頭脳担当だったので、

あのー、弾は確かに避けるんですけど、

そいつの持ってるレーザーガンが…そうですね、威力的には懐中電灯くらい。

虫が寄ってくるくらいの威力しかなくて。

気がついたら火力担当だった他の2人の死体が転がってて。

残ったメカニックがいくら弾を避けても、懐中電灯では逆転できる可能性、ゼロ。

まったく…。まったくダメでした…。

つかそういう重要な部分を教えない大破さんが悪いと思いませんか!?

絶対そうですよ。そういう思い込みが思わぬヒューマンエラーを生むんですよ。

もう断固抗議いたします。

あと変な時間に電話かけてすいませんでした…。

観てる側が沈黙

2013/01/29

昨日、「羊たちの沈黙」を観ました。

名前は知らなくても顔に蛾が止まってるジャケットは見たことある人多いと思う。

名作サイコホラーですが、どうにも怖そうで観た事無くてなあ…。

けどあのー、最近じわじわとホラー耐性が上がってきてまして、

特に公開当時かなり表現で騒がれた「SAW」を観たおかげで、

サイコスリラーはもうほとんどいけんじゃねーか?

つーことで、意を決して。

…ちなみにどうしてもパニックホラーは受け付けません。

一度パニックホラーの代名詞ともいうべき

「13日の金曜日」を観ようとも思ったんですが、いまひとつ食指が動かなくて…。

特に後期のSAWを観て思ったんですけど、

自分にとって、ただ人が死ぬというのはまったく面白くないんですよね…。

いかに映像としての恐怖を感じさせるかより、

なぜ、そうやって死んだのか、その過程に知的な何かがないと…みたいな?

まあごたくを並べてますが要するに怖がりという事です(笑)。

でね。

人を食べるレクター博士っていうのが出て来るってのは知ってたんですけど、

まさか冒頭から捕まっているとは。

てっきりレクター博士を捕まえる話だと思ってたけど、全然違うのね…。

話としては、今現在起きている異常な連続殺人事件があり、

優秀な精神科医であった牢の中のレクター博士に

その犯人が誰なのかというのを聞き出す…というのが大枠の内容。

これがねー…。本当に観てよかった。

まず主人公の新米FBI捜査官クラリスをジョディ・フォスターが演じてるんですけど、

この映画が怖いのはあの人のせい。

それくらいすごい演技をしてて、観る人の心臓をキリキリキリキリさせる。

なんかねー、共感出来ちゃうんだよね。

新米で経験も少ないけど気丈にやってきて、大変なんだろうなーみたいな部分が、

観てるうちシンクロしてきちゃうんだよ。特にラストの戦闘シーン。あれはいかん。

「不安」っていう感情を見事に演じてるんだよなあ…。すんごい。

そして、アンソニー・ホプキンスが演じる、共感できない怖さのあるレクター博士。

あれなんなんだろ、全部見透かしてる感のある演技。

世の中にいろんな博士がいますけど、一番頭よさそうです(笑)。

IPS細胞とかとっくに知ってるし、みたいな。それはちょっと違うか…。

とにかくそいつがさ、すごすぎて。

冒頭でレクター博士がクラリスに協力するきっかけとなる

ちょっとした出来事が起こるんですけど、

それを起こした、レクター博士の隣に収監されている男がね、自殺しちゃうんですよ。

その原因は、レクター博士に言葉でなじられて発狂したから…。

…言葉で人を殺すって、すごすぎるよね……。

それくらい頭のキレるレクター博士と、クラリスとのやりとり。

ものっすごい面白いです。

…これ以上は書けないので、結末はゼヒ観ていただきたいんですが、

考えオチみたいなふわっとした終わり方じゃなく、結構スッキリします。

あとあのー、ちゃんとエンターテイメントしてるんですよね。

すごくうまいなあと思うのは、

レクター博士に敵対するヤツは、こっちも見ててイラッとする非礼なヤツなので、

レクター博士は異常な殺人鬼であるはずなのに、

なんかちょっとレクター博士がんばれ?みたいな、謎の感覚に陥ってしまう。

ああいうのもエンターテイメント性を高めてるひとつの要素なんだと思います。

こりゃ…本当に傑作だというほかないです。

血と裸は余裕で出るけど、

グロさはあんま無い(そもそも人肉を食べる直接的なシーンが無い)ので、

もしよかったら観てみてくださいまし。

はあ…。「セブン」に匹敵する面白さだったわ…。


明日は定期的に訪れる泊り込みの仕事です。

空いた時間は3DSかタブレットで遊んでいることでしょう…。

ああそうそう、やるかやらないかはまあ置いといて、



とりあえず確保。Amazonで不安になるほど安かったので。

ところで、なんで3作目はこんなシールベタベタ貼ってあんの…。

里見の謎じゃないんだから…。

メタルマックスを終えて(答え合わせ)

2013/01/31

今日の日記はすこぶる長いです。


3DSバーチャルコンソールの「メタルマックス」、クリアしました…。

ラスボスに最初挑んだ時はボッコボコにされたんですが、いろいろ準備してリベンジ…。

前にダストフランケンというボスと戦うときに教えてもらった、

攻撃があたりにくくなるアイテム「えんまくはなび」は封印することにしまして、

それは使わずに…ということで準備し、

結果的にそれは使わないけどかなり近いようなやり方でクリアしました。

んで倒した後、ですよ。

中盤くらいで張られてた伏線に、思いっきりしてやられて絶句。

ボス倒した後ワープするんですが、ワープした先が、

ゲーム中ずーっと疑問に思ってて…少し進めて思い出しては

「なんかあるのかな?」と覗きに行ってたところだったんですよ。もーびっくり。

ただそこでまた悩んでしまって。

ワープした後、エンディングとスタッフロールが流れない…。

なにこれ?RPGなのに周回システム?

…でもここでひらめきました。

ここに出たという事は…この近くにある、

封鎖されていた小屋が開いてるのかもしれない!

そこにエンディングのひみつが、きっとあるのだ!

ということで、ゲーム中これまたふしぎに思っていた場所に直行!

でも開いてない…開いてないのかよ!!! じゃいつ開くんだよ!!!

そんでもうあと行くところないから、実家に帰ってきて。

とりあえずお姉さんに話しかけて、寝たんですよ。

そしたら「わたしのかわいいガリバーや おきなさい」とかいって

新たな冒険がはじまる…的な。

けどそれでも何もなかったから、あ、賞金首として何かあるかな?つって、

ハンターオフィスの人に話しかけたら

バッドバルデス(ストーリー上絡んでくるけどラスボスとは無関係のキャラ)の賞金を

今さらもらったりして。

知らなかったよ賞金もらえるってこと…。

もうラスボス倒したからお金はいらないっす…。

じゃああとなんだろうと考え、父親に話しかけたら「おこづかい」の文字が。

あーなるほど、父親に一定量お金をあげたら、家計が良くなってハッピーエンドか!

つってバッドバルデスの賞金をそのままあげたら

「そんな大金もらえない」とか言うんですよそいつ。

なんなのその親孝行すら拒絶する対応は…。ふざけんなよ…。

でまあ結局、なんだかんだで家族に理解され、

ちゃんとエンディングを迎えることが出来ました。よかったよかった。


ただエンディング見てまたビックリですよ。

エンディングでは倒した賞金首や立ち寄った場所などが映されていくんですが、

…結局、街をひとつ見つけられなかったのはいいんですけど、

「ムカデロン」ていうボスなんて、存在すら知らなかった…。

その街にいるんでしょうか…。

あとスタッフもビックリ。

MOTHER3で曲提供してる酒井省吾さん、

天外2、リンダキューブ、俺屍などでおなじみの桝田省治さんが

開発に携わっているんですね。

何より桝田さんの名前を見て、もんんんのすごい納得した。

この方が絡んでるRPGって、片手間ではできなくて、

なんかはまり込ませる要素があるんですよ。

それはシステムもそうですけど、ちょっと他の人には作れないキャラなんかもそう。

そしてはまり込ませる分、

ある程度ちゃんと向き合わないと攻略できない難しさがあって、

なんかねー、ちょっとそういうのを感じましたねー…。


…ということでまとめ。

何も知らず、何も調べずに自由なRPGを自由に遊ばせてもらいました。

収集できてない要素は多々ありましたが、それこそがこのゲームの面白いところであり、

そしてそれはガリバーという1人のハンターの生き様ですので。

良かったんじゃないかなと思います。

そして改めて思うに、ファミコン時代にこんなゲームが存在するってのは

やっぱり奇跡だなと。感じましたね。

当然王道のドラクエがあってこそ成り立つってのもあるけど、

逆にそこから離れにくい中で、ここまで独創的な作品を出すっていうのは…、

いろいろ恵まれたゲームだなあと。しみじみ思いましたよ。

あとはもうネタバレ解禁で、開かない小屋、知らない街、

そして知ってはいるけど会ったこと無いミスターカミカゼ、

その存在すら知らなかったムカデロンの2体のボスに、会いにいきたいと思います。

ガリバーの旅は、これにてひとまず終了。

最終レベルは28、3DS「思い出記録帳」によれば、33時間58分の旅でした。

お疲れ、ガリバー。


以下は自分の旅の答えあわせ。雑多かつ箇条書きで。

多分にネタバレを含みますので、電子あぶりだし状態にしてあります。

読みたい方は反転で。

また、METALMANIAXさまの攻略を参考にしています。


・酒って飲んでも意味ないの(笑)?でもあれ飲むの結構楽しみだった…。
・学校にはあんま寄付してなかったなあ…。
・地蔵はやっぱり意味ないのね!地蔵押して神社完成ってのは面白かった。
・バギーはまったくつまづくことなく取得できた。
・マッドマッスルも弱かった。
・レーザーミミズはやっぱり鬼門なのね…。
・サルモネラほんぽはエンカウント率低いらしいけどスッと出てきた。
・「じらいたんちき」と「きんぞくたんちき」は用途が別だと思ってた。
 最後まで両方持たせてた…。
・「みみせん」なんて売ってたっけ…?
・「たいようのレンズ」を取ったとき、勘違いでレンズを博士に持っていかなかった。
 「メガネのレンズ」と「カメラのレンズ」をすでに持っていたんだけど、
 両方ともメガネのレンズだと思いこんでいて、
 たいようのレンズを取ったときに「あ、違う種類じゃダメだ」と受け止めて
 さっさとトランクルームにあずけてしまった…。
・「ルビーのレンズ」なんて、存在そのものを知らなかった。
・ラスボスで困り果てて使ったのは「えんまくだん」。
 めっちゃ強い…というか強すぎて、ただの煙がそこまで!!?と思った。
 普通に攻撃をよけれるようになるかな、くらいにしか思ってなかったので…。
 つかあれの存在を最後まで知らなくてよかった。
 知ってたらつまらない旅になってたと思う。
・行かなかった街はイーデン。でも地図見て納得した。
 ゴメスのアジトは滝の近く…というのを聞いてたので、
 ずっと水辺を歩いてたんですよ。
 船で次の大陸に渡った後は、川沿いに東に進んでソルに到着、
 出たらまた川沿いを戻ってそのまま南下、アジトにたどり着き、
 ゴメスに勝てないと悟った後、そのまま突っ切ってサンタ・ポコに到着、
 そしてサンタ・ポコを拠点としてあちこち冒険…という流れだったので、
 山沿いは全然歩いてもいなかった…。当然「BSコントローラ」とかも未取得。
・開かない小屋にはレアアイテムがあるだけ?まあ別にいかなくてもいいか…。
・最後のダンジョンの名前は「地球救済センター」て言うんですね。すばらしい名前。
・twitterに書きましたが、改造はエンジンのみやりました。
 改造屋のキャラクターがイヤで…。
 こいつに車を触らせたくない!と本気で思ったので、
 意地でも改造しませんでした(笑)。おかげでS-E装備は全然重要視せず。
・最後はナンバー1、ナンバー6、ナンバー7の戦車でクリア。
 ナンバー8が最強じゃないって気がついたのはよかった。


…そんなところでしょうか。他にもたくさんありますけど、大きなところはこれくらい?

面白いRPGでしたわー。次は2Rを飛ばして3をやる予定。

同じようにノーヒント、でもゆっくり目で。


必殺拍手返し→

●バナーを除くスベテのコンテンツにおいて無断転載・コピー禁止●
何かあればWEB拍手、もしくはまでご連絡ください。
[The Yellow Place]
since 19990824

-Let's play video games! To die exhausted!-