2014年04月の記事は以下のとおりです。

MENU



キーワード検索



Feed



Created by freo.

ありがとうございました

2014/04/01

エイプリルフールことただ単にまとまったネタの公開にお付き合い下さった皆様、

ありがとうございました!

とりあえずなんでキョンシーズ2なんだよ、ということなんですが、

よく一緒にアキバに行く会社の同僚のね、スキなゲームが偏ってるんですよ。

もう最近のゲームは遊んでなくて、レトロゲームにどっぷり。

そんで…昔からスキだったというキョンシーズ2の攻略マップを自作してましてね。

しかもそいつ、そのマップを維持したいがために、

パソコン買うときはofficeつきを選ぶっていうんですよ。そのためだけに、ですよ!

それ聞いて愕然として…。

じゃまあ、せっかくなのでその資産生かそうよ…ということで、

ネタをもらって、何倍にも増幅して、作ってみたわけです。

あと動機はそれだけじゃなくて、

他に攻略サイトはあるにはあるんですけど、いまいちネタが出揃ってないカンジで。

また、単純に攻略してエンディング載せてる方とかもいらっしゃるんですけど、

ちょっとそれって…なあ。

その行為になんの意味があるのかさっぱりわからなくて。

それ、レトロゲーム好きなの?ホントに?自己満足じゃなくて?みたいな。

あとあのー、攻略本って、コラムとかもあわせて読みたいじゃないですか。

読み物としての欲求ってあると思うんですよねー。

攻略だけで言えばフローだけあれば完結しちゃうんですけど、

それ、ちょっとさびしいと思うし。

つーことで、昨今のまとめサイトへのアンチテーゼも混ぜ込みつつ(笑)、

ネタ多目で公開させていただきました。

このコンテンツは残して置きますので、よかったらどうぞ。

店リストとアイテムリストが未完成でちょっと申し訳ないのですが、

こちらは後日補完させていただきます。今のままでも攻略には支障ありませんけども…。


それにしても、大変でしたが作ってて楽しかったです。

ネット黎明期のテキストサイトのようなノリがスキなので、その頃を思い出しつつ。

個人的には、24時間だけ公開していた「キョンシーにされました」のくだりも、

粗くてくだらないサイトの再現っぽくて、ちょっと良かったなーとか。

ああいうサイト、もうほぼ絶滅しちゃいましたもんね…。

単色背景で、画像一発で笑わせるようなサイトとか。

今時は必ず何かしら体裁が整ってますから…。ブログとか…。

粗いネタは粗い場所でやるのが絶対いいと思うので、

個人的にはああいうメモ帳やFrontpageExpressで作ったようなサイトが

まだまだ生き残ってて欲しいな、と思います。勝手な事書いてますねホント(笑)。

さー、また新たなネタに向かってがんばろう。がんばります!


必殺拍手返し→

エイプリルフールにサークル参加

2014/04/03

毎年エイプリルフールはちゃんと自分で大きなネタを起こせるねーという

自分のバカスキルの確認になってたりするのですが、

一方で他のサイトで起きているエイプリルフールはなかなか閲覧できずにおります。

まるで、エイプリルフールという同人イベントにサークル参加しているようです。

つかマジでそのまんまですね。

ウチは企業でも何でもない小さなサークルですので、

イベント当日は自分のブースでにこにこしつつ、

閲覧してくださってる方に心の中でありがとうと。それだけ。

まるで本を受け渡しするかのごとく。

んで、もう終わりがけの頃に、ちょっと自分のサークルを離れて

毎年大手サークルをまとめているgigazineの記事を

カタログよろしくさらさらーっと読み、

コミケのカタログと同じようにここはセンスあるなーとか

いろいろさらうわけです。毎年そんなカンジ。

…で。

まずは最大手のgoogleに行って。ひとしきり楽しんで。

そっからつらつらと見たんですけど、

今年自分の中でものすごいヒットだったのが、サウンドホライズン…。

ゴーストライター騒動のあの人に似てるってウワサのrevoさんの公式サイトで、

ゴーストライターを請け負いますっていうネタをやられてて。

いいよね!すごいセンスある。飛び道具一発で仕留めた!みたいな。

そういうの見ると応援したくなりますよね。

あとは、毎年必ず見てるのがハチビッツファナティクス。

管理人さんはxboxインディーズゲームにもソフトを提供されている方なんですけども、

毎年フリーゲームを1本公開してて、すごい精力的に活動されてて。毎年面白い。

そこのフリーゲームを遊ぶと、ああエイプリルフールだなと実感したりします(笑)。

でもエイプリルフール全体として、スマッシュヒットはそれくらいかなあ。

あれ、ホントにサークル参加してる時と同じような行動パターンだな、オレ…。

来年も、またサークル参加したいと思います。時間が許されるのであれば。

がんばりまーす。


前回の日記でも書きましたが、攻略コンテンツっていいですね(笑)。

メンテナンスがあまりいらないし、読み物として完結してるし。

あと、意外とそのサイトのカラーが反映されてる攻略サイトってないんですよね。

結構淡々とデータが載せてあったりとか。淡々とフローだけあるとか。

でもそれだとちょっとなあ…。

昔の攻略本のようなおもしろファクターがあってもいいと思うんですけども。

まあその分相当熱量は必要だし、今回のように掘り下げると面白いゲームって

なかなか見つけようにも見つけられませんが…。

ちょっと拍手でも書きましたが、クーロンズゲートは結構やりたいです。

あれは稀に見る、攻略を見ながらテンポ良く解き進めることで

はじめて本来の価値を持つソフトなので(笑)。

…それと拍手で頂いたドラッケンですね。

あーでも、ドラッケンは友人にもファン?がいるのでいいかなーと思ったんですが、

やってる人がいすぎて今さらウチでやる必要も無い気がしなくもないっす(笑)。

ガカーン モニュロモニュルモニョロミョニュロ(老人が出てくる時の音)…

まあ、それはおいおい。

まずはキョンシーズ2の店データとアイテムデータを完成させなければ!


必殺拍手返し→

端数

2014/04/05

なんつーか、増税はいいんですけど、

ニンテンドーマーケットの値段の気持ち悪さ、あれなんとかなりませんか。

514円、702円、823円…。

いやもう、あんな気持ち悪いなら50円くらい値上げしてくれてもいいんですけども。

そんで10%の時はそのまま飲み込んでもらう、みたいな。

それか、例えば486円のコンテンツを用意するとか(笑)。

514円のコンテンツが欲しければ、

1000円カードであわせて買うとちょうどいい、みたいな。

…このマーケットに限らずeショップはそういうのが困りますよねー。

でまた、クレジットカードにすりゃいいってもんでもないじゃん。

特に任天堂は、カード自体に価値があったりするから…。

ARカードとして遊べますからね。あのカードがすでに欲しいもんね。

うーん、なんにせよもう少しスパッといって欲しいもんです。

それにしても3Dファンタジーゾーン、めちゃくちゃ面白いなあ…。


マザマザをゆっくりに読ませた動画(ニコニコ)ですって。よかったらどうぞ。


1件、拍手でレス漏れがありましたので、今日のでお返事させていただきます。

いつも見ていただいてるのにホントすいません…。


必殺拍手返し→

プラネットライカをクリアしました

2014/04/06

ちょっとだるくてですね、今日は死神飯店のネタだしをした後は

ぐったりしておりました。

ただあの、ぐったりした理由がもうひとつありまして。

PS「プラネットライカ」をクリアしました…。

クーロンズゲートのスタッフが出した、やはり奇妙極まりないアドベンチャー。

…とにかくすべてが説明しにくいのですが、

非常に端的に言うならば、人は誰でも心の中に悪を持っていて、

この世界ではその悪が人格をもってあらわれる、というカンジ。

中でも主人公はたっぷりといろんな性格を持ってしまっています。

であのー、その性格を切り替えながら物語は進んでいくのですが、

うーん…設定はめちゃくちゃ練りこまれてるんだけど

いかんせん尺が足りてなくて、船長は…とか黒のあいつは…とか

もんのっすげえ説明不足で、雰囲気いいだけにちょっと惜しい!って思いました。

特に気になるのが、キャラの名前。

あらゆるキャラクターに別性格があり、その別性格が出てくると

同じキャラでもまったく名前が変わってしまうので、

あれ?こいつ誰だっけ?誰を差してるんだ?っていうこともあったりして。

…とにかくストーリーが難解で複雑というのもあいまって、

なんだろう、高尚な謎解きというよりかは、

ただ揺さぶられてるだけっていう気になってしまって…。ホント惜しい。

いや、それでもスキですけどね。善とは何か、悪とは何か、みたいな話で。

まあそもそも、CD-ROM1枚で出そうっていうのが無理あるんだよ。きっと。

クーロンズゲートなんて3枚組だもの…

って思ってたら、思い込みで4枚組でしたよ!イメージ超えてた!

やっぱりそれくらいないと、表現できないんだと思うわ。

…もちろんこのソフトが世に出たこと自体、すごすぎることだけどね。

今の世の中じゃこんなソフト絶対でないな!

iOSでも出ないよ。こんな奇抜なソフトは。

話だけじゃなく、キャラも…イーストとウェストなんか特に意味不明でいいですね(笑)。

ただ回転してるだけの二人組なんですけども。ずっと回転してるの。

他にもねー、個性もさることながら独特の言い回しが多くて、とにかくアクが強い!

でもすごくいいです。やっぱPS時代のエニックスは攻めてるなーと思いますね。

…ちなみに、クリアまで8時間弱でした。

クーロンズゲートとは違い、攻略は見ずに正攻法で挑みましたが、

それほど迷うことなくきれいに話を追うことができましたね。

まあ、きれいに追えた所で理解できてないんですけども(笑)。

でもあの空気感よ!空気感!誰も作れないあの空気!

もうゲーム性とか気にせず、その空気をぜひ味わって欲しいですね。

開始数分でついていけなくてギブアップする方もいらっしゃるでしょうが、

その場合は開始数分でギブアップされちゃうような奇抜なセンスのゲームが

この頃世に出ていたという事実を噛み締めた後、煮るなり焼くなりして下さいまし。

という事で最後に…繰り返しますが、今の時代では絶対に世に出ないゲームですので、

そういうのが気になる方はゼヒ。みんなで火星に移住しましょう。

ごぶさたしてます

2014/04/11

すみません、連日仕事が終電までかかり、さらに泊まりの仕事が入ったり、

結局STAP細胞ってなんなんだろう…「メトロイドフュージョン」のあれみたく

ふわふわ浮いて体に吸着したら超怖い…とか考えてたりして

少しお休みしていました。

今日もちょっと、時間が…。

あんまりオモテには出さないようにしてますが

ちょっと追い込まれすぎなので…からだを壊さないようにがんばりたいと思います。


そんな中、死神飯店はコンスタントに作品を出し続けております。

ぜひそちらをお楽しみください。今は週に2回(!)更新しています。

どんなに忙しくとも、ネタはきっちり練ったもので出してるつもりですので…。

応援よろしくです。


すいません、拍手レスは次回に…。

これ書いてるの5時前とかで、変な事書きそうなので…。

ムムムーンサササイとか。

3DS「エクスケーブ」レビュー

2014/04/12

なんか12時間くらい寝て寝て眠り果てました。

おかげでむしろ眠いです。

なんかいろいろあったはずなんだけど思い出せない…。

ああそうだ、人知れずずーっとちまちま遊んでいた、

3DSのダウンロードゲーム「エクスケーブ」をクリア?しました。

これ、買ったこと自体書いてないと思うんですけども…。

一時、遊ぶソフトがない時期があって、思い付きで買ってみたんですよ。

そしたらこれがねー、すごい普通で(笑)。

買った理由はすごく単純で、イラストがかわいかったのと、

ちょっとローグっぽいニオイを感じたから。

で、フタをあけてみたら実はローグ要素なんてまったくなくて、

普通の見下ろし方のアクションゲームでした。ダンジョンも固定。

主人公は男と女を選べるんだけど、パラメータ的な特徴はほぼなく、

女の子は遠隔武器が持てるというくらい。

ていうか男の子を選ぶ理由はほぼ無い。微妙にかわいくないし(笑)。

そんでストーリーは特筆する事がないほど普通で、

ウィザードリィのように道具屋でアイテム買って準備したら

あとはダンジョンに潜るだけ。

音楽はPCエンジンCDROM2の頃のようにシンセチックで、ちょっとスキ。

ダンジョンはXボタンを3秒押し続けるといつでも脱出できるので、

またアイテムを揃えて深部へ向かう。基本はこれの繰り返し。

でねー、敵が不安になるほどバリエーション少なくて(笑)。特に序盤。

つぶグミみたいなのがわらわらと襲ってくるんですけど、

ずーっとつぶグミしか出てこないんですよ。たまにハチが出てくるけど。

とにかくつぶグミを剣、槍、斧、杖、弓矢で殺しまくるゲーム。

そんでボスらしきところにたどり着いたら、

巨大なつぶグミが襲ってきて…!さらに毒つぶグミまで現れてきて。

すごかったなあ…。

ボスを倒せば別のエリアに行けるので…まあつぶグミはいなくなるんですが、

今度は石ばっかり出てきたり、ヘビとミイラばっかり出てきてうんざり…というように

エリアごとでのバリエーションが少ないので、

とにかく、敵を倒すというよりか害虫を駆除しているような気になります。

…でね。

このゲームを面白いかも?と感じたのは弓矢を手にしてから。

ほかの武器は使い続けると地味に壊れたりするんですよ。

でもなぜか弓矢は一切壊れない。もちろん撃ち放題。

しかも、矢はすべての敵を貫通するんです。

そうなると、駆除がずいぶん効率よくなって、

敵に当たった時の「ブシュッ」ていう音がすこし気持ちよくもなってきて、

意外と遊べるように。なってきましてね…。

エリアによって難易度にムラがあったりするんですが、

結局その弓矢のおかげもあって、なんだかんだでクリアしました。

ちなみに…クリアするとさらなるダンジョンとして、

敵を倒しまくらないといけない上に飲み薬も識別されないステージが現れます。

そこまでは遊びきれてないですが、まあいずれ…かな。

…でね、ここまで遊ぶと、

本当に、ローグライクシステムを採用してないことが惜しまれます。

ダンジョン自動生成だったら絶対もっと魅力あったと思うんですよ!

ダンジョン自動生成のゲームって味気ない場合も多いけど、

このゲームは元々味気ない上にちまちま敵を倒すのがスキな人にうってつけだから、

そういう無機質なソフトに絶対マッチしたと思うんですよね!もったいない!

…ということで、

敵を殺すという行為を淡々と行う事に喜びを覚える方、

ボイフルが好きすぎてつぶグミに嫌悪感を持っている方にオススメです。

なお、育成要素は無く、武器や防具によってのみパラメータは上がりますので、

一定の成果を求める…例えばレベル上げ好きな方には、逆にオススメできません。

プチプチ潰すのが好きな人には最適かも。まあそういうゲームでした(笑)。

個人的に不満はあるもののキライではなかったので、気になる方はどうぞ。


そういや、ゲーム中に見つけた地図の破片、まったく使う事がなかったなあ…。

あれはクリア後のエクストラダンジョンで使ったりするんだろうか。

ネット上でも全然情報落ちてなくて…。まあ、まったく気になりませんけども(笑)。


必殺拍手返し→

lumia520が段々スキになってきた気がする

2014/04/13

また少し、夢の中の話。

SIMフリーのwindowsphone8、NOKIAのlumia520を手に入れて

じわじわといじっているのですが、相変わらずサクサクでいいカンジです。

まあ、この端末は3Gしか入らないため

ネットワークが絡むとかなり遅くなるのは織り込み済みなのですが、

端末単体の動作としてはすごくレスポンスいいんですよね。

…って書くとなんか万能っぽいですが、

サクサクはサクサクですけど前に書いた通りアプリが未開の地で、

なんか知らない人がしょうがねえからってんで

googlemapを勝手に移植してさらに有料で売ったりしてるような状況ですので

結局のところ人にはオススメできません。

個人的には香港に旅行した時の、超フリーダムな露店の中をさまよってるような感覚で

キライじゃないです。むしろスキ。

ストアアプリのレビューが、全体的にあたたかい眼差しなのも好印象です。

…でね。

端末の中で…すごく気に入ってる部分がありまして。

それは何かというと、xboxとの親和性です。

140413wp8avator01.jpg

端末にアバターが。

…まあwindows8でもできるんですけど、

ケータイで見れるってのが、ねえ。いいじゃないですか。

140413wp8avator02.jpg

着替えもできます。アバターストアも見に行けます。

アイカツなんて目じゃありません。

それなりにパケット食うので出先ではやりませんが…。

さらにさらに、

140413wp8avator03.jpg

一部のゲームでxboxの実績がもらえます。あの「ポコン」という音が、聞けます。

PS3をお持ちの方は、トロフィーがもらえると思ってくださればOK。

windowsphoneでその音を聞くと、

まるでマイクロソフトの携帯ゲーム機を持っているような気にさせてくれますね。

…ていうか見るからに不吉なこのゲームはなんなんでしょうか(笑)。

思わずストアで製品版を買っちゃったんですけども…。

曲がアカペラなのもポイント高いです。バカバカしくて。

まあこういうのじゃなくても、ソリティアやマインスイーパーでも実績がもらえるので、

もしかするとxboxをまったく知らない人が

知らないうちに実績獲得してたりするかもしれませんね。

…そして極め付けが、「AvatarGadgets」というアプリ。

名前のまんま、アバターが出てくるガジェットアプリでして、

それを起動すると、アバターがこっちに向かって懐中電灯を照らしてきたりします。

まさにアバター好きのためのアプリと言えましょう。

140413wp8avator04.jpg

140413wp8avator05.jpg

イラッとします。でもスキです。

…とまあ、こういうxboxとの親和性が、端末をより楽しいものにしてくれています。

ホントこの端末、なんできちんと日本で出ないんだろうか。

ちゃんとキャリアから出たらいいのに…。

PC好きがこれ触ったら絶対楽しいと思う。不便はあるけどね。

最近、iTunesのプレイリストを何か追加アプリを入れることなく

すんなり同期させられることに気がつきまして、またさらに楽しくなりましたよ。

不満はたくさんあるのに、いい端末。不思議です。

つーことでですね、もしSIMフリーに手を出す勇気のある方がいらっしゃいましたら、

選択肢の一つとして、一気にここまで飛躍してみては。

もちろん責任は持ちませんよ!


マザマザのゆっくり読み上げ動画、2作目。

なんか笑ってしまいますので、よかったらどうぞ。

続・怒りの挑戦状(GCCX 三丁目の有野レビュー後編)

2014/04/16

三丁目の有野をクリアした話をずいぶんと書いてなかったので

ちゃんと書きたいのですが、思い出したくない…。マジで思い出したくない!

でもまあ、ケジメとして残しておきます。なお、前回までの話はこちら。


※4月17日追記:「ゾリアテス」が抜けてました。「BREAKSHOOT」の後に追記済。


えーと、前回までで「BREAKSHOOT」に触れたくらいでしたかね。

そこまで、収録ミニゲームの色彩が時代に合って無い!と

端的に書けてたんですけども、この「BREAKSHOOT」がクセモノで。

おそらくネオジオを想定したブロック崩しなんですが、

これは今までとは逆に、ネオジオでそんなショボいゲームねーよ!っていうくらい

迫力に欠けるゲームで…。

「80年代で家庭用完全移植なんかほっとんどねーよ!」という評価に加え、

さらに「90年代のゲーマーを虜にしたネオジオなめんなよ!」という

またよくわからない称号までつきました。

なんでこんなにセンスないの…。

ゲーム自体もさあ、革新的な内容も無く、

アルカノイドよりギミック少ないブロック崩しなんて誰が喜ぶんだよなあ。

やたらボールが遮られて爽快感ないし。

必殺ショットで敵をぶっ飛ばしちゃうくらいのことをさせてほしかったなあ…。


次は「ゾリアテス」。

挑戦状1でキャラバンシューティング風の「スタープリンス」、

挑戦状2でザナックやイメージファイトを思わせる「ガンデュエル」ときて、

なんでまたキャラバンシューティング風に戻っちゃうのさ!

縦シューだっていろいろあるでしょうが…。

ツインビーとか…。1943とか…。ゼビウスとか…。

でもその分?シューティングとしては真っ当な作りで、

地上物を破壊するタイミングをうまくつないでスコアコンボを達成させるというのは

最近のケイブシューティング系のコンボに少し通じるものがあり、

スコアラーな方は楽しめると思います。

ただし、

そのスコアラー仕様のシステムをこなさないと先に進めない課題が出てきますので、

ワタシみたいな人ならいいですけど、これはゲームやらない人にとっては大変!

結構きっちり、クリアを目指さないといけません。

リトライするたびに目標スコアは下がっていくので、あとはとにかくやりこむのみ…。

これに関してはその課題が悪い、というわけではなく、

もし三丁目の有野を遊ぶならシューティングがそれなりにできないとダメですよ、という

いわば警告です。WingHeroも地味に課題の難易度が高いので、覚悟してください。


…そして、気絶するほどつまらないRPG「Blood of Dragon」。

これがまたすごい。

最近発売されるRPGは「選択が未来を紡ぐRPG」のように枕詞がつきますけど、

それと同じトーンで「気絶するほどつまらないRPG」ですよ。

もうあの、町の人が一切動かず棒立ちという

奇跡の仕様からして存在がアルテマウェポンですが、

とにかく、このゲームはツッコミを入れるためだけに存在します。

戦闘の曲聞いて「FF5かよ!」って言うために。

主人公のステータス見て「初期スキルが”ぬすむ”ってお前!」って言うために。

間取と外観が合わない家を見て「リフォームしろよ!」って言うために。

そして、出される課題のあまりのひどさに「苦行か!」って言うために。

もうたまりません。助けてください。

戦闘バランスも悪く、キャラに魅力も無く、

かといって昔のRPGのようにさばさばと割り切ったようなやりとりをするでもなく、

テキストの表示だけやたらきれいでレトロ感も無し。どう見てもiモードアプリ。

出される課題もひたすら面倒で、

…特に尋常じゃないレベル上げを強要される課題がヤバい!

そこはCXのスタッフさんに手伝ってもらうかどうか選べるんですけども、

選ばないヤツなんかいないから強制的にやってほしい。

なんならもう、そのレベルからスタートしてほしい。

ていうかもう、クリアしてほしい。

本物のCXみたく、「ADさんの出したエンディングがこちら」でいいよ。

んでまた悪い事にこの奇跡的につまらないRPGの次が最後のゲームなので、

ここまで散々たまってきたストレスと、このゲームのストレスと、

さっさと先を見たいのに見れないストレスで、

たぶんですけど何人かリアルで死ぬと思います。

胃に穴が開くどころか、お腹に穴が開くと思います。

ワタシは幸いにも、近所にバッティングセンターがあったので

何発か打ってストレスを抜く事が出来ました。

まあ打ったのはボールじゃなくて客ですけども。


…で、最後のゲーム「ネジマキングダム」。

世間的にはゼルダ風と言われてますが、感覚としてはゴエモンが一番近いです。

これはあのー、うーん、ドット絵はいいと思うんですよ。

なぜかPCエンジンっぽいのはおいといたにしても。

操作性も悪いと思わないし、ちゃんとゲームにはなってると思うんです。

ただ、主人公が死ぬとその場に亡骸が残って、それを押して盾にしたり出来るという

このゲームにおいて一番大事なアイデアを、

一切使うことなくクリアできるという点が超問題。

例えばゼルダによくある仕掛けとして「石を押してスイッチの上に置く」というのが

あるじゃないですか。

…ちゃんと、石が用意してあるんだよね。

そこはわざと死ぬところじゃないの…?

何のために大量に残機用意してあるの…?

ザコとの戦闘もまったく普通のアクションなので、亡骸いらず。

さらに、ボスとの戦闘も死亡ありきではありません。

おそらくすべてのボスが、残機を消費せず倒せます。

避けようがない攻撃をくらった覚えが無いので…。

多少ダメージを受けても、ザコを殺して回復すればOK。

もしくは残機にまかせてゴリ押し。亡骸はただジャマなだけ。

…この点がホントにもう、致命的。

結局、ただただ残機を消費して、ただただ先に進むだけです。

アクションRPGにおいて非常に大事な知的欲求がほとんど満たされぬまま、

絵柄とは裏腹にマッシヴな展開の繰り返し。

まあ、それを「面白い」と思う方もいるでしょう。

でもその「面白い」は、シリアスサムとかSMASHTVとかああいう

アメリカン脳天気ショットばら撒きシューティングをチートで残機無限にして特攻して

ゲラゲラ笑うような「面白い」にとても近くて、

それ自体は別にいいんですけど、アクションRPGという見せ方をしているソフトで

その「面白い」は違うだろうと、思うわけです。つか絶対おかしい。

…ちなみに、このゲームだけはエンディングを見る必要があります。

知性のかけらも無い戦い方で何の苦労もなく見れましたので、特に何もありません。

これ、避けようがない攻撃を食らいながら、死にまくりつつ進むゲームだったら、

逆にトガっててよかったと思うんだけどなあ。

素材はそれなりなので、なんとも惜しい作品でした。


ということで、これで一通りですかね。

なお、途中に「登郎」という初期のコモドールレベルのゲームがあるのですが、

特に感想はありません。ただ落ちてくるブロックを避けて登るだけなのですが、

あそこまで原始的なソフトになっちゃうともう、

いいとか悪いとかを超越してしまっているので…。

棒切れを振り回すだけでちょっと面白かったりするじゃないですか。そういうレベル。


…そういう事で総括すると、

一応今作はゲーセンにスポットが当たっていましたが、

ただドット絵というだけでレトロ感は無く、

当時ですらここまでひどいソフトはないぞというようなゲームが連発され、

間違った知識で作られたLCDゲームやジャンケンゲームが世に蔓延し、

当時ではありえない家庭用無劣化移植や、

逆に想定スペックとは程遠い貧弱なソフトが当然のように存在する世界で、

減色もままならず顔面がまだらになった少年課長やADのみなさんが

気持ち悪いアバターとなってあらわれ、無理難題をふっかけるという

本当に、ゲームセンターCXを完全にバカにしたようなソフト。でした。

特典DVDは特に有野の挑戦状2に挑むところが面白くて、

逆に、BREAKSHOOT対決でルールをきちんと説明せずに勝ち進むあたりがひどく、

この開発会社の社長に心底殺意を覚えました。

もし、もしこのソフトに興味があれば、絶対に中古での購入をオススメします。

ウチのサイトでこんな偏ったレビューを書いたのは、過去ほとんどありません。

それほどまでに、ひどいソフトでしたので…。

さあ、気持ち切り替えて他のソフトやろっと。


おまけ。

番組中で有野課長が出したアイデアが、

本編中に出てこなくておまけ要素で出てくる、というのがどうしても納得いきません。

具体的にはシューティング「WingHero」で、

自機墜落中、マイクに息を吹きかけると復帰できる、というものなんですが…。

ストーリー上で遊ぶときには、その機能が使えないんですよ!

結局それを試さずに、ゲームは終わってしまいました。

このグレフって会社、番組ホストを何だと思ってるんだろうね。

信じられない。ああイライラする。寝よ寝よ。


必殺拍手返し→

ラクガキ

2014/04/19

vivotab note8でラクガキしたやつを適当に。

ホントにジャンク中のジャンクですけども。

140419vivotabnote8junk01.gif

140419vivotabnote8junk02.gif

140419vivotabnote8junk03.gif

140419vivotabnote8junk04.gif

140419vivotabnote8junk05.gif

SEG48はサクラ大戦とかスペースチャンネル5とかセンターにいるだろうけど、

油断してるとちょっと後ろの方にゴールデンアックスとかエイリアンストームの

ムキムキ女子がギラついた目でこっち見てたりして、侮れないカンジがします。

ダッシュからのフライングアタックかましてきそう。怖い。

ていうかそれ、アイドルの動きじゃない。


必殺拍手返し→

恐るべき事態

2014/04/23

こんにちは、サイトウユウキです。

今さら書く事ではないかもしれませんが、サイトウユウキはユニット名でして、

絵を描くのがヨメさんで、ネタを作るのがワタシです。

言うなればヨメさんがPerfumeで、ワタシはなかたかたたか…違う、

なかたたたなか…あれ?なたた…、なかか…なかたやたすか?やかすた?

もういいわ。そいつそいつ。メガネくんでいいわ。メガネかけてるかしらないけど。

…であのー、

ずっと「マンガごっちゃ」さんで「死神飯店」というマンガを描いているのですが、

こないだ、一時的に人気ランキング1位になりました。

…いやー、ずっと秘密裏に開発していた1秒間に16発「いいね!」が送れる

ハッキングプログラム「高橋くん」がこんな形で役に立つとはね。ウソですけど。

いやでもホントに、ありがとうございます…。

一時でも夢を見させてくれたのは皆様のおかげです。

今後ともコンスタントにマンガを提供できたらいいなと思っておりますので、

引き続き応援よろしくお願いいたします…。

あーそれにしても素でびっくりした。

できるならどの回が受けよかったのか分析したいなあ。


ちなみに、今死神飯店は週2回にわけて更新しています。

また、ニコニコ静画にも順次あげてます。

きれいなワンシチュエーションコメディとして

結構こだわって作ってますので、ぜひご覧くださいまし…。

打ち合わせ

2014/04/27

大破さんと次回のボードゲームに関する打合せをしました。

議論は白熱し、なんと我が家に一泊するほどまでになりました(マジで)。

その中で、次回新作の仮題が決定。

ブッシュマスター、クインデキム、パッチーズに続くかもしれない次回作の仮題は、

…その名も!

「細木数子の恋するフォーチュンクッキー」です。

細木数子にフォーチュンクッキーをムシャムシャ食べさせると、

唾液まみれの未来予想図が…

まるでセルフ制ガソリンスタンドのレシートのように

クチから出てくるというギミックを検討中。

ていうかギミックはウソ。細木数子の首をはねて持ってくる必要あるしね!

…けど、

仮題の「細木数子の恋するフォーチュンクッキー」は、ホントです。

もちろん最終的にこの名前じゃなくなる可能性が非常に高い(120%)ですが、

秘密にしている間も仮題がないとやりにくいので、そうしました。

なお、大まかなシステムはもう決まっているんですが

まだ言うには早い…というより

今後テストを経てどんどん変わっていくので、

そちらは内容が固まってきたら、きちんと公開したいと思います。

…ということでとりあえずは、

不安だらけの新作「細木数子の恋するフォーチュンクッキー」の続報を、お楽しみに。

♪数子の フォーチュンクッキー

背中に 悪魔が憑いてるの へヘイヘイ へへイヘーイ…


必殺拍手返し→

海軍カレーをつくる

2014/04/30

ゴールデンウィーク、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今年は休みが歯抜けでいけませんなー。まー混んでる所に出かけてもアレですけど。

ちなみにウチはというと、海軍カレー作ったりしました。

海軍カレーとは…、

今から100年以上前の「海軍割烹術参考書」に記されたレシピによると、

初メ米ヲ洗イ置キ牛肉(鶏肉)玉葱、人参、馬鈴薯ヲ四角ニ恰モ賽ノ目ノ如ク細カク
切リ、別ニ「フライパン」ニ「ヘット」ヲ布キ、麥粉ヲ入レ狐色クライニ煎リ、「カ
レイ粉」ヲ入レ「スープ」ニテ薄トロヽノ如ク溶シ、之レニ前ニ切リ置キシ肉野菜ヲ
少シク煎リテ入レ(馬鈴薯ハ人参玉葱ノ殆ド煮エタルトキ入ル可シ)、弱火ニ掛ケ煮
込ミ置キ、先ノ米ヲ「スープ」ニテ炊キ之レヲ皿ニ盛リ、前ノ煮込ミシモノニ鹽ニテ
味ヲ付ケ、飯ニ掛ケテ供卓ス。此時漬物類即チ「チャツネ」ヲ付ケテ出スモノトス。

ですって。ロボットがしゃべってんの?

…そのあたりは、ネットで調べた再編レシピを使うことにしました。

あと海軍カレーの定義として、レシピに沿うのはもちろんですが、

牛乳とサラダを一緒に出すというのも外せないそうで。

元々栄養改善のためのメニューだったそうで、

足りない栄養をさらに補うために牛乳とサラダも出されたんだとか。

なので、そのあたりもきっちりやりました。

140430curry.jpg

こんなカンジ。

…そこで、今回実際に作ったレシピをログ形式でご紹介します。

ネットで拾い集めた情報をもとに、結構現実的なカンジで作ってます(笑)。


…まず米を2合、普通の水加減で、

あらかじめコンソメ8gを(固形1個半)入れて炊いておきます。

「先ノ米ヲ「スープ」ニテ炊キ」ってあるので…。

結果的にはよい香りの米が炊けました。ウチのコンソメは顆粒ですが、

固形の方は溶かすか砕いてから加えたほうがいいかも。

んで、カレー。

水1200ccにコンソメ21g(だいたい固形4個分)を溶かしてスープを作っておき、

フライパンで玉ねぎをキッチリ炒めて、

バターひとかけら入れて薄切りの牛肉を加えて炒めて、

フライパンがもうみっちりなので炒めたのをスープに入れて、

にんじんとジャガイモを炒めてそれもスープに入れて、

弱火でアクを取りながら煮込みます。15分から20分くらい。

その間にフライパン洗っておいて、乾かして、

また油ひいて小麦粉を37グラム、弱火で炒ります。

きつね色になったらS&Bのちっさいカレー粉の缶が同じく37グラム入りなので

それを加えて混ぜながら炒ります。

で、ここからが大変で…。

ネットのレシピをいくつか参照した結果によると、さっきの煮汁をここに加えて

カレーペーストを作るらしいのですが、具材が多くて煮汁が少ないのよアンタ。

なのでまあ、適当に煮汁を加えて、鍋にはここで水を100cc追加しておいて…。

フライパン上にはペーストどころか肉そぼろみたいなのが出来上がってるんですけど、

冷静に考えたら小麦粉はとろみ付けだけで味にはあんま関係ないじゃん…ということで

ざーっと鍋に入れてかき混ぜたところ、普通にカレー完成。

ダマになりにくい小麦粉を買ったからかなあ。まあ溶けたんだしいいや。

…と、喜んだのもつかの間。

試食したらすんげえ辛い!なんか変なところから汗が大量に出る!

あとなんかうまみが少ない!あっさりしすぎ!

つーことで、まず牛乳100ccを入れてまろやかにし、

さらにブルドッグソースを味を見ながら入れていきました。

結果して…おいしいカレーが出来上がりました(笑)。

いやあ、よかった。

ルーを使わないで作るカレーは大変でしたが、とてもよかったです。

なお、本家はチャツネという甘いペーストを入れるのですが、

そんなもん無いので余裕でシカトしました。

そのあたりもソースが何とかしてくれましたので…。ソースは隠し味として最強かも。

こだわりたい方は、チャツネをどうぞ。

あーあと、ヘットも使ってないすね。

スーパーでヘットもらえる雰囲気じゃなかったので…。

とかいろいろ書いていくと海軍カレーから離れていく気もしますが、

今実際にある海軍カレーの方が原形とどめてないので、大丈夫です。

何より、おいしかったのでOK!


レシピとしては以上です。

なお、また作りたい…とは思いますが、

できたカレーがマズかったらどうしようという心労が尋常じゃないので、

しばらくは市販のカレールウで作りたいと思います。

おつかれさまでした。

●バナーを除くスベテのコンテンツにおいて無断転載・コピー禁止●
何かあればWEB拍手、もしくはまでご連絡ください。
[The Yellow Place]
since 19990824

-Let's play video games! To die exhausted!-