エントリー

カテゴリー「双間道-そうまとう-」の検索結果は以下のとおりです。

概要

人数 2~8人
時間 10~15分
年齢 10歳~
価格 1200円
発売 ゲームマーケット2018春
3行で説明1 臨死状態となって生死の境をさまようゲーム。
3行で説明2 手札を使って行動し、キャラ毎に決められたゴールからの脱出を目指します。
3行で説明3 最後の1人か札が無くなったら終了となり一生そのまま。

 

20180421232616.png

双間道(そうまとう)とは、
同人サークル「ロッキンチェアー」がお送りする
臨死状態になって生死の狭間をさまようゲームです。
頭が悪いですね。

プレイヤー(参加者)は
生と死の狭間の世界「双間道」におとされた魂となります。
そこで…生か死か、キャラクターの望むべき道へ向かい、
道の終端にある門から脱出しなければなりません。

20180421232615.png

しかし、双間道にはふたつのオキテがあります。

用意された石札に意思を込めなければ行動できないという事。
そして、最後の1人か、石札が尽きたとき、
その魂は生きることも死ぬこともできず、
囚われの魂となってしまう事…。

とにかくこんなトコからいち早く脱出し、望みを手に入れましょう。
双間道は、そんなゲームです。


20180421232618.png

内容物の一部。
白いキャラクターは生(右の方)へ、
黒いキャラクターは死(左の方)へと向かいます。
望まない出口からは脱出できません。

20180421232619.png

プレイ中のイメージ。
山札から1枚引き、手札(石札)を出して行動していきます。
他のプレイヤーを陥れる石札もありますよ。
山札が無くなったら時間切れ。

これ、一見すぐに到達できそうですが、
脱出するためには門を開く必要があります。
門は、意思のチカラが10個集まらないと開きません。
今は6個たまっていますね…

20180421232620.png

10個集まれば晴れて開門!
この時、門にいれば宣言して脱出できます。
ただし、門は誰か1人が脱出するとまた閉じてしまいますので
うかうかしてられませんね。まあ臨死状態だし、そりゃそうか。

多人数で遊ぶとわちゃわちゃして楽しいです。
ぜひ楽しんでください。

ちなみに2人からでも遊べますが、
3~8人が推奨です。1回で大体10~15分程度。
また、このふざけたテイストについていくには
10歳程度の人生経験が必要と思われます。

もちろんロッキンチェアーの伝統として、
手札にやたらいろんな絵を載せたり
取説にくだらないこといっぱい載せたり
なんか眺めるだけでも楽しめるようになっておりますよ。

頒布価格は1200円!試遊もできます!
当日は缶バッジのガチャなんかも用意します!

ぜひ土曜日「I-27」ロッキンチェアーまでお越しください!
セグウェイで!


新作[双間道]の取り置き予約、やります。
ささやかですが特典がつきます!

[取り置き予約はこちらをクリック(フォームに飛びます)]

イベントに来られない方のために通販も行います。
[通販の扱いはこちらをクリック(案内ページに飛びます)]

ゲームマーケットに掲載した過去記事はこちら。
http://gamemarket.jp/booth/gm1138/

ロッキンチェアーよりお知らせ(迷子の)

20180421232613.png

こんにちは。
ロッキンチェアー代表兼バーチャルユーチューバーのジャジャです。

バーチャルなんでもちろんこの世に存在しません。バーチャルですから。
ユーチューバーになったっていう事実を
バーチャル的に受け止めてるだけなんで。
ああオレユーチューバーだわ、みたいな。そういう。
そしてバーチャルなファンと楽しくやってます。
さらにバーチャルに炎上してます。
なのでバーチャルな誰かと戦ってます。そういう意味ではバーチャファイターです。

そんな仮想だか空想だかメンヘラだかの世界で
ひたすら楽しく暮らすことを夢見ておりますが、
最近あらためて思います。ゲームって素晴らしいなと。
ゲームの世界でなら何にだってなれる。
愉快な暮らしがゲームを通して手軽に体験できるわけですから。

でも一方で、人間の可能性は幅広いですから、
ほとんどの事は努力すれば叶いますし、
実体験というのは、何物にも代えがたい感動をもたらすものです。
例えば開拓者として島を発展させたかったら、
カタンを遊ぶよりTOKIOのメンバーになる方がずっと近道です。
かく言う私も現在はメンバーとして(当方テルミン)、
活躍したりテレビを見たり財布をのぞいて0円食堂とつぶやく毎日です。

では結局、ゲームと実体験、どちらを選ぶべきなのでしょうか。
その結論として私達ロッキンチェアーは、
リスクの高いものはゲームで体験すべきであると、提案いたします。
特に、死ぬ間際、超ギリギリの状態は
体験したくてもなかなか体験できるものではございませんから、
ゲームで体験するのが一番だと考えております。

という事で。
今回ロッキンチェアーは、臨死体験をテーマにしたゲームを!
発表させていただきます!
その名も!双間道(そうまとう)!です!

20180421232614.png

とりあえず本日のところはパッケージのビジュアルだけお届けします。
続報はまた後日!
こちらのブログで余計な話をはさみつつ紹介させていただきます。
5月5日(土)西3ホールI:27にて!みんなで臨死体験いたしましょう!

ゲームマーケット2018春に申し込みました

20180319000517.png

ゲームマーケット2018春のサークルカット入稿しました。
「双間道(そうまとう)」です。
みなさんよろしく。

  • 1

ユーティリティ

新着エントリー