エントリー

ビシバシ勝負について

それぞれのプレイヤーのアクションをこれまで説明し、

実際に動画が出来上がった以上ほとんど書くべき事もありませんが補足感覚で。

 

数字比べの性格上、このゲームでは時々引き分けが起こります。

コンダクターが8を出してたらほぼ確実に取りに行くって事ですから、

他の人も勝負に乗ってくるでしょうしそういう場合はまあ確定ですね。

 

そういうときの決着のつけ方ですが、ビシバシ勝負と言う手と手のぶつかり合いになります。

ビシバシ勝負とは中央山札付近に設置されたカードを使い、それを素早くタッチする勝負です。

参加するのは引き分け発生時に最大の数字を出したバイヤーのみ。

それ以外のバイヤーは何もしません。

 

やることは簡単で、出品カードに書かれた数字と同じ数字が書かれたカードを誰よりも早くタッチするだけです。

数字がプラスなら最も早いバイヤーが獲得し、マイナスならもっとも遅いバイヤーが獲得します。

つまり早いだけ損はしません。

 

また、お手つきをするとペナルティとして手札からもっとも高い数字のマネーカードを捨て、

ビシバシ勝負発生時の使用カードも含めて、もっとも低いマネーカードと入れ替えます。

基本的に自分の現在の最強を捨てることになるので、結構キツイペナルティです。

有利になるケースは一部例外を除いて存在しないつもりで気をつけましょう。

 

この時、コンダクターは何をタッチしにいくかが分かり、

バイヤーはコンダクターがビシバシ勝負にならないと思ってる隙をつける事もあるので、

それぞれが強みを持っているという考え方も出来ます。

 

最後に、ビシバシカードの置き方にルールは無いので、可能な限り平等にする配置を考えるか、

そういうものだと割り切って設置してしまうくらいが無難です。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://typ.cc/rockinchair/index.php/trackback/101

ユーティリティ

新着エントリー