エントリー

サラリーサマナー

「ビジネスパック」3つのゲームの3つめ「サラリーサマナー」について。

このゲームはプレイヤーは社会人、を召喚する異世界の強力な魔道師になって
国連とかNASAとかセブンイレブンなどが存在する、
我々が居る現実社会から社会人を呼び出します。
その媒体として「名刺」を使うのが今回最も重要な要素となります。

対戦する2人のプレイヤーははじめに名刺を5枚用意します。
実在する人物の名刺を用意してください。
もし名刺が集められない等があっても、
コンポーネントに基本セットとしての名刺が10枚入っています。
我々の方で確保した名刺となるのですが、
実在するかどうかについては個人情報に触れるためお話できません。

名刺を用意したら、5人の社会人を呼び出す順番を決め、
そのそれぞれのに上下左右の4方向から1つ「弱点」を設定します。
弱点はメモ等に取っておき、自分だけが見えるようにしておきます。
途中で書き換え等のズルはやめましょう。

順番と弱点設定が終わったら、マニュアル裏面の魔法陣を使い、
その上に一番手の社会人の名刺を置いて召喚します。
めんどくさい詠唱とか依頼メールとかそういうのはいりません、
そこいらは魔法陣の側がオートで面倒見てくれる時代ですし、社会人も置けば出向してくれます。
名刺の置き方は「自分から見て下が手前」です。
すなわち縦型の名刺と横型の名刺で置き方は異なります。

以上の準備が整ったら「最近電話やメールで呼び出された人」が先攻になり、
自分の呼び出した社会人に攻撃命令を出します。
命令の出し方は、敵対する社会人に対して
上、下、右、左のいずれかを攻撃させるようにします。
この指定する方向は「攻撃される側」から見た時を基準とします。
 ・上は名刺の上側にあたる部分(攻撃する側にとっては手前)
 
・下は名刺の下側に当たる部分(攻撃する側にとっては奥)
 
・右は攻撃される側から見て右(攻撃する側にとっては左)
 
・左は攻撃される側から見て左(攻撃する側にとっては右)
となります。少々ややこしいですが、
攻撃する場所に名刺を置く事で相手にわかりやすく伝えられます。
攻撃される側はこれを見て、弱点を攻撃されたかどうかを伝えます。

そこまでが終わったら、攻撃する側とされる側を入れ替え同じような動作を行います。
社会人がやられた後に新たに呼び出した場合でも、攻撃は行えます。早出です。
以上の流れをどちらかの社会人が全滅するまでゲームを続けます。
また、最後の社会人は秘蔵の名刺と言う事は既に我々の社会でも広く知られていますが、
この世界では2箇所を同時攻撃できる強力無比な存在となっています。
劣勢でも2人くらいは割と現実的に労災送りに出来る可能性を持っているというわけです。

是非自分の知る、実在の上司や同僚、部下、取引先、社長等を織り交ぜて戦わせてください。
役職と召喚順序はでたらめでもいいですし、
社長5人で固めてレアカードデッキっぽく振舞っても構いません。
同じ名刺を使って同一人物がそれぞれ呼び出された状態もルール上は何もしませんが、
ドッペルゲンガーと言う事にして後出しが無条件で勝つのもある意味ありです。

それから、弱点は1箇所と言う事でお話しましたが、2箇所以上設定する事も認めています。
ハンデや気に入らない人を弱くする等にご利用ください。  

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://typ.cc/rockinchair/index.php/trackback/114

ユーティリティ

新着エントリー