エントリー

イタマエ(石野龍) コック(ピエール・テニス)

イタマエとコックはイベントカードの操作に長けたデッキです。
ガイジンやニンジャのように数起こす事はそれほど得意ではありませんが、
イベントカードに対してまた違った向き合い方をする事が出来ます。

メリット、デメリットはともにポイント+1とポイント-1で非常に標準的ですが、
黄タイルのイベントカードはイタコやエスパーのように見る事は出来ないながらも、
引くかどうかを選択できるようになっています。
これによって、安定した進行を妨げる可能性を避ける事ができるようになっています。
もちろん、引いた方が良い結果になる場合もありますが、
それを考えても悪い結果を引く事を避けたい場合は引かないのも選択です。

イタマエの切り札はイベントカードを上から3枚見て1枚を公開し、そのイベントを処理を行ないます。
残りはイベントカードの束に残してシャッフルします。
ガイジンのように回数ではなくその質で勝負するようなデザインになっていて、
3つの中から最善を選べるようになっているため、ガイジンと比べて爆発力より安定性が高くなっています。

対するコックの切り札は使用済みイベントカードを1枚選び、それの処理を行ないます。
処理したイベントカードは再び使用済みイベントカードの束に加えます。
目に見えるものから選べるため、ノーリスクで良い結果が出せる切り札である反面、
根本的にいいイベントが起きていないとならない事と、
1枚も無い状態で切り札を使用しても何も起きない扱いで終わってしまうため、
状況次第で効果の強さが極端に変化する切り札となっています。
性質上ガイジンやニンジャとは相性がよく、
大量のイベントが落ちるため比較的良い選択肢が出てくるでしょう。

きちんと移動でポイントも手に入り、イベントカードもある程度操作できるため、
ガイジンやニンジャと違いイベントカードの後押しを受けて勝利に近づく事がやりやすい、
実践的な調整になっていますが、イベントカードのパーティー感を楽しむには
少しパワーが足りないデザインとなっています。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://typ.cc/rockinchair/index.php/trackback/31

ユーティリティ

新着エントリー