エントリー

タンテイ(加藤ケン) スパイ(メアリー)

2012年1月5日 切り札とトークンの記述を修正しました。

タンテイとスパイはトークンの扱いの長けたデッキで、
ポイント取得から他者への干渉、自身への補助もほとんどをトークンで行います。

タンテイ、スパイ共にメリットはトークン設置。
タンテイはカメラ、スパイはトランクを好きなように1つ設置できます。
スタートとゴールには置けませんが、それ以外の場所であれば可能です。
既に誰かがいる場所でも問題ありませんが、じかに拾わせることはできず、
次に止まった誰かが拾うこととなります。
拾った場合、カメラの場合は止まった色の指示に従わず、
トランクの場合取得した1つにつきイベントカードを1枚引きます。
トークンの取得時の処理であるため、色の指示に従う前に行ってください。

メリット効果以外に手札によって各トークンを設置することが可能ですが、
その場合は移動前に止まっていた場所に設置することになり、
設置箇所を自由に選べないのでその違いを理解が少々面倒です。
この方法の場合は、スタートタイルにトークンを設置することができます。

また、自身の設置したトークンが盤面上に残っている状態で集計処理に入った場合、
1つにつきポイント+1となるため、他のキャラとは挙動こそ異なりますが、
結果的にはこれを置いてポイントを稼ぐのが基本となります。
ポイント獲得が集計処理時なので、デメリットであるポイント-1を無視できるのも大きいのですが、
トークンであるがために他者に回収されることでポイントを稼げなくなると言う、
他のデッキにはない弱点を抱えています。
設置はポイントを狙うならば全てのプレイヤーが通過した場所に、
相手の行動を無効化したり、イベントカードを引くまたは引かせる場合には
前方に設置するようになります。

デメリットはポイント-1。
前述のことからほとんど踏み倒し可能であるため、
イベントで増えたポイントを失う程度の効果となっていますが、
何もできないと言うのもそれだけで差が生まれる場合があるので、
基本的には避けていくようにしたい所です。

切り札はタンテイが現在設置されているカメラトークン1つにつき1ポイント獲得。
単純にポイント取得量が倍増する計算になります。
これを使った後はポイント-1のデメリットが利く事と、
トークンを除去される可能性などから使うタイミングは難しいですが、
うまく使うことでポイントの面で大きく有利に立つことができます。

対するスパイは盤面にある全てのトークン再配置。
一箇所に固めても、分散して踏ませるようにしてもよしのこの切り札。
誰も通らないような場所にキッズやベビーのトークンを置くことで、
ポイントを与えない使い方ができる他、
中盤以降に基本パックデッキのトークンをスタート近辺に設置して避ける、
自身のトークンをあえて前においてイベント頼みにするといったテクニカルな使い方ができます。

トークンのルールや設置が少々面倒ですが、
慣れてくると状況によって柔軟に動けるデッキとなっています。

関連エントリー

  • 関連エントリーはありません。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://typ.cc/rockinchair/index.php/trackback/40

ユーティリティ

新着エントリー