タグ: 事件

よそはよそ、うちはうち

昔、忠実屋っていうスーパーがありましてね。

…ダイエー系列に吸収されてしまったんですけども。

そこ、ファミコンの試遊台が置いてあったんですよ。

記憶にあるのは、「迷宮島」と「メタルギア」。

特にメタルギアは、親が買い物している間に遊ぶ定番になってました。

でも子供のころだから全然内容がわかんないんですよ。

最初に持っている「タバコ」も、どう使っていいかわからない。

わかんないんだけど、トライするうちに、

これはなるべく敵に見つからないほうがいいのかも?と考え出し、

遊ぶたび少しずつうまくなっていきまして。

そのうちに、トラックに乗って次のエリアに行くことが出来ました。

…ものすごく興奮しました。

まあその後すぐやられちゃうんですけど、

スーパーの少しの待ち時間で、自力で世界が開けたことに自分でびっくりして。

少年時代の、いい思い出です。

で、成長していき、小学生か中学生くらいでスナッチャーを知り、

こんな怖くて…でも最高にカッコよくて面白いゲームを作った人は

あのメタルギアを作った人なんだ!へええ!と知りましてねー。

そして…インターネットを手に入れて、しばらくして、すっかり大人になったある日。

その、メタルギアを作った小島さん…通称小島監督が、

ファミコン版には関わっていない。

あれは最後、メタルギア自体も出てこないお粗末なもの。

出来が悪く、正直遊んでほしくない。

そんなような記事をネットに寄稿していまして。

…ショックでした。

「お前、ニセモノで遊んでたんだぜ」って言われた気がして。

すげえよ。記事見て「うわー」つっちゃったもの。

でもね、

今ネットを検索すればそんな話はいくらでも調べられて、

したり顔で「あれは小島監督も否定するニセモノなんだぜ」っていう人は

いっくらでもいますけど、

当時それをわかっていた人?どんだけいるのっていう。

MSXとファミコンを同時に持っていて、

MSXのメタルギアは知る人ぞ知る名作と言われていて、

両方を遊んで、当時その違いを理解した人?すげー少ないと思うのね。

でしかも、ワタシは当時小学生の低学年ですよ。

知るわけないじゃん。

ファミマガですら親に頼んでたまに買ってもらうくらいなのに。なあ。

…ということで何が言いたいかというと、

思い出っていうのは、ウソではないわけです。

クリエイター本人が遊ぶなと言い放ったものでも、ワタシには良いものに映った。

もちろん当時本物に出会えたら最高だったんでしょうけど、

間違いなくファミコン版のメタルギアは、思い出に生きてる一本なんです。

だから、よそはよそ。うちはうち。

ブスだと言われてるアイドルがスキでも、それでいいじゃないですか。

どうしようもないクソゲーがスキでも、それでいいじゃないですか。

つまんない映画でも思い出があるなら、それでいいじゃないですか。

今どんな細かい商品にもレビューがついて、あらゆる動画にコメントがついて、

ちょっとでも評価が低いと「うっ」と思いがちですし、ワタシもつい気にしてしまいますが、

もっとこう、自分の感性を大事にしたいもんです。

「あっそう。でもワタシはスキですよ。」ってね。


小島監督の発言はクリエイターとして当然なんだよね。

だから小島監督に対して「ふざけんな」とか「そんな事言うな」とかは一切思いません。

スナッチャーがすげえスキなのもファミコン版メタルギアに思い出があるのも、

どちらも自分ですからねー。

まあ、コナミに対しては「ちゃんと筋を通せよ」とは思いますけども…。

でもなんか、80・90年代コナミは大好きだから悪く言うのもなんだかな…。

2010年代のコナミなんかいっくらでも言えるけども。ろくな事がねーよ。


本日の日記は全然笑いがないため、

TYP保安院の指導により下ネタ特別措置がとられることとなりました。

誠に申し訳ございません。


SEKAI NO OSHIRI

 

新居と私

ようやく、パーソナルコンピュータがインターネットに接続されました。

こんにちは。新居です。

新居にはなんと、宅内配線としてコンセントの横にLANの挿しクチがありまして、

ワタシのパーソナルコンピューターを容易にインターネットの世界まで

連れて行ってくれるっていうかうるせえよ。

買ってきたLANケーブルが不良品でして、

宅内配線が切れてたらどうしようとかヒヤヒヤしたわ…。

とにかく、ようやく文化的な生活ができそうです。

文化的な生活=インターネットという偏りのある思想はさておき、

それにつけてもまだまだやることが山積みです。

開けていないダンボールもあります。

収納を追加で買ったりもしています。

そのくせ、ぬいぐるみのハッチーは出てきました。うざい。

…そうそう、新居は駅から大分近くなりましたが、

その代わりに車を手放すこととなりました。

環境としてはよくなったけど便利な機械を手放さなければならないあたり、

まるで魍魎戦記MADARAです。知らない人は知らなくていいです。

ファミコンのを遊ぶなら、重要アイテムを仲間に預けておくといいですよ。

途中で離脱されたりして詰むから…。

まあコナミサウンドが最高なので詰むくらい大したことないですね。あるわボケ。

…それにしてもやることマジで多いなあ。

今回の自分へのご褒美として、大きめのパーソナルチェアーを買ったんですよ。

ゆったりできるやつ。調子こいてるように見えるやつ。

でもそのパーツが、今部屋を占拠していて引越しに支障を与えてるんです…。

ジャマなんです…。そのせいでさらに面倒ごとが増えてて…。

開けたダンボールを、たたんで、置いとく場所がないみたいな。

うーん、一日ボケーッと出来る日はいつ来るのだろうか。

来ない。(←えっ?)

 

新連載

こんばんは。サイトウユウキの一見何もしてなさそうな方です。

あのー、「マンガごっちゃ」さんで、死神飯店の連載がはじまりました。

死神飯店は一度終わったんですが…その後の話という事で、

毎週金曜日に1話アップさせていただくことに。

もちろん新作です。

ていうか毎週11本ネタ出すという事は

月44本のペースでネタ出しをするということでして、

まあおそらく死はまぬがれないと思うんですけども、

やるからには笑っていただきたいと思うので…ぜひよろしくお願いします。

大変ではありますが、がんばりたいと思いまーす。


今日、なんかわかんないけど定期的にやってくるPCエンジンデーでした。

PCエンジンってすごい自分の中で特殊で、

たとえばメガドライブは「あのソフトやりたい!」と思って

ピンポイントで引っ張り出してくるんですけど、

PCエンジンは「PCエンジンやりたい!」ていう気になるんですよね。

んで引き出しから数本、その時の気分に合わせたゲームをもってきて、

そんで片っ端から遊んだりするんです。

「R-TYPE」とか「源平討魔伝・巻ノ弐」とかをだらだらと。クリアするでもなく。

で、その流れで「ダンジョンエクスプローラー」を遊んだんですが、

…このゲームにすんげえハマってしまいまして……。

というのもこのゲーム、8種類の職業から1つ選んで冒険する

見下ろし型のアクションシューティングなんですけども、

今までずーっと先に進めなかったんです。

なぜ進めなかったかというと、職業ごとで使える魔法や、

道中で拾うアイテムの意味がまったくわからなかったから…。

であのー、説明書も無いので、

ネットで職業ごとの特性と、アイテムの効果をきっちり調べて、遊んだんです。

そしたらあんた、ものっすごい面白いじゃないですか。

回復魔法が使えるやつを選んで、パラメータを意識的に上げるように遊んだら、

まー絶妙な面白さ。絵的には地味だけど攻略しがいはあるし、曲もいいし。

140208dexplorer.jpg

途中のボス。じゃんじゃん弾を撃ってきますが、

相殺できる上に近づいてこないのでこいつは弱いほう。

ほとんどのボスは体当たりをかわすのが問題で、ボスでの死因のほとんどは圧死。

結局夕方からずーっと遊んで、何度もコンティニューしたりして、

最後まで遊んでしまいました…。

これ、いとこが持ってたソフトなんですが、

彼は当時からこの面白さに気がついてたんでしょうかね。

一緒に遊んだのは相当小さい頃なので、

遊んだ記憶はあってもハマってたかどうかはわかりません。

…なんにせよ、いい時間をありがとうPCエンジン。

明日は雪の中、一日中仕事です。

恒例の突発的なネタなど、何かあったらtwitterで。


余談ですが、ダンジョンエクスプローラーの開発はアトラスでした。1989年。

なーんとなくですが、曲が確かにそれっぽいかも。

 

おおきな告知と今後のはなし

こんにちは、

サイトウユウキのいわゆる武論尊、大場つぐみ的な立ち位置のジャジャです。

あと他に誰ですかね。

ゆでたまご先生の「まご」の部分?

あーあれだ、CLAMP先生て4人のユニットじゃないですか。

その中のファンタスティックドリーム伯爵ですね。いねーよ!

ということで…なんなんでしょうかこのテンションは(笑)。

えーと、twitterではすでに書かせていただきましたが、

本日9月27日発売になりました「まんがタイムオリジナル」11月号にて、

サイトウユウキのマンガが掲載されました。

前に実話系の雑誌でお仕事をさせていただきましたが、

創作では初めて。ですね!

これはまた…すごいことです。すごいことですよ。ありがたいことです。

「もよりずむ」というタイトルですので、

ぜひ書店やコンビニなどでお求めください。

そして面白いと思ったら、ぜひアンケートの方をよろしくお願いいたします…。

内容は見てのお楽しみ。ただ先に言っておきますが、シュール寄りです(笑)。

以上、なかなかに大きな告知でした。


それにしても…なあ。

またひとつステップを踏むことが出来ましたね…。

でも、これにおごることなくがんばりたいと思います。

きっとあの、読んでいただけるとそのワードのふしぶしに

ウチのサイトっぽさがにじみ出てきてると思いますので(笑)。

まー逆にそうじゃないと誰でもいいもんね…。

…ところで、率直このサイトウユウキの活動を、

ウチのサイトを見てくださってる皆さんはどう感じてらっしゃるんでしょうか?

いやマンガの内容の話じゃなくて…。

まあ、さっきの話で武論尊て書きましたけど、

ワタシが絵を描いてるわけでは、ないじゃないですか。

それって、なんか変な誤解を生んでそうだなっていう。

改めて考えるに、ジャジャとしての一番の命題は、

「オレははたしておもしろいのだろうか?」っていう1点に尽きるんですよ。

そこをあくまで主眼において何年も活動しているので、

ゲーム作ったりもするし、絵も描いたりするし、文章も書いたりしてるわけです。

あんまマンガっていうことにはこだわってません。

そういう意味で、サイトウユウキのプロジェクトは

客観的にオレが考えることがおもしろいのかどうか?っていう

評価をもらえる場になってるので、

ワタシはこのスタンスで何の不満も無いし、むしろやりがいあるし、

ワタシがネタをやることで実話系のマンガもやれたりと異色なこともできてるし、

これはこれ、なわけです。

そのうち…それこそバンドのボーカルのソロ活動みたいなことになっても、

それはそれで、別にいいと思うし。

…サイトウユウキである以上は、もちろん最大限の努力をします。

でね、そうなると今度は自分自身の活動が

どうなるのかっていう事になってくるんですけど、

そこは、こっちも商業のラインにがんばってのせたい!ということではなく、

それこそインディーズの可能性にのせていきたいと思っています。

つまり本当にやりたいようにやって、どういう反応をいただけるのかっていう。

そういう部分を満たすのは、今作ってるボードゲームだったり、同人だったり、

それこそこのサイトだったり。するわけです。

つかほら、今の世の中、インディーズで出来ないことも少ないですからね。

ようするに今までと同じっていうことですけども(笑)。

だからまあ…長くなりましたけど、

自分がおもしろいかどうかを、

商業のラインで、あらゆる情報を取り入れながらサイトウユウキにのせていくのと、

今までどおり個人の表現としておもしろいかどうかを誰にも寄せずに出していくのと、

この2本で、今後はいいとこどりで楽しくやっていければなーとか。思っております(笑)。

うわーなんかマジメだなあ。調子に乗ってんじゃねえよなあ。こいつなあ。

けどこういうのは早めに書いておいたほうが良いかなって思ったんで、

ここに残しておくことにしました。

…いろいろ書きましたが、とにかくやれることを時間の許す限りやりたいと思います。

今後とも、サイトウユウキとこの頭の悪い人をどうかよろしくお願いいたします(笑)。


改めて読み返すとホントにこいつは何言ってるんでしょうか。

まあ…創作ネタ雑誌初掲載ということで、今日だけ勘違いさせてあげてください…。

 

わらび餅の謎を追え

スーパーで買い物するたびに、もう数年単位で気になってたことがありました。

おやつを買うときに…プリンとかの売り場に行くと、見かけるやつ。

これです。

130723spacefood01.jpg

わらび餅。

これ…さ、無色透明じゃないですか。

なんていうのかな、大丈夫?っていう。

ちゃんとした…ちゃんとしたっていう言い方はよくないですけども(笑)、

いわゆる銘菓としてのわらび餅はもっと濁ってますよね。

でもこれは無色透明。

…え、水?これ、水?

ごめん、わらびって、何?

…まあ、少なくとも餅を自称してるわけですからもちもちなんでしょう。

けどやっぱ…例えばこれ、「宇宙食」て言われても違和感ないよね?

ビンかなんかに入ってたら誰も疑わないぜ?

…というカンジですごく気になってまして、

いつも遠目から「宇宙もち」「ギャラクシーおやつ」「生コスモ」などと

あだ名をつけてたんですけども、

それじゃあんまりだということでとうとう、買いまして。

ついに開封。

130723spacefood02.jpg

開けてみて真っ先に気になったのが、写真真ん中あたりにある

網目の模様のついたわらび餅。見えますかね。

…これ、どういう過程でそういう模様がつくの?

だって網で焼いたりしてないじゃないですか。おかしいじゃないですか。

やっぱりNASAが開発したのか?

企業秘密どころか国家機密事項だったりして!マジうける!

…冗談?はさておき、さっそく食べてみることに。

でまたこれがさあ、くっついて全然取れないの!

多少引っ付くにしても…もうちょっと取れないもんですかね!

130723spacefood03.jpg

ようやく。摘出成功。

まずはこれ単体で食べてみます…。

…ん?

おや?

味がしない?

あれ?

これは…これはホントに、水?

それとも透明度の高い何か別の物質?(←わらび餅って書いてあるだろうがよ。)

ホントに味らしい味がありません。

しばらく何個か食べたんですけど、

味がせず、口の中でモゴモゴなって、胃が満たされる。そういうもの。

これは…これは逆に食べたことがない……。

いやほら、大人にもなれば大体のものは口にするじゃないですか。

口にした事が無くても、何かに例えられたりとか。

これ、なんだろう…。これ、これは…、

水が半生状態になったもの、ということでいいんだろうか…。

…でまあ、結局ね、らちが明かないので、

130723spacefood04.jpg

添付のきなこと黒みつをつけました。

無味無臭無色のわらび餅が黒く染まっていきます。

まるでダークサイドに堕ちたようです。

なお味の感想はというと「きな粉と黒蜜の味」としか言いようがありませんでした。

これはおかしい。これらをつけることによって何らかの変化があってもいいじゃないか!

…うーん。どういうことだ……?

わらび餅…。味も無く意味が無いような…。いやでも、きな粉と黒蜜は普通に…。

ん?きな粉と黒蜜を……、

…あ、ああ、そうか!わかった!わかったぞ!

このわらび餅は、きな粉と黒蜜を味わうためだけにあるんだ!

そうか…そうだよ!だから無味無臭無色なんだよ!

要するに…言ってみればこの餅自体、

箸やつまようじと役割的には変わらないってことさ!

あっはっはーそうかーなるほど!なるほどね!

わらび餅っていう商品名に先入観を持ちすぎてたよ!

これから人に薦めるときは、きな粉と黒蜜を楽しむものだって言う事にしよう!

いやー解決解決!よかったよかった!

…ところで、結局わらびはどの部分だったんだろうね。

まあいいか。なんでもいいや。

130723spacefood05.jpg

↑やりたかっただけ。

 

なんか怖いシレン動画

告知です。

twitterの方にはすでに出させていただいたのですが、

新しい動画をヨメさんにつくってもらいました。

発端は友人が遊びに来たときに…ですね、

ウチにあるSFCのカセットにデータが残ってるのを発見しまして。

普段みんなでシレン遊ぶときはバーチャルコンソールでやってたので、

このデータに気がつかなくて…。

恐らく、10年近く前のデータだと思われます。

しかも、自分のデータじゃない。

確実にその頃、まったく別の友人にソフトを貸していたので、

まず間違いなくそいつのデータなんです。

で、

その回想を見てみたんですよ。

そしたら…なんか、なんていうか、マジで意図不明な行動を起こしてて…。

持ってるアイテムを見る限り、廃人に間違いないです。

めちゃくちゃ遊んでます。熟練プレイヤーです。

でも、…まああとは見ていただければと思うんですけど、

明らかにミスってる…と思うんですよ。

でも、こっちはそれほど熟練プレイヤーでもないので、

これが何か意図しての行動なのか、単なるミスなのかがわからない。

さらに、ここからどういう行動をとれば回避できるのかもわからない。

…ということで、ちょっと見ていただきたくて……。

シレンやってた方は特になんですけど、

動画の後ろの方にどういうアイテムを持っているかも載せてありますので、

フェイの問題のような感覚で、ちょっとコメントをいただけたらなと思います。

要点は、

・彼は何がしたかったのか。
・この状況を打破して次の階に降りるにはどうすべきか。

なお、貸した当人にはもう連絡はつきません。

なので…ぜひともよろしくです。

それにしてもよく残ってたなあこれ。すげえなあ。

 

私のあしながバチおじさん

今日めちゃめちゃテンパりました。

ヨメさんとメシ食いに行こうと思って、車に乗ったんですよ。

そしたら、乗った後で気がついたんですけど、

ヨメさん側…つまり助手席側のサイドミラーに、ハチがいて。

でまあ、最初は刺されなくてよかったねーとかのんきな事を言ってたんですが、

そのハチが、運転中もずーっとサイドミラーにくっついてるんですよ。

ぜんぜん離れない。

…で、その状況をずーっとヨメさんが見てたら、

なんとサイドミラーの外側と、はまってるミラーの間から、

もう1匹ハチが出てきまして。

…まさか、増えるとは。

サイドミラーのスキマなんてめちゃめちゃせまいじゃないですか。

むしろスキマなんてあったっけ?ってくらいじゃないですか。

でもそこから1匹這い出してきて、2匹ともミラーのところをうろうろしてんですよ。

なんなのこいつら。サイドミラーから蜜とか取れないよ?

…んで結局運転してても離れる様子が無いので、

そのままホームセンターに直行してハチ専用の殺虫スプレーを買って。

念のため人のいないところまで移動して、

2匹のハチがサイドミラーの中に隠れたところを見計らい、

ビニール袋をかぶせて一気に噴射!

まるで誰かの首をしめるかのように、ビニール袋をきつく持ち、噴射&噴射。

その時の顔はさながらサスペンスドラマで出てくる

怒りに震えながらメッタ刺しする犯人のようだったことでしょう。

…でまあ、無事にね、やっつけることができまして、

あとは腕利きの刑事があらわれない事を祈るばかりなんですけども、

そのサイドミラーの中で死んだハチを出そうと思い、中を覗いたら…、

なんと、中にちいさなハチの巣が!

ええええええ、な、なぜこんなせまいところに!!?

お前どこでもいいのかよ!もっと発展性のあるところにいけよ!

…なんて言っても当人は死んでおりますので、

しょうがないので殺虫剤をさらに噴射して、なんか不自然にやわらかくなったところで

むりやり中から出しました。

…あーもう、なんでこんな意味不明なところに巣を作ったんかなあ。

そういうのはもっと山奥とかでやってください…。

 

森の小道

7年半くらい前、「WOODLANDPASS」という同人誌を発行しました。

まずは、そのなかのひとネタをどうぞ。


130612woodlandpass.gif


こういうの、描いてみるもんだなあ。ほんと、なあ。

そういやこの頃はまだつけペンでしたね。タブレットも持ってなかったし。

なもんで今と比べると結構ガタガタですね。それでもこの時は全力でしたけども。

いやーそれにしても、ここ最近でここまで楽しみなタイトルって無いよね!

発売が本当に楽しみです。スマブラ。

 

大破さんの原付のタイヤが大破事件

昨日今日と泊りがけで、大破さんが遊びに来ました。

パンクした原付に乗って…。

つか来たときに「なんか空気圧おかしいんだよね」て言うから、

「それパンクなんじゃないの」って聞いたら

「たぶん違う」みたいなことを言うんですよ。彼が。

でね、まあそんな話はそこそこに、

ウチでまたボードゲームの話をしたり、

風来のシレンを素もぐりで遊んだりしたんですけども、

昼飯食べに行ったあとにその原付のタイヤを確認してみたら、

ブッスリと釘が刺さってて。しかも2本。

パンクじゃねーか!!!!!

そんなベタなパンクあるかよ!!!!

昼飯の時にね、結構マジメな話とかしたのに、

そんなマジメな話を展開する人の原付に釘が2本ですよ。

オレもう、どう受け止めればいいんだよ(笑)!

何が本気で何が冗談かわかんねーよもう!!!

彼は解散後、その足で修理しに行きました。

…なんていうか、さすがだ……。

 

ついに

ついにこの話を書く時がきました…。

告知です。

芳文社さまの雑誌「本当にあった(生)ここだけの話」ていう

実話系4コマ雑誌で、サイトウユウキが商業デビューしました。

サイトウユウキというのはハンカチ王子(二軍)の事ではなくて

ワタシがネタを書いてヨメさんが絵を描くというユニットのことです。

創作4コマサイト「フロシキ」のほか、

たまに告知するヘタリア同人誌「へたなまんが」などもやってます。

…そんな活動を続けていたら、

このたび…ついに雑誌に書かせていただくことに。なりました。

今日からもう全国の書店に並んでますので、ぜひどうぞ。

もちろんサイトウユウキでお仕事を頂いたので、

読者さまの投稿をもとにワタシがネタを練って、

ヨメさんがマンガにしてます。仕組みは同じ。

誰かの文章をもとにネタを作るってのは、満月さんに近い気もしますね。

…って、満月さんが言ってました。

であのー、おそらく、このサイトを見てらっしゃる方からすれば

「なぜこの雑誌?」と少なからず感じるのではないかと思いますけども(笑)、

そこは…むしろ未知のジャンルで新しいアプローチができるんじゃなかろうか?と考え、 

お受けさせていただいた次第でーございます。ははは。

あーそうそう、ちなみに、

連載ではなくゲスト扱いなので、掲載されるのは今回と、あと1回?くらい?です。

でも面白いって言ってくださる方がいればもっと続くかもしれませんし、

また別の可能性も開けるかもしれませんので、

もし面白いと感じたら、ぜひ応援してくださいまし…。

感想は…拍手ではなくアンケートはがき的なものを通して(笑)!

よろしくお願いいたします。


今回の話で、自分の中でひとつ大きいなと思うのは、

今まで「勝手に頭の悪い事を発信する人」から、

「頭の悪い事を発信してお金をもらう人」になった事。です。

ずいぶんと大きい壁を越えたなあ!と思います。

こつこつやっててよかったね…。

あとは…クインデキムもそうですけど、お金どうこうと言うより、

こういう経験って普通の人生ではなかなか体験できないことですのでね、

これで満足しないよう…また新しい体験ができるようがんばりたいと思います。

なんかギャグマンガの宣伝なのにマジメだな。

知らない野草でも食べて寝よっと。おやすみ。一生。


今日の日記は本来11日付けでやるべきなんでしょうけども、

タイミングの問題と、個人的に思うところがあり10日付けで投稿しています。

公開は11日になってから行っていますので、関係各所はよしなに…。