体験会無事終了しました

131125taikenkai01.jpg

イエローサブマリン秋葉原RPGショップでの合同体験会、無事終了いたしました!

当日お越し下さった方、また出展されたサークルの皆様、

イエローサブマリンのスタッフの皆様、

良くしていただき本当にありがとうございました…。

終始なごやかな雰囲気で、

また空いた時間に他サークルさんのゲームなんかも体験できたりして…。

12時開場で18時までやってたんですが、ヒマらしいヒマは無かったですね。

個人的には、販売はイエローサブマリンさんでやっていただくので、

遊びと解説に焦点を絞って対応できたのがまた良かったです。

そして何より、皆さんのナマの反応が見れた…というのがすごくうれしくて。

ホントにいい時間を過ごせました。重ねて御礼申し上げます。

引き続き、パッチーズと我々ロッキンチェアーをどうぞよろしくお願いいたします。

…ああそうそう、

131125taikenkai02.jpg

陶芸の名匠・偽野贋作氏による幸福のツボを30万円で販売しておりましたが、

こちらは買い手がつきませんでした。贋作氏の舌打ちが聞こえてきそうです。

ただお客さんの反応はよかったですね(笑)!

みんないい人でしたよホント。笑いってすばらしい。


ちなみに遊んだのは「ワンナイト人狼」「暗殺狂時代」

ワンナイト人狼はもうなんていうか、発明に近かったなあ…。

まずそもそもね、人狼がすごい流行ってるんですよ。ボードゲーム界隈で。

先日のゲームマーケットもめちゃくちゃ人狼サークルが多くて。

…人狼は、人と狼にランダムで分かれて戦う心理戦。

自分は何者かわかってて、お互いは何者か知らない状態。チーム戦だけど。

そこでうまく敵対する相手をあぶりだして、生き残るっていうゲームです。

狼は人のフリして、また人は狼をゆさぶるためにあえて狼のフリしたりして…。

でね、人狼って結構ワンプレイが長いんですよ。

長いっていうか、ちゃんとしたルールでやると数日かかるという。

それを、超ライトに落とし込んだのがこのワンナイト人狼。

すーごいよく出来てて、サークルの方の説明もうまくて、すごかったです。

ちょっとウラ話も聞けたりして(笑)。面白かったなあ…。

暗殺狂時代は、ドラフトゲームというジャンルなんですって。

つってこのゲーム遊ぶまでドラフトゲームって知らなかったんですけども…。

4人にまず7枚のカードが配られて、

そこから1枚とって、それぞれ次の人に残りを渡す。

これを繰り返していって、最終的に手元に来た7枚で勝負するというもの。

この「取る動作」から勝負が始まってて、

例えばあるカードは、1枚持ってると得点もらえるけど

2枚持ってるとその回は0点で終わっちゃうという効果を持ってて。

そうするととりあえず1枚は確保したいんだけど、

最後の最後にそのカードがまわってくる可能性があるので、

相手がどういうカードを取ったのかをよく考えて、

自分の手持ちをそろえていかないといけないという。そんなゲーム。

…でまたうまいことできてるのが、7枚のうち4枚は公開して置かないといけないのね。

だから、あんまり序盤で伏せたカードを置き過ぎると、

後半自分にとっていやなカードをひかざるを得なくなったとき、

公開で置くしかなくなって、とても不利になってしまう…。

そういう自分の手持ちや相手の動向、カードのまわりをよーく見きって、

立ち回るのが楽しいゲーム。でした。

正直最初は「えっ今オレなんで死んだの?」「なんでポイントもらえたの?」って

カンジで理解できなかったんですが、2巡目あたりでこのゲームの本質が見えてくると、

ぐっと面白くなってきましたね…。いいゲームでした。

ウチらもがんばらないとなあ。ツボとか置いてる場合じゃないわ!


すっごい余談なんですけど、

ワタシちょいちょい「このサークルのデザイナーさんですか」って聞かれまして。

ボードゲーム界隈だと作り手のことをデザイナーって呼ぶんですかね。

なんか、歌手をアーティストって呼ぶような、絵描きさんを絵師って呼ぶような、

なんか恥ずかしい気持ちになりまして(笑)、

思わず「はい、まあ全部やってます」とふわっとした返答をしてしまいました。

なんだろうねえアレ。なんか気恥ずかしい。デザイナー。あはは。

ちなみに他のサークルさんだと、

ゲームを作る人と絵を描く人は、かなりの確率で別々の場合が多いようです。

ウチはシステムは3人で、絵はその中の1人、

つまりワタシなので…これも珍しいっぽい。です。いろいろ違うもんですね。