うわあ2018年かよ

あっ…あけましておめでとうございます。2018年です。

今これ読んでる人いるのかっていうくらい

すっかりと放置してしまいました。

管理人のジャジャです。

いや、管理人だなんておこがましいかも。

管理してないもの。なあ。じゃなんなのここ。なあ。空き地か。

…2016年、2017年を振り返ると、

本当に人のために尽くしていたなあと感じます。

仕事の後輩がたくさんできて。そういう職についたってのもあって。

創作はサイトウユウキ、サイトウニガミとしての活動がメインとなり。

公私ともに、現実世界で守るべきモノが激増しました。

ロッキンチェアーの活動も一度閉じなくちゃいけないほど。

すげーな。終末か。

ポストあぽスト…違う、言えてない、ポストアポカリプスですよ。

サイトウニガミとしてみれば年間400本くらい

4コマ書いてるんですけどね(笑)。ここにおろせよっていう。

そんなカンジでした。資格試験やったりもしたね。

…要するに、すんげえ働いておりました。

で。2018年。

2018年はですね、もう決めてあるんです。

バーチャルyoutuber「忖度くん」としてやっていこうと。

誰かの悩みを聞いて、聞いたふりして、

最終的にはそんたくァ!!とか言いながら殴って気絶させ、

有無を言わさず留置所にブチ込むっていう。

それが忖度なので。意味とか無いです。やりたいだけです。

…ということで、まあそんな事はしませんが、

ネットのはじっこでリハビリしつつふざけた絵をかけるよう

今年こそははりきって参りたいと思います。

以上年頭所感でした。

ちなみにこれiPadで書いてます。

とにかく時間が無いので、時間を有効に使うために

iPadで創作の大半をなんとかしてやろうという魂胆です。

とにかくやってみる。それしかねっす。ははは。

…なんか行間とかおかしいな。まあとりあえずこんなもんで。

すみません。

 

ArtALIVE!続編発表

メガドライブ「アートアライブ(ArtALIVE!)」
25周年おめでとうございます。

1992年3月27日にアートアライブは生まれました。

当サイトではアートアライブ25周年を執念でお祝いいたします。

このインターネット社会においてほとんど動画も作品も無いという

不遇な作品ではありますが、

…まあなぜ不遇なのかは容易に想像つきますけども、

それでも青春時代を少し捧げてしまった私にとってこのゲームは

とても大事なゲームでして。お祝いせざるを得ないだろうと。

ちなみに念のため言っておくと、アートアライブというのは

メガドライブのお絵かきソフトです。

マリオペイントより先に発売されています。ここ重要。

んであのー、

ワゴン売り500円で2兆円分は遊ばせてもらったであろう

私的コスパ最強のこのゲーム、やはり続編が欲しくなるところ。

でもまあこのゲームの続編は今のコナミからワイワイワールドが出るくらい

確率的には低いものですが、…なんと!あのSECA社から!

ついに!続編が…!

SECA社といえばコンバットアーマーのレンタルでおなじみのあの会社ですが、

まあ続編が出るならなんでもいいです。

ということでその体験版を入手しましたので!

スクリーンショットを!全宇宙に先駆けて公開!いたします!


170401artalive01.png

こちらがそのスクリーンショットです。

その名も「ArtALIVE!2」ですよ!ツー!

変なところにビックリマークあって気持ち悪い?

いやいやこれがいいんですよ。何より夢にまで見た2作目ですから。

それにしてもきらびやか!

実はこれスーパー32Xなんですよ。

どおりで発色豊か!TEMPOのタイトル画像みたい!

170401artalive02.png

こちらは従来のインタフェース。おなじみですね。

新しいインタフェースはこちら。

170401artalive03.png

まず!パレットの色数が倍増しました!すごい!

もちろんあのクソ使いにくいパターン塗りもそのまま!

ちなみに色数が増えたとはいえ、

またいくつかのカラーパターンから選ぶ方式です。

アートアライブは絵を描く精神も鍛えられますので、

勝手な色変更は許さない仕様です。さすがです。

そしてツール群!

全世界待望の拡大ルーペと、範囲選択が実装されました!

す、すごい…。すごすぎる…。神アップデートやばい…。

でもそれだけじゃないですよ。

な、なんとレイヤが1枚追加…!

ちょっとヤバくないですか。

スーパー32Xのスペックでもギリギリなんじゃないですか。

1枚レイヤが追加されるっていうのは、もう神への挑戦ですよ。

ウチのヨメさんはPCで絵描くときレイヤを数十枚ほど使うらしいですが、

それはたぶん本当の意味のレイヤじゃないですね。違うやつです。

知らないやつ。レイ…レイストームですたぶん。タイトーの。

あれのレーザーのロックオン回数の事を言ってるんだと思います。

んで…線幅!5段階にアップ!太線もラクラク!

そしてカーソルスピードが5段階から10段階に!

もう1段階目と2段階目の差がちょっとありすぎじゃん…とか

悩まなくてすみます!最高!

まあ、もちろんマウス非対応ですけどね。

そこはもう、アートアライブのアイデンティティですから。

え、ていうかパッドで描けない絵なんてあります?

ないし。そんなの。ないない。

…つかここまで来たらもうわかってるかとは思いますが、

アンドゥは1回です。

増えませんよ回数。据え置きです。何か間違えても、戻れるのは1手だけ。

あのねー、結局人生って後戻りできないじゃないですか。

それでもこの、1手戻るっていうのを実装してくれるやさしさ?

ありがたい。消さないでくれてよかった。ありがたい。

そういう発想だからセーブも相変わらず実装してないしね。

じゃあ人生でセーブできますかと。そういう事ですよ。ねえ。

あとはちょっと画面入手し切れてませんが、

フォントがカタカナ対応になったり(前作は英数のみ)、

テンプレが増えてたりするようです。まあそこはね。おまけみたいなもんです。


でね。

170401artalive04.png

これは前作で描いたイカちゃんですが、

…まあ、まだ改善の余地がありますね。

そりゃもう、アートアライバーの道は険しいものです。

170401artalive05.png

ほとんどの人は、せいぜいこうやってね、

スタンプを置いて遊ぶくらいに終始してたわけで…

でも!でもですね。

2作目で追加された編集や拡大、そしてレイヤ。

これがもうメチャメチャ便利!すごい!すいすい描ける!

まるで、ニンテンドースイッチのjoy-conが

絵を描くときの左手デバイスとして有用という話を聞いて

さっそく使ってみたらこれがもう快適…そんな気になるほど!

んで!

なんだかんだで!

170401artalive06.png

ここまで描けるようになりました!!

アートアライブですよ!? アートアライブでここまで!

いやもう、うれしくてうれしくて…。ありがとうSECA社。

…これはもう、売れますね。売れる。

すでに銀河系で8那由多個くらい予約あったらしいですよ(那由多=10の60乗)。

ということで、

前作の良いところはしっかり残しつつ正統進化したアートアライブ2!

私も今から予約します!みなさんもゼヒ!


170401artalive07.png

なぜか用意されているフルカラー版。

 

トップ絵を…

トップ絵を変えました。

2色、4色、8色、16色で。

4色がスキかなー。16色めんどくせー。

ずっとちまちま描いてたんですが、ようやっとお披露目…。

ホントはもっといろいろ凝りたいところですが、

今はこれくらいが限界。です。まあいいじゃないか。

落書きはtwitterかなんかにあげたりしてますので

そちらをどうぞー。つっても最近全然ですけど。


そういやもうnintendoswitchまで半月くらいですよ。

ワタシ予約しました。ゼルダとワンツースイッチ。

予約開始日に始発の電車に乗って、ヨドバシに並びましたよー。

30番目くらい。速攻並んだ。

そしてその足でビックカメラに並んで、ヨメさんの分をもう1台予約。

ひどく疲れましたが、楽しみです。

ゼルダはもちろん、その1か月後のマリオカートも楽しみ。

マリオカート8、遊んでないんですよ。タイミング逃して。

いやーいいタイミングでデラックス版出すなー。うれしい。

…あーそうそう、予約でひとつ失敗してもうて。

joy-conをくっつけるアタッチメント的なヤツが本体についてくるんですが、

別売りのやつはそれでjoy-conを充電できるのね。

うわーそれがよかった。家でやる機会多いしそれ必要。予約してなかった。

amazonみたらぼったくり価格。遅かった。

悔やまれるなー。価格吊りあげてくるヤツむかつくなー。

そいつを吊るしてやりたいなー。パリパリに干したいなー。

まあいずれ買おう。

switchはWiiUを経てようやくやりたいことができてる感あるので、

人気出るといいっすね。

控えているラインナップもNewマリオとかお茶を濁すようなタイトルじゃなくて

据え置きにふさわしいカンジだし、ホント、期待してます。

 

Brother7

むかしむかしあるところに
7匹の子ヤギとお母さんヤギが住んでいました。

ある日、お母さんヤギが言いました。

最近この周りをオオカミがうろついているから気をつけなさい。
お母さん以外の誰かが来ても、いついかなる時でも、
絶対にドアを開けてはいけませんよ。
それじゃお母さん、買い物に行ってくるから。

こうしてお母さんヤギは出かけていきました。
7匹はなかよくお留守番です。


お母さんヤギが出かけて間もなく、ドアをノックする音が聞こえました。

お母さんだけど、開けてくれる?

明らかにお母さんヤギの声ではありません。

子ヤギたちは息をひそめて静かに待ちました。
しばらくするとドアの向こうから舌打ちと、遠ざかる足音が聞こえました。
どうやら無事やり過ごせたようです。

しばらくすると、またノック音が聞こえました。

お母さんだけど、開けてくれる?

今度はお母さんヤギの声がします。
うれしくなって7匹目の子ヤギが開けようとしましたが、
2匹目の子ヤギがそれを止め、鍵穴から外をのぞくことにしました。

なんと、お母さんのものとはとても思えない、黒い手が見えます。

子ヤギたちはまた息をひそめました。
バンッ、という扉を蹴った音と、遠ざかる足音が聞こえました。
今度も無事、やり過ごせたようです。
ほどなくして、また声が聞こえました。

…お母さんだけど、開けてくれる?

明らかにオオカミの声です。
子ヤギたちが息をひそめて静かにしていると、オオカミはこう続けました。

いるのはわかってんだよ…うまそうな子ヤギがな。
お母さんは留守だろう?しかも出かけたばかりだ…。
6匹…いや、7匹だな。7匹。
いいか?お前らにチャンスをやる…。
今から5分間だけ待ってやる。その間におとなしく出てこい。
出てくれば命だけは助けてやる…。

さあ大変です。きっとオオカミはどんな手を使ってでも入ってくることでしょう。
なんとかしてやり過ごさなければなりません。

1匹目はベッドの下、
2匹目はドレッサーの下、
3匹目はテーブルの下、
4匹目は暖炉の中、
5匹目はイスの下、
7匹目は、柱時計の中に隠れました。

6匹目はパニックになり、窓から逃げ出してしまいました。

…5分と経たず、オオカミは窓から入ってきました。
口から6匹目の子ヤギがつけていたスカーフを吐き出すと、
次々と5匹の子ヤギを見つけて、飲み込んでいきます。
しかし柱時計に隠れた7匹目の子ヤギはとうとう見つからず、
名残惜しそうにオオカミは去っていきました。

しばらくして、お母さんヤギが帰ってきました。
お母さんは荒れ果てた家を見て、泣き崩れてしまいました。
そこへ…7匹目の子ヤギが柱時計から飛び出してきました。

まあ!ほかのみんなは?いったい何が起きたの?

7匹目の子ヤギは事のてんまつを話しました。
お母さんヤギは見たこともない憎悪の顔を浮かべ、
オオカミの足跡をたどりながら走りました。

夢中で足跡を追いかけていると、ついに河原で寝ているオオカミを見つけました。
お母さんヤギは、もっていたハサミでオオカミのおなかを斬りました。
痛みで起き上がるオオカミを大きな石で殴り、気絶させ、
一心不乱にオオカミの腹をジョキジョキと斬るお母さんヤギ。

すると…中から丸のみにされた子ヤギ達がどんどん出てきました。
7匹全員、みんな元通りです。
安堵の顔を浮かべたお母さんヤギは、ポツリと言いました。

石を…こいつの腹に入れるのよ。

子ヤギたちが集めた石は、オオカミのお腹にどんどん詰められていきます。
どんどん、どんどん…
最後にお腹をおかあさんが縫い合わせたとき、
オオカミは目覚めました。

き、きさまらはさっきオレが丸のみした子ヤギどもじゃないか…
お前ら、オレに何をしたんだ?

お母さんヤギは言いました。

我が子を食らう悪魔め…!子どもたちは返してもらいましたよ。
あなたは一生石を腹に詰めたまま、苦しんで生きるのです。

するとオオカミは、ふらふらと立ち上がりながら、
大きく笑って答えました。

悪魔…?どっちが悪魔だろうな?
確かにオレはお前らを食った。まぎれもない悪魔だ…。
だがな、本当の悪魔はそこにいるお前らの母親だ!
いいか、お前ら子ヤギは本当の――

そこまで言いかけた瞬間、
お母さんヤギがオオカミの顔にハサミを突き立てました。
オオカミはどす黒い血を流すやいなや、
大きな霧とともに消えてしまいました。

お母さんヤギは、天を仰いで大きく笑い、
みんなで仲良く家路についたのでした。


…そして、ある晩。

1匹目の子ヤギが、夜中に起きて、こうつぶやきました。

もう、こんなことはやめよう。

それを皮切りに、2匹目、3匹目、4匹目、5匹目、6匹目と目を覚ましました。
7匹目の子ヤギは1匹目に起こされ、6匹で外に出ました。

外に出ちゃいけないんじゃないの?

7匹目の子ヤギはそう問いかけますが、6匹は無視して歩いていきます。
少しして、ひとつのお墓にたどり着きました。

これは?

7匹目の子ヤギが聞くと、6匹目の子ヤギが言いました。

これは…ぼくの弟のお墓だよ。7匹目の。お墓。

意味が分からず考え込む7匹目の子ヤギ。
自分が7匹目ではなかったのか?
本当は8匹いたのか?それとも、これは自分の墓なのか?

1匹目の子ヤギが、口をひらきました。

ついてきて。

7匹はまた歩き始めました。
歩いて、歩いて、歩いて…
子ヤギたちは、小さな洞窟を見つけました。
ためらわず、奥へと入っていきます。

狭くて暗い、洞窟の道。
その奥の、少し開けた場所に…

ガタガタの線で書かれた魔法陣がありました。
魔法陣はぼんやりと赤い光を放ち、
まるで子ヤギたちを迎えるかのようでした。

なぜこんなところに魔法陣があるのだろうか?

7匹目の子ヤギが、その魔法陣について尋ねようとしたその時。
1匹目の子ヤギが、声をあげました。

ねえ、その魔法陣…何だと思う?

他の皆は下を向いたままです。

黙ってられないから…言うね。
この魔法陣は、お母さんが作ったんだ。
なぜこんなものを作ったかって?
それは…

7匹目の子ヤギの眼を見て、1匹目の子ヤギが続けます。

君をヤギの姿に変えるためなんだよ。
君は、本当はヤギじゃなくて、人間なんだ。
僕たちを飼っていた…飼い主なんだよ。

僕たちは7匹の兄弟だった。
でも、ある日7匹目が病気になって、死んでしまったんだ…。
お母さん、ものすごいショックを受けて…
どうにかして、元の生活を送りたいと考えてさ。

思いは日に日に強くなり、
それは飼い主であるあなたへの逆恨みになっていった。
そしてそんな憎悪の念から、悪魔との契約を思いついてしまったんだ。

悪魔に促されてお母さんは魔法陣を書き、
あなたは記憶を失い、ヤギにされてしまった。
…お母さんはとても喜んだよ。死んだ兄弟が生き返ったわけでもないのにね。

けど、それで終わりじゃなかった。
悪魔は…僕たち全員を食べようとしたんだ。
僕たちを執拗に狙っていたオオカミ、あいつこそが悪魔さ。

きっとお母さんは、わかってたと思うんだ。狙われるってこと。
でも、僕たち全員が食べられるリスクを背負ってでも
7匹のころに戻りたいと願うようになってしまったんだ…。

だからお母さんは、ぼくたちを守る一心で家から出さなかったんだ。
もうわかってると思うけど、あの家は、あなたの家なんだよ。

今までだまっててごめん。怖かったんだ。
悪魔もそうだけど、なによりおかしくなったお母さんが…。

でもそれもおしまい。
悪魔も死んだ今、この魔法陣を消せば、あなたは人間の姿に戻れるはずさ。
そうすればあなたとぼく達は、また飼い主と家畜の関係になれる。
それはお互いのためさ。さあ、…消してくれ。

苦悩する7匹目の子ヤギ。

でも…みんなと暮らした時間を……

それを6匹目の子ヤギが叱責します。

いいんだ!ぼくの弟は死んだ!誰のせいでもない!
あなたは人間だ!私たちといた時間は楽しかったかもしれない!けど!
人間には人間の幸せがある!あなたを失って悲しんでる人もいるんだ!
だから、早く…

その先を言い終わる前に、洞窟にお母さんヤギがあらわれました。
恐怖で硬直する子ヤギ達。
お母さんヤギはの1匹目の子ヤギの肩をつかみ、やさしく話しかけました。

すべて…話してしまったのかい?

1匹目の子ヤギは、しずかにうなずきました。
その瞬間、お母さんヤギは持っていたハサミで
彼のおなかを引き裂いてしまいました。

あれほどしゃべるなと言っておいたのに…
7匹揃わなきゃ意味がねえんだよ!!!

吐き捨てるように言うと、
私は何もしてないと必死に訴える2匹目の子ヤギの首をもぎり、
1匹目のお腹に詰めました。
笑い転げるお母さんヤギ。

その隙をぬって、残りの子ヤギが外に逃げ出しました。
しかし、お母さんヤギはゆっくりと起き上がると、

出口ならつぶしておいたぞ!!!
あとでゆっくり話をしようじゃあないか!!!!

そう叫ぶなり、魔法陣の横で立ち尽くす
7匹目の子ヤギに目を向け、こうつぶやきました。

せっかく、7匹に戻れたのにねえ…

物悲しそうなその手には、力強くハサミが握られていました。

おしまい。


2年くらい前、身内でやろうとしたTRPG(つかサウンドノベル)のシナリオを

加筆修正して一本のショートストーリーにしてみました。

いつも思いますが、笑いと恐怖は紙一重…ですね。

プレイヤーは子ヤギです。プレイヤーの数だけ人間に戻るという。

実際は分岐があって、出ちゃいけないのに出ちゃうエンドとか、

最後ハッピーエンドとか、いろいろ。ちょこっとテキスト残ってます。

…それにしても、ものすごい放置ぶりで申し訳ないです…。人生はままならない。

今はいわゆる、「一生どうでしょうします」みたいなカンジでして、

ずっと創作活動するために少し充電してるような。状況です。

日々もんのすげー働いております。創作脳はフロシキに全部振ってます。

twitterはほとんど帰りの電車で見てるだけ。

同人活動はもうこうなる状況がある程度見えていたので今年度は凍結。

土日は簡単なプログラムに手を出したり、仕事したり、なんだり。

ゲームは全然やれてません。積みっぱなし。普段はツムツムと…デレステを少し。

正月やりこみたい!つか正月までできねー!デッドラ4出ちゃったよ!

もう、サイトやれないならTYPでtwitterアカウント作って

ネタはそっちに吐き出す方がいいかなーとか。ねえ。あはは。

死神飯店と商業でやってる「まる生」は、我ながらよく続いてると思います。

ちゃんとネタ書いてますよ。書いてますとも!

今日は少し時間が出来たのでガッツリとサイトにフィードバックしました。

さあ、またがんばろう。

 

アウトロちゃん

160814outlaw0001.png

MOTHER2のポーラを結構描いてましたが、

あいつにはもっと可能性(悪事の)があると思ったので

きちんとオリジナルキャラに昇華させてみました。

全然自サイトで創作できてない(サイトウニガミとしてはいろいろやってますが)ので

まあ気晴らしに、みたいなね…。

ハッチー描くより建設的だし!

それにしても、最近は資格試験の勉強なんかもやってまして、

休みが休みじゃないみたいです。いそがしー。めんどくせー。

早めにUNDERTALEクリアできてよかったなあ…。


あ、何度か書いてますがsteamのUNDERTALEていうゲーム、いいですよ。

めちゃくちゃいい。並みのRPGじゃ太刀打ちできないほど、いい。

3種類のエンディングと、

3種類目のエンディング後に2種類目のエンディングを見る…とこまでやってます。

MOTHER1、3あたりが好きな方にオススメです。

MOTHERは2だけ好きという方にはオススメしません。

あと、反射神経か根気が必要。

アーケード向けシューティングゲームを、

クレジット無限設定でもいいからクリアできる…くらいあれば大丈夫です。

 

LBGTのはなし

最近書けてないとか反省とかやめた。つらいだけだ。書けるときに書いていこっと。

えっとー、日々のネタづくりで悩ましいコトがありましてね。

LGBT問題。問題っていうのも変か?まあいいか。

LGBTっていうのはロングゴリラばたばた倒れるの略ですので

何か奇病の可能性が…もううるせえよ。ロングゴリラってなんだよ。

レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字です。

レズビアンは女性が好きな女性、ゲイは男性が好きな男性、

バイセクシャルは男性も女性も好きな人、

トランスジェンダーは自分の性別が身体と合ってない人。

大枠では「セクシャルマイノリティ」とか言われています。性的な少数派、ね。

でも本当はこれでくくれない人もいらっしゃるんですよね。

単純に女装が好き!ってのもセクシャルマイノリティのひとつだったりして。

であのー、

何が問題かっていうと、個人的には誰が誰を好きでも別にどうとも思わないというか、

それならそれでいいじゃんとか思うわけですね。

ただまあ言っても少数派なので、へー、くらいは思いますけど。

他の人とは違うアピールしたくてセクシャルマイノリティを気取るブスなんかは

ロングゴリラにばたばたと倒されればいいと思うんですけど、

まあ、どうでもいいわけです。

ワタシのなかでは、そんな事気にしない世の中が一番いい…と思ってるんでしょうね。

…けど、今度はそれを個性として見たときに、

どうしても作家からすると魅力的に映るわけじゃないですか。

マンガのネタを考えるとき、どうしても個性的なキャラって必要で、

やっぱりまあ、オネエキャラみたいなのはすごくいいし、

ナチュラルにそういう発想を持ってる人もすごくいいわけです。

WEB連載中の死神飯店には「ラム田肉麻呂」っていう妖しい肉屋がでてきますが、

超破天荒で、彼女(彼)が出てくるときのネタを書くのは本当に楽しい(笑)。

同じ作品に「リズ」というのがいて、そいつはかわいいもの好きでして、

ナチュラルに主人公であるキリの事が大好き。とても楽しいキャラです。

けど、果たしてそれでいいのだろうか?

…たびたび、悩むわけです。どういう落としどころにするかっていう。


でまあ、最近ひとつの結論に至ったわけなんですけど、

キャラクターとしてはもう、出していこうと。個性はいただこうと。

ただ、性的にナイーブな部分を指さして笑うようなネタはやめよう…と。

なんかねーこれはまた難しい話なんですけど、

一部のセクシャルマイノリティの方は、

セクシャルマイノリティでメシ食ってる部分があって。

でまたこれを言い出すと、普通に暮らしたいセクシャルマイノリティの方、

メシは食ってるけど性的な部分まで出さない方、性的な部分をむしろ出しちゃう方、

それを芸術だと思っている方、本能や自然体だと思っている方、

それでメシ食うのは現状仕方がないと思っている方、

そういう仕事は一切やめるべきという方、etcetc…。

最終的にセクシャルマイノリティ同士の壁みたいなのも出てきて

もう結論なんか出ねっす、みたいな。

まあこういう話題に限らず、なんでもそうですよね。

どんなものもカテゴライズできるわけじゃないっすからねー。

ただそういうものを抱えている方は

少なからずその部分への思いがあると思うので、

どういう方向にせよ、そこを変にいじるのはよくないかなー、みたいな。

ワタシ自身はセクシャルマイノリティではない…ので、

いくら言っても、どこか理解できない部分もあるだろうしね。なーんて。


そんなことを日々考えながら、今日もネタを作るのでした。

ちなみになんでこんなことを書いたかっていうと、

自前でやってるマンガはともかく、実話系マンガが苦しいんだよねー。

投稿を…ねえ。あとは察してください(笑)。

 

うえやまとち

えっとー、世の中的に言うなれば、

いわゆる主任?みたいな?役職に?なった?ジャジャです。

サイト始めたときは仕事もしていませんでしたが、

もうだいぶ経ちまして、仕事にありつき、

仕事場では主任、みたいなことになりました。

主任は、ヨメさんに言わせると、

クッキングパパと同格らしいです。

…その地位、高いの?低いの?

アゴは強制的に手術する?しない?しない!

まあ現在の仕事は海岸に流れ着いた空き缶を拾って

産廃業者に売るという、いわゆるスーパーメディアクリエイターですので

もちろん毎月の給料はトヨタの社長と同額ですけども、

今度は仕事の質がかわりまして、

今までは自分で空き缶を拾って納めていましたが、

空き缶を拾うようにお願いする立場になるという…。

もちろん神にね。ピクリとも動かない空き缶を前にして神に祈るという。

あーめんどくさいなー。

自分で拾ったほうが早いなー。でもそれじゃダメなんだよねー。

あとあの、そういう立場の人が、

人外サイコーとか言いながらキャッキャしてていいのかっていうね。

それは良しとする。

まあとにかく、そのあたりは適当に流して、

もっといたずら描きができる環境にはやく戻していきたいもんです。

去年から今年まで、ホント人生のイベント多すぎ。

何気に仕事の環境もガラリと変わって、通勤時間が2倍以上になりました。

そこにきてウチのヨメさんは楽しそうな顔してぐうぐう寝てさあー…。

いいなあ。でもまあ、いっか。それがいいし。それも良しとする。


通勤時間が2倍以上になったので、VITA稼働率が上がりました。

とにかく!「ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団」面白いです。

メインヒロインであるドロニアさまが若干棒読みなのと

すこしいやらしいイベントのおかげでVITATVでは遊べませんが、

このゲームの特色である、3DダンジョンRPGなのに

「3Dダンジョンの壁を任意で壊せる」というギミックのおかげで、

いい意味でアバウトさ加減が出て、すごく探索が楽しいです。

全部屋まわりたくなるような、

PSP版「ブランディッシュ」の心のトキメキ再来!てなカンジですねー。

よかったらゼヒ。

そうそう…並行して「ダライアスバーストCS」やってます。

これも絶叫したいほどイイ!DLCも高いけど見合った内容になってる!

そして家庭用ゲーム機向けに配信となった

ひたすら落下していくアクションシューティング「Downwell」も最高にイイ!

やっぱVITAポテンシャル高いと思うんですけどねー。どうすかねー。

 

あの日のできごと

もんのっすごく今更ですが…

ゲームマーケットにお越しいただいた皆様、ありがとうございました!

ちなみに当日は、すんげーお子様ウケがよかったです(笑)。

絵柄のせいもあるのかなあ。毒、満載だけどなあ。

中でも、ひとりでウチのサークルに来て、まじまじと作品を観た後、

「個性的ですね」と言った小学生と思わしき子がいまして(笑)、

個人的にその子がMVPでしたね…。

なかなか面と向かって個性的ですねって、言われないものですから…。

それが終わってからまたすげーいろんなことをしておりまして、

ホント報告が遅れて申し訳ありません…。

ゲームマーケットに参加すると、いろんなものが犠牲になるのよ…。

まあその最たるものが積みゲーだったりするんですけども。

出てすぐ買って、遊ぶころには旬を逃す、みたいな。

大変ねえ。

店舗委託はイエローサブマリンさまと、もう1か所予定しておりまして、

個人通販は在庫極少です。

いろんな人に見てもらいたいもんで…。

なので確実に欲しい方はロッキンチェアーの通販をご利用ください。

この機会を逃すと、あーでもどうなるんだろ?もう1か所のほうはまだ確定じゃないんですけど、

結構有名な場所に置いていただけそうな。予感です。

がんばりまーす。


最後に言い訳を書いておきます。

イベント後から仕事のほうがあわただしくなってまして、

旅行に行ったりできたものの

イマイチ時間の取れない日が続いています。

時間が取れても、ぐったりして、本気の休息をとってるような。カンジ。です。

公私の私の部分も、公に時間を割かないといけないようになってきました。

お給料もその分上がりそうですが、うーん…。

つかちょっと前まではtwitterで近況を…なんつってましたけど、

最近では近況もつぶやけてません。

この状況はしばらく続きそうで、見た通り、創作活動にも影響を与えています。

そういう年齢になってきたのかなあ、とも思いますが、うーん。困った。

ということで、

原点に戻れるようにちょっとリブートしたいと思います。

要するに、開き直りです。

そもそも、

ウェブサイトやってボードゲーム作って創作4コマ(死神飯店)のネタだしして

お仕事(まるなま)の4コマも書いて…って、

サラリーマンの限界超えてますもの(笑)。

これらみんな、仕事があるから楽しくやれるし、長く続けられるわけで。

お金がなかったら、なんにもできないからなあ。

…まあそういうわけで、楽しそうな部分はヨメさんにまかせて、

今はちょっとお金を稼いでこようかな、と思う次第です。

ずるずる来てしまってるので、7月くらいからきちんと、やりたいですね。

でないと、

なんのために自分用の書斎作ったんだか、わかんねーわ。

 

5月5日はゲームマーケットの日

もう、明日ですね。ゲームマーケット。

東京ビッグサイト「I:14」ロッキンチェアーにてお待ちしております。

新作「WeeklyAbductor」をはじめ、過去作2本、

あとささやかながら、100円ガチャとか用意してます…。

詳細はこちらをどうぞ。

やれることはやりましたので、あとはもう、当日を待つだけですね。

ちなみに新作の頒布価格は1500円です。ぜひ。

創作同人イベント「コミティア」が隣でやってるので、

そのついでにお越しいただくのもいいかも。なんて。

にしても…創作ボードゲームやりはじめて5年かあ。すげーなあ。

同人サークルってくくりじゃなくても、

友人と何かを5年間やり続けるって、なかなかできないと思うんですよね。

ヨメさんとだったら毎日顔を合わせているのでやりようあるけども…。

そんでまた、参加のたびに何かしらあたらしいものを出してまして、

それもちょっと、異常というか…。

同人誌の数倍労力がかかりますからねー…。

でもやっぱり、出すからにはちゃんとしておきたいワケです。

単純に出すだけなら、人狼クローンとかでもよくて。

キャラだけすり替えて、みたいな。

そういうのはグッズ頒布としてならいいですけど、

ウチのブランドで「これ新作です」とは言いたくないですしね…。

ほかにも、いろいろ言いたいことはありますが(笑)、それはそれ。

とにかく明日は楽しく過ごせたらなと思います!よろしくお願いしまーす!