プロローグ。

「プロローグ」
このゲームとの出会い。

…あの日。

そう、オレが田舎の従兄弟の家に遊びに行った日。

従兄弟は別にゲームが大好きなわけではなくて、「ただ暇つぶしにやってる感じ」だった。

だからソフトも定番の「スーパーマリオ」や、「ファイナルファンタジー」等しか置いてない。

が、

その中に見慣れぬゲームがあった。

灰色のカセットで、「星をみるひと」とかいてある。

「これ、やってもいい?」

「…いいけど、すげぇつまんないぜ。」

「ええ?そうなの?まあいいや…。」

当時小学4年生だったオレには、ゲームはすべて面白そうに見えた。

さっそくファミコンにセットし、遊んでみる。

けれども、ちっとも面白くない。ただただやられるのみである。

というよりその当時、

もともとアクションばっかりやっていてRPGなんて目もくれていなかったので

「星をみるひと」がつまらないのではなく、「RPG」自体がつまらない、と、思っていた。

だからその当時はさほど気に止めもせず、

「違うゲームやろう」といってすぐカセットを取り替えたりした。

あの時、

あんなものを見なければ…。

オレはこのゲームを知らずに済んだのかもしれない。

 

そして。

 

時は流れ高一になったある日、オレはとあるゲームショップでそれを見た。

見覚えのあるゲームだった。

奴は間違い無くこっちを見ていた。

気がつくとオレはそのソフトを手にし、自転車を飛ばしていた。

尊い680円と引き換えに。

それが、すべての始まりである。

これは、そんな管理人と一本のゲームソフトとの、戦いの履歴である。