カテゴリー: LOG

vtuberデビューしたわ

こんばんは。あたしムーンライト満月。
お久しぶり。元気?

あのね、あたしついに受肉したの。
受肉っていっても、かつやの出前を受け取るとか
そういう事じゃないの。

そう、youtuberになったのよ。なったの。
そうなることを受肉って言うらしくて。

まだ始めたばかりだけど、
まあまあ続けられそうな雰囲気ではあるから
これからよろしくね。
あ、よかったらチャンネル登録お願いします!
ところでチャンネルって何?

 

投資的浪費

なんか…防音カーテンを一式買って
音を録りやすい環境を構築しつつあります…。
あと、いいマイクを買ってしまいました…。
こんにちは。もう戻れないとこまで来てしまった感です。

元々、集中できる環境を構築したくて
なんか蚊帳をテント代わりにして中で考え事してみたりとか、
わけわからんことを模索してたんですけども(実話)、
音を録るための弱小防音環境っていうのと、
薄暗いとこで集中したいっていうニーズが合致して、
いよいよきちんとお金かけてみようということが自分内で決定され、
ちょっと…形から入るの大スキ人間なのでlive2D+facerigにかこつけて
いろいろ遊んでみていると。そんなような状況です。

だからあの、今、部屋に入るとkinectで遊ぶゾーンがあって、
その片隅に、カーテンで仕切られた部屋があるんですよ(笑)。
パソコンだけ囲ってある空間。なんなんだこのバカバカしい空間は!

まあでも…これがいいんです。たのしいじゃないですか。
次の土、日、…月曜には何かお見せしたい。です。
お金も時間もかけましたし。ねえ。

 

ようか

2次元絵にアニメをつける「Live2D」と
それを使って声を当てたりできる「facerig」をいじりはじめて、
8日が経ちました。

今の進捗は、もう、最後の音撮り…のはずなんですけど、
いざやってみるとやっぱりはずかしさがぬぐえないですね(笑)。
あのー、ウチにはヨメさんがいるじゃないですか。
一応試験して、普段の話声くらいだと部屋をまたいでヨメさんの
耳には届くか届かないか…程度だという事が分かりまして、
まあいけるかな…と思えてきたんですけども、
やっぱり意識してると、声に芯が通らないんですよ。
カラオケくらいきっちり声張らないと。

…でね。
facerigにはiOS版がありまして。
これにも作ったアバターが入れられるんですよ。
なので、
これでやればいいじゃん!
これカラオケ屋かなんか持ってって撮ればいいじゃん!
て、思ったんですけど、
ロゴが絶対入るのと、背景が好きに選べない(インポートも不可)のとで
どーも現実的じゃないことがわかってきて。
うーん。

…そんなこんなで、
部屋を改造しようというところまできています。
どんだけ発展すんのこの話!
いやーでも楽しい。こういうのって楽しいす。
どんどんやっていきたい。

 

Live2Dとは結局なんなのか

ずっとLive2Dをいじっております。
絵にアニメをつけるエディタ。
であのー、根本的にLive2DはTIPS(やり方の例)が少ないのね。
そんでしかも、覚える要素が多すぎて意味がわからない。
デフォーマってなんですか、とか。
FFの新しい魔法ですか、みたいな。
情報が一度に、大量に来ちゃうんだよね。
めちゃめちゃとっつきにくい!

でですね、
そんな中いろいろ検索して、がんばっているわけなんですが、
どの解説サイトにも、公式サイトにも、
大事な説明が抜けているように思えてきました。
それは、
「Live2Dっていうのは絵を動かせるんだけど、
それは絵をパーツごとにポリゴン化するものなんだよ」っていう、ソフトの根底。

これが、なんか誰も彼もさらっと書いてたり書いてなかったりして、
よくわからなかったんですよね。
いや、どっかに書いてあるのかもしれない。
けどもう、「はいじゃあ動かしてみましょう」的な話ばっかりで、
一体今やっていることはどういうことなのかっていう理解が
おいつかない…。

なので、
私が思うLive2Dの基本をまとめてみました。

さあ、がんばろう。

 

おもうように動かない

Live2Dという技術がありまして、
要するに2次元の絵をまるで生きているかのように動かせるという
なかなかのヤツなんですけど、
それが面白そうだってんでちょっとかじってみたんですね。

歯がたちませんでした。

これ、ちょっとかじったくらいじゃぜんぜんダメっすな。
確かにすごい技術で、その恩恵を受けるにしてはかなりラクな
方法だと思うんですが、それでもやっぱりちょっと大変。
くやしいので、今ちまちまとチュートリアルを見たり、
有識者のブログを見たりしております…。

あーでも、すごい面白い。
おもしろすぎて仕事したくない。これずっとやっていたい!
…そうもいかないか。ああーお金があればなあ。
お金があれば誰かに頼むのに(←そこはてめえでやれよ)。

 

二次元が呼んでいる

理由は、まだきちんと書けませんが、
ていうかtwitterの流れを見たら一目瞭然なのですが、
ずーーーーっと絵を描いてます。3連休。

3連休!この暑い中!有意義に過ごしたい!
つったらまあ、家で涼しくしながら絵でも描いてるのがいいよねえ…。
そういうのもありますね。あともう、現実側であんまいい事ないから
本格的に2次元に逃げ込もうという魂胆です。

switch「キノピオ隊長」も買いました。
絵に飽きたときの逃げ場も確保するという周到ぶり。
WiiUでさんざん遊んだじゃん!って思うけど、
いやもういいの。キノピオ隊長はあのミニチュア感が最高なんだから。
パズルアクションとか大好物だし。ねえ。
あとなんか、めっちゃ忘れてるし。内容。
そんなこんなで、ここしばらく記録的猛暑で
一部はおフロと同じ温度らしいので
皆様も熱中症にはお気を付けください。
こちらは2次元に熱中しときます。わーい。現実を受け入れない!


余談なんですけど、キノピオ隊長はラスボスがカラスなんですよ。
ワタシ、そういう「中ボス感のあるラスボス」っていうのに
弱いところがあるんですよね。
ゼルダのガノンも、大魔王ですけど、元はブタだったじゃないですか。
パルテナはメデューサですよね。
メデューサなんて、絶対中ボスじゃん。
あとなんだっけなあ、ド忘れしちゃいましたけど、
ヘビがラスボスとか。そういうのがスキ。
なんかもっとあったと思うんだけどなあ…暑さでもう…。

 

地雷源の存在

ネットで、自分が拒絶するジャンルのことを
「地雷」って呼ぶじゃないですか。

オレ、地雷はないと思ってたんですよ。
争いのない平和な世界だと思ってたんですよ。
どんな表現も、それは文化だから!ってんで
仲良く手を取り暮らしていける世界が
脳内にあると、信じてきたんですよ。

でも、あったんですよ地雷。

長いこといろんな作品に触れてきましたが、
今まで全然気がつかなかった。
まさかなんでもござれの広い大地に、埋まっていたとは。

…それは、
明治以降存命だった人の容姿を作り替えるような、二次創作。
これが、たぶん唯一の、地雷。

最初に思ったのは鬼武者じゃないかなあ。
侍の松田優作。
でもなんか、違和感はあったけど、まあ、みたいな。
あれはちょっと違うか。

これほんとすごいややこしくて、
最近ようやく自分の中で整理できたんですよ。

まず、幕末以前は何来ても大丈夫。
独眼竜政宗が単眼女子になるとかぶつけられても全然大丈夫。
坂本龍馬とか新選組とか、どうなっても大丈夫。むしろおいしい。
でも、明治から、
すごいオレの中でフィクションに対する…なんだろう、
とにかく扱いが難しいのよ。

うーん、たとえば、福沢諭吉。
福沢諭吉が慶応キャンパスで全裸で踊ってるような
ギャグマンガがあったとするじゃないですか。
それは、大丈夫。
その、フォルム?見た目?が崩れてなければよくて。
だから風刺ギャグなんかも全然平気。
あと超巨大福沢ロボとかも大丈夫。
鼻のイボのとこにたぶん乗るんだと思うんですけど。
そういうのも大丈夫。

ダメなのは、福沢諭吉の女体化。
あと過剰なイケメン化。
すっごいダメ。
すっごい苦手。
福沢諭吉のあの顔で女装は大丈夫なのに。
なんなんでしょうね。

アレかなあ、ギャグだったらいいのかなあ。
やばい整理ついてないじゃん(笑)。
ギャグだとそういう変化も受け入れられるのかも。
これがまんまギャルゲーでぶっ込まれたりするときっつい…のかな。

…いまいちまとまりませんが、まあこっちが見なきゃいいだけの話だし
否定もしないので別に何がってんじゃないですけども
ちょっと、受け付けない要素があるっていう自分に
ビックリしたっていう。そんな話でした。
皆さんも地雷には気をつけて。
表現するのは自由なので、認めつつ、自衛する方向で。