セイソウのグングニル #12(END)

「イヴァルディ!」 ニルが駆け寄る。     「ニル……ごめん…… 私……邪魔になっ……ちゃって…………」     いつもの気丈さはなく、か細い声で話すイヴァルディ。 とっさに手を握る。冷たい。 「わか……るんだ…… も…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #11

--ない。 イヴァルディの姿が。     いつも通りの仕事。 いつも通りの結果。 いつも通りの日常。 事務所に戻ってくるまでは。 違うのは、イヴァルディがそこにいないこと。 何かの冗談だと思った。 テーブルの書き置きを見…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #10

ここネオカナガワの主流な肉料理はチキンだ。 安く、環境にも強い。エサも水と廃棄食料で良い。 まるでカプセルホテルのようなケージに ひよこの状態で放り込まれる。 中には前時代の穏やかな牧場風景が投影され、 動くと足元のラン…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #09

レトロムーン。 あらゆる生物を受け入れるBAR。 内装は濃い目のピンク。少し古いスナックの面影。 酒はまずいが料理には一定の評価がある。 しかし…… 「……客、こないわね」 30代中頃、肩出しのドレス、クレーターを模した…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #08

(つづき) 実験の最終試験を終えた サイナス=ヤーナとシーラ=ヤマザキ。 サイナスは自分の姿に、それほど衝撃を受けなかった。 元々どうなってもよい覚悟で臨んでいたため、 あっさりと、全てを受け入れることにした。 シーラに…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #07

かつてのニホンは分断された。 まるで、昔のロール・プレイング・ゲームのようだ。 郊外は死の大地となった。 電気も水道もガスも途絶し、 住む者はほとんどいなくなった。 街をつなぐのは、衛星とケーブルのみ。 ネオトーキョーは…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #06

今回のターゲットは年齢不詳。 サロン・ファンガールのオーナー、シャンカーン=ナカタ。 依頼内容によると、店の女の子を使って富裕層にハニートラップを仕掛け 大儲けしているらしい。 ネオカナガワでは、売春は法律で禁じられてい…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #05

THE FUDGE(ファッヂ)。 一卵性の双子。彼女らのユニット名。仕事はモデル兼ミュージシャン。 長身で大柄な体型。丸みを帯びたふくよかな体。 奇抜なメイク。奇抜なパフォーマンス。 ひと昔前ではとてもモデルに向かない体…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #04

日常。毎日のように届く依頼書。そして報酬。 依頼をさばくのは、イヴァルディの日課。 イヴァルディは、空中庭園グラズハイムの政府建屋に席があり、 本来の住まいもその周辺にある。 しかし今は、理由あって清掃屋(スイーパー)ニ…続きを読む続きを読む

セイソウのグングニル #03

「最近依頼が増えたわね……」 イヴァルディがこぼす。 「お金貯まるのはいいけど……たまには買い物でも行きたいな」 「そうだな……」 「ねえ、ニルはそういうの……ないの?」 「何がだ」 「例えばその……さ。好きな人と出掛け…続きを読む続きを読む