カテゴリー: ゲームレビュー

ロリポップチェーンソーレビュー

ずっと眠らせていたXbox360を再度セッティングし、

「ロリポップチェーンソー」を遊びました。

ウチのは初期のコアシステム(ブルードラゴンモデル)に

後付けで20GのHDDを買い足したヤツなんですが、

容量の関係でインストールできず、熱にも弱いため、

ハングアップの恐怖に怯えつつプレイ…。ああ、新型ほしい…。

E3で発表されたヤツはいつ日本で出るんだよ!おい!

…それはともかくゲームの話をしますが、

これなんか、古いけどスパイクアウトとか、

前にちょっと遊んだゴッドハンドに少し操作感が似てると思う。

爽快感はバッチリあるけど、無双みたいに軽くない。ベヨネッタより、もう少し重め。

…まー面白いす。

理屈とか抜き!キャラも設定も全部イッちゃってるよ!

チアガールがチェーンソー振り回すゲームですもの。しょうがないわそんなの。なあ。

…ああそうそう、個人的に意外だったのが、敵として出てくるゾンビが賢いこと。

ゾンビゲーにおけるザコゾンビは頭悪くてサクサク死んだりしますけど、

このゲームのゾンビは見た目こそゾンビですが

ちょいタイミング計って攻撃してくるし、なんなら少ししゃべるしで、

適当にやってると地味に体力を削られてしまいます。

…このあたりのバランスがスパイクアウトやゴッドハンドを思い出すのかなあ。

すごく伝わりにくいと思うんですけど、ファイナルファイトやベアナックルのような

ベルトスクロールアクションに出てくる序盤のザコって、

主人公がつっ立ってても、周りをうろうろするだけで

なかなかパンチしてこなかったりするじゃないですか。

そういうカンジ。そういう空気。そういう、ゾンビ。…が、います。

つまり、

世界観はブッ飛んでても、根底はありし日のベルトスクロールアクションなんだよね。

そして、そういう楽しさ、気持ちよさがこのゲームにはあります。

もっというと、ボスの強さも…ありし日のベルトスクロールアクション。

ボタン連打では倒せない変化に富んだボスが待ち構えています。

ということで、見た目よりかなりゲーマー向けのゲームだと感じましたので、

腕に覚えのある方は!今廉価版も出ていますので、ぜひどうぞ。


余談を2つ。

360の再セットアップをするにあたり、

接続はテレビの関係でVGAからD4にかわりましたが、違いが全然わかりません。

そもそもどっちがいいんですかね?

まあどっちも細かい字が読めますし、キレイですのでどっちでもいいす。

むしろコンポーネント録画機器のおかげで360も録画できるようになったね…。

ちなみに今実験したら、途中でかませてるAVセレクタがD4まで対応とあったのに、

360側をD5に手動設定したら普通に映りました。どーなってんのD端子規格。

もうひとつは…このゲームは友人から譲り受けまして、

それが通常版かと思ったらダウンロードコンテンツコードのついてるプレミアム版で。

そこで、譲り受けるときに「このコード使っちゃったでしょ?」って聞いたら

「使ってない」って言うさ。彼。

ホントかよ?と思って、入力してみたら、本当に未使用でやんの…。

…あいつ、何のためにプレミアム版を買ったんだ……?

まあいいけどさ(笑)。いいけど、うーん。

以上、ホントにどうでもいい余談でした。

 

すれちがいゲームレビュー

すれちがいゲームを買ったのでレビューします。

3DSのすれちがい広場に、新たにゲームが増えましたので…。

すれちがいシューティング、

すれちがいガーデン、

すれちがい合戦、

すれちがい迷宮、

すれちがいマザーの5種類かな。

最後のすれちがいマザーっていうのは実は開発途中なんですけど、

ネスのうしろにMiiがぞろぞろついていくという内容ですね。

そして勝手に会話に割り込んできたりして雰囲気をブチ壊すだけというゲーム。

ただこれに関しては開発途中で糸井さんがマスターロムを粉砕したあと

バス釣りに出かけましたのでおそらく発売されないと思います。なので実質4種類。

であのー、先に結論から言うと、

ガーデンだけ異質(悪いという意味ではなく)。

そしてどれも500円にしてはかなり遊べます。

その上で、もし1本だけ買うのであれば、

すれ違い回数が少ない方はシューティング、多い方は迷宮をオススメします。

2本、3本買うのであれば、

どうせ今まとめて4本で1500円ですので4本買っちゃうのをオススメします。

メニュー埋まってるほうが気持ちいいしね。


…さて、それでは個別に。

まずすれちがいシューティング。

開発してるのはグッド・フィールという元コナミの蛭子さんがいらっしゃる所で、

毛糸のカービィとかを作られています。

がんばれゴエモンの魂が宿ってる会社(だと勝手に思ってます)ですね。

…いきなりですが、4作品の中で一番推したいのはこの作品。

すれ違い数に応じて自機をパワーアップさせて進めていくのですが、

さすがというかなんというか、シューティングとしての作りがていねいで、

ステージも仕掛け盛りだくさんだし、ステージごとにボスがいるし、

隠し要素もあるし、ちょっと笑いも入ってるしでものすげーいい!

ツインビーとパロディウスの間くらいの雰囲気かなあ。

1面の曲とかかなりツインビーチックでいいっす。

すれ違い数が少なくても、シューティングなので自分の腕で何とかできるのがまたいい。

個人的にはちょっと昔の、よき頃のコナミを感じれるゲームだと思ったので、

ぜひこれだけでも遊んでみて下さい…。


次、すれちがいガーデン。

開発してるのはグレッゾという元スクウェアの石井さんがいらっしゃる所で、

時のオカリナ3Dとかを作られています。

石井さんといえば聖剣伝説ですかねーやっぱ。あとチョコボの生みの親ですね。

でですね、このゲームは…、いや、これはゲームなんだろうか?

普通にガーデニングです(笑)。

すれちがい通信した人が自分の鉢植えに水をあげに来てくれて、

花を咲かせてタネをもらい、また新たな花を咲かせる…の繰り返し。

出来た花は庭に飾り、いらないタネは売ってお好みの植木鉢を買ったりできます。

これ、これだけアプローチが全然違う。

面白いとか面白くないとかで選別できる内容じゃないです。ガーデニングだから。

どうぶつの森的な面白さ…ですかね。どっちかっていうとね。

あれの花の交配を面白いと感じる方は、きっと遊んで損は無いと思います。

逆に、「ゲーム」を求めているのならこれだけを買うのはオススメしません。

ちなみにどうでもいいことですが、ガーデニングをサポートしてくれる

メンデルさんというキャラがいるんですけども、

なんか、なんかわかんないけど、ゲイっぽいです。

なんだろう?オネエ言葉とかじゃないんですけど、雰囲気が…。


次はすれちがい合戦。

開発してるのはスパイク・チュンソフト。

愛ある素晴らしい洋ゲーのローカライズでおなじみのスパイクと、

不思議のダンジョンやサウンドノベルでおなじみのチュンソフトの合併会社です。

ゲームは自国の兵士をすれちがいで増やし、架空の諸国を制圧していくという内容。

戦闘は単純に数の優劣だけではなく、ジャンケンの要素もあります。

…特筆すべきは、このゲームが唯一、今までのすれ違い総数を扱ってること。

すれ違った人のすれ違い広場の人数(これまでにすれ違った人数)が

そのまま増援の数となります。その点だけでも結構面白いですね。

というか本編よりも、どわーっと兵士が補充されるところが一番爽快かも(笑)。

いい人(すれ違い回数が多い人)に出会えるとかなりテンションあがりますよ。

ゲームとしてはそんなに凝った内容ではないですが、

物量で押す感覚的な楽しさがありますので、そういうのにピンとくる方はゼヒ。


最後はすれちがい迷宮。

開発してるのは元セガでソニックの生みの親・中さんが立ち上げた会社。

Wiiリモコンプラスバラエティとかを作られてます。

これ、秀逸。

すれちがいで出会う人から迷宮のピースをもらって、

どんどん迷宮をランパートのように…つってもわかんないでしょうから(笑)、

真上から見たテトリスのようなカンジで、パズルのように組み立てていく。

で、ピースをはめる時に同じ色で四角くなっているとアイテムがもらえ、

ならなかった場合はランダムで敵とエンカウントするという。

その戦闘もまたシンプルながらすごくよくできてて、

敵の攻撃モーションを見計らって攻撃したり防御したりすれば

効率よく敵を撃破できるという仕組みで、ホントに戦闘がたのしいです。

であの、すれちがった人数が多ければたくさんピースが手に入るし、

複数回すれちがったことのある人とすれちがえば、パズルのピースの選択肢が増えるので

攻略しやすくなったりと、実に良く練られています。

軽めのRPGとしてもかなり優秀だと思いますね。

サポートキャラであるシーラ・ベルの妙にぐいぐい来るカンジもかわいくてよし!

これもオススメです。


ということで、ざっと4本レビューでした。

少なくとも、どれも500円の価値は十分にあると思います。

あとはその上で…お財布と相談ですね。

あーちなみに、これらのソフトを遊ぶとMiiにかぶせられるぼうしがもらえる

「ぼうしチケット」なるアイテムがもらえるのですが、

シューティングと迷宮はもらいやすく、ガーデンはもらいにくいです。

Miiのぼうしが気になる方は、その辺もふまえて検討するといいかもしれません。

でもまあ、やっぱり4本買いが一番良いかなって思いますね…。

それじゃあレビューの意味ないじゃんって思うけど(笑)、

まあ、2000円が1500円ですし。

ルイージ年なので、ルイージのカード(2000円)を買って、

あとちょっとバーチャルコンソールを…みたいな。ねえ。

…今日はそんなところで。そいでは。

 

ローグライクレビュー後編

ローグライク強化週間実施中です。

今日は過去遊んだ事があるローグライクレビュー後編。

チュンソフトじゃないやつをざらっと。


PS「チョコボの不思議なダンジョン」 ※PSアーカイブスあり

システムはローグライクだけどペナルティはかなり少なく、
死んでもレベルはほぼ継続で消えるのは装備してないアイテムのみ。
ローグライク本来の面白さというより、育成の面白さにフォーカスされていて、
いろいろな要素を育てる事ができ、これはこれで完成したものというカンジです。
新種のRPGとして見た方がいいんじゃないかと思いますね。
そういや…当時友人がワンダースワン版にハマりすぎ、
授業中も遊んでいたのを覚えてます。
バグがバグがと言いながら延々遊んでいました。育成の魔力、恐るべし。

PS2「ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガ」

ナムコのドルアーガの塔をフィーチャーしたゲーム。
固定ダンジョンでシステムはローグライク。パズルっぽさがより強いです。
発売日に買って、買った時は結構遊んでました。
問題が2つあって、ひとつはロードが長くテンポも悪くて眠くなること。
もうひとつは、不思議のダンジョンていう名前がついてること。
これ、不思議のダンジョンとして出さなければよかったのに。
絶対そうだよ。ねえ。
不思議のダンジョンシリーズと比較して出来る事・出来ない事の差が大きすぎる!
チョコボと同じで、これはこれで完成してると思います。
なんつって、結局クリアには至らなかったけど…。なんか惜しいゲーム。

GB「カーブノア」

チョコボ、ドルアーガに続くこれはこれで完成してるシリーズ3つ目。
最近買いました…。200円で…。
ローグライクのシステムをもんのすげー削ぎ落して作られたゲーム。
レベルも満腹度も倉庫も育成も無し。アイテムは8個まで。
敵を一定数倒す、妖精を一定数助ける、お金を一定数稼ぐ、アイテムを一定数取るという
それぞれ条件が異なるダンジョンを潜り、達成すればクリア。
ダンジョンは遊ぶうちレベルが上がって、条件が難しくなってきます。
カニっぽい敵は横往復しかしないなど敵の挙動がある程度固定されてるので、
それを見切って逃げるのが攻略のカギですかね。
一番の難点はドット絵がヘタな所かな…。結構スキです。

DC「クライマックスランダーズ」

シンボルエンカウント式(MOTHER2みたく敵に接触して戦闘開始)のコマンド式RPG。
ローグライク要素としてはダンジョンが自動生成で満腹度要素がある事のみ。
面白いのはスキルシステムで、
ローグライクらしくどのダンジョンに入る時もレベルは1からのスタートなんですが、
あらかじめスキルをセットしておくと、そのセットしたレベルに到達したときに
特殊能力が使えるようになる、というシステム。
強力なスキルほど、レベルが上がらないと使えないという。
ただカメラアングルがひどく、他にも粗が多くてオススメはしません。
ワタシはMD「ランドストーカー」のキャラが出るっていうだけで
発売当時に買って延々やってクリアしました。そりゃもう、しょうがない。

PS「SIMPLE1500シリーズ THEダンジョンRPG」 ※PSアーカイブスあり

これまで紹介した中で一番本家ローグに近い。つかほぼそのまんま。
良くも悪くもローグなので難易度は高く、クリアできる自信がありません(笑)。
ただもうとにかく安い。DL購入で300円。
何気にロードが皆無で、中断セーブもできます。
挑戦回数が「(名前)2世」「(名前)3世」と刻まれるのがちょい面白い。
あと識別したアイテムが図鑑として登録される(ゲーム中は結局未識別で出るけど)ので
少しコレクター欲は満たされるかも。意外とオススメです。

まったくの余談ですが、SONY公式サイトでアーカイブス検索にひっかからなくて
おかしいなーと思ったら、
登録はあるけどアーカイブス配信されてることが書いてなかった…。
管理だらしないなあ。PS3のマーケットも動作ひどいし、
もうちょっときちんとして欲しいっす。

GG「ドラゴンクリスタル ツラニの迷宮」  ※3DSバーチャルコンソールあり

これもかなりローグ本家に近い?と思います。
アイテム名のセンスが独特で一見の価値はある…かも?
ハラキリソードなんてのもあります。
食料をストックしておけないのが地味に痛く、結構飢餓状態になりがち。
なお本家GG版はセーブ機能が無いという致命的な仕様で、
3DSに移植され中断可能になった事で本来の価値を持ったという変なソフトです。
また、おそらくGGの実機で遊んだ場合、クリアする前に電池が切れます…。
以上の事から実機で遊ぶ意味はほぼありません。
ちなみにTHEダンジョンRPGと同じく300円ですので、
ソニー派のあなたはTHEダンジョンRPG、任天堂派のあなたはこちらを。
セガ信者でソニー派のあなたは3DSを買う事。

PS「ドラえもん3 魔界のダンジョン」

てけてけーん グルメテーブルかけ~
でもドラ焼きしかでてこない~ プレイヤーがスネ夫でも~
こんにちは ぼく数年前までドラえもんです
ぼくのひみつ道具をつかって冒険してね
でも途中のストーリーがテンポわるいとか言わないでください
なかみは準シレンのローグライクだよ
子ども向けだとおもいきやガチなんだ きをつけてね
持ち込み制限もけっこうあるよ
もう少し遊ぶ層をかんがえて作ればいいのにね
まあそこそこ遊べると思うからやってみなよ
じゃあぼくは学級裁判があるから またね


たっぷり書きました。書きためておいたんですけども。

今日の中でオススメは…ちょっと書きにくいですね(笑)。

育成や合成をとことんやりたければチョコボはすごくいいと思います。

「やりこみ」とかそういう単語に反応する人は特に。ハクスラ好きにもいいかも。

あと、ガチガチのローグライクをやりたい人はTHEダンジョンRPGを。

ドラゴンクリスタルもガチガチですが、迷路の成り立ちがちょっと違うので

違和感を覚えそうです。あとセガ流の謎の味付けがどうかっていう(笑)。

バカゲーっぽい雰囲気もあるので、そういうのがスキならいいかな。

他の作品は…ほとんど趣味で推してるので、まあ興味があったらくらいで!

ただいずれも、チュンソフト製ローグライクをある程度遊んだ上で

プレイするのをオススメします。

ドラえもんは特に、シレンにかなり寄せて作られてるのに

ひみつ道具を無理やり名前として使ってるもんだからわかりにくくて…。

シレンをやってると「ああこれはふきとばしの杖だな」とわかるんですが、

そういう脳内変換ができないまま遊ぶと、結構キツいかも。

そしてドラえもんに詳しい人は逆に、

ひみつ道具の、本来の効果に沿わないアイテムに対して違和感を覚えそう。


…ということで、皆さんそれぞれ何かしら琴線に触れそうなソフトが

見つかったと思いますので、ゼヒ遊んでみてください。

明日はおまけです。

 

ローグライクレビュー前編

ローグライク強化週間実施中です。

今日は過去遊んだ事があるローグライクレビュー前編。

ちまちま書きためておいてよかった…。


SFC「風来のシレン」 ※Wiiバーチャルコンソールあり

初めて遊んだローグライクゲーム。出た当時に買いました。
当時は当然ローグなんてものは知らず、
確かその世界観とビジュアルに惚れて、お小遣いためて買った覚えがあります。
ボス戦の時はもうプレッシャーがすごすぎて、
クリアした時はまーぐったりしてましたね!子供にはキツいよ!
ちなみに当時は、ブフーや壺のダンジョンはまったく理解できませんでした。
今でもあんま理解できてないですけど(笑)。
…とにかく不朽の名作です。これはこれで完結してるし。システムも話も。
何よりシレンが秀逸なのはアイテムを入れる壺、モンスターに変化できる肉、
そして合成要素ですね。
いきなりこれだけの新要素を盛り込んであって、そのどれもが完成してる。すごい。
特に合成要素は最近発売されてる他社のローグライクゲームにも影響を与えるほ ど。
あの緊張感、一度は味わってほしいと思います。ゼヒ。

GB「風来のシレンGB」

小さいながらもきっちりシレンしてて、とてもいいです。
コンパクトさがいいのよ!GBゼルダと似た良さがありますね。
ミニマムなドット絵が好きな人はそれだけでやる価値あると思う。
また、話がかなり暗めなのもゲームボーイの白黒画面と相まって
いい空気を演出してます。ゼルダの時オカに対するムジュラのような立ち位置(笑)。
ただボタンが少ないため、スタートボタンまで活用するなど
操作がなかなか大変な事になっています…が、
ゲームボーイという事を考えると致し方ないかなあという面も。
ちなみにGBの2作目は遊んだことないです…。あっちも名作らしいです。

N64「風来のシレン2」

シレンが少しかわいくなって登場。仲間のアスカも今作から出てきます。
短めのダンジョンに潜って素材を集め、城を作るのが当面の目標なんですが、
その潜って集めて城建てる、ていうサイクルがなかなかに心地よくて、
アイテムを持ちこまない素潜りの楽しさを誰もが味わえたりします。
あとモンスター収集要素や武器収集要素など、やりこみが大幅アップしてます。
残念ながらバーチャルコンソールにはなってませんが、
遊べる環境がある方はやって損のないタイトルですのでゼヒに。
難点は64コントローラが少しやりにくいところ。でもまあ、GBと同じで、慣れです。

DC「風来のシレン外伝 アスカ見参!」

最近買ったワリに一番長い事遊んだソフト。個人的に最高傑作。
敵を使役できるエレキ箱のおかげで遊びやすく、でもヌルくもなく、
なんか自分的に絶妙でした。本当に狂ったように遊んでた…。
エレキ箱以外にも新要素が盛りだくさんで、
一部にはまったく別ゲームになるような要素もあり、どれも新鮮で面白い!
シレン系譜の完成系かも。
ただし、DCのコントローラではやや遊びにくいため、
PSのコントローラをDCで使えるコンバータを買って遊ぶのをオススメしときます。
なおパソコン版はもっと遊べるらしいですが、異常なプレミアがついてるのと、
ただミッションやダンジョンが増えてもストーリー的なつながりが無いと
やる気でない性格なので、未見です。…けど一度はやってみたい。

Wii「風来のシレン3」

予約特典のコッパのリモコンスタンドもろとも遠投の腕輪を装備して投げた。
今頃火星に到達しているんじゃないでしょうか。
変に興味を引いてもいけませんので、買わない方がいい、とだけ書いておきます。
人気シリーズの中で駄作が生まれるのは世の常だけどさ、それにしても…。

SFC「トルネコの大冒険」

シレン買った当時、トルネコの存在は知っていましたが、
その頃まるでドラクエやらない子で
キャラクターに一切思い入れが無いため完全にスルー。
遊んだのは結婚してからです。
システムは本家ローグにかなり近いですが、そのためかシンプルでおもしろい!
このゲームは爆弾岩とシルバーデビルの脅威が印象的ですね。
爆弾岩は目的達成後の戻る過程でも脅威になるもんなあ。
要素はシンプルですが、元々完成されたゲームという事もあり
面白さはこの頃から確立されています。
…それにしても、よくトルネコを主人公にしたもんだ。

PS「トルネコの大冒険2」

個人的にあまり息が続かなかったです…。
中断のシステムが面倒(普通に中断できない)だったり、
フォントが見にくかったりして…。
この頃はきちんとドラクエ4もクリア済だったんですけど、
なんか…なんだろう。遊ぶタイミングが悪かったのか?
ネット上の評価はおおむね良いようですが、
ちょっと画面もヤボったいカンジでハマりきれませんでした。
でもやっぱり一番の問題は中断だな…。
自分のタイミングで中断できないのがワタシには恐ろしくストレスなんです。
なので結果的に遊ぶのがおっくうになってしまって…。
ドラクエファンはキャラクターの動きなんかも楽しめていいと思います。
なかなか8方向から見れないですからね。敵とか。トルネコはどうでもいいけど。

PS2「トルネコの大冒険3」

エンカウントするダンジョンがあって鬱陶しかった記憶しかないです。
あともっさり動作にジャマな仲間…。早々に手放してしまいました…。
ネット記事見ると後半相当シビアなバランスになり、
ハマる人はハマるチューニングになっているらしいんですが、
…トルネコよりシレン派なので、正直それでも、まあいっか、みたいな…。
ファンの方すいません…。


以上。今日紹介したのはチュンソフト製ローグライク。

チュンソフトと言えばサウンドノベルが有名ですが、

家庭用ゲーム機にローグライクを素晴らしい形で持ってきた会社でもあるわけです。

純粋に、ワタシ自身の好みとしては、

アスカ>シレン2≒シレン1>シレンGB≒トルネコ1≒トルネコ2>トルネコ3>(絶壁)>シレン3。

ただ、今から新規で遊ぶのであれば、

シレン1のWiiVC版、もしくはトルネコ2を買ってきてPS3で遊ぶのが良いと思います。

アスカはデータが消えにくいのでいいですが、環境がね。

あとの作品は、どうしても電池が心配…。

まあウチのトルネコとシレン2は両方ともデータが消えてないし、

シレン2はコントローラパックにデータを避難させることもできるので

このあたりも、環境があればというカンジで。

なお…シレンは5作目まで出てますが、

武器の説明文とかがうすら寒くなっちゃってるらしく、どうも買う気に…。

面白いらしいけどね。でも雰囲気がちょっと。

つーことで明日はレビュー後編です。


おまけ。

NDS「風来のシレンDS」はシレン1のリメイクなんですが、

このゲームとしては致命的なフリーズバグを数回経験しまして…。

フリーズ=リセット=持ってたアイテムがすべて無くなるため、

メーカーの不手際でいままでの苦労が水の泡という最悪の状態。

ドット絵も軽めに描きなおされているので、あまりオススメできません。

遊ぶならやっぱり、Wiiバーチャルコンソール版をどうぞ。

 

ゲームボーイ30本レビュー(おまけ)

おまけの今日は、家にあるやつの中から10本、短文レビューしたいと思います。

王道から変化球まで。どうぞ。


ドラゴンクエスト1・2
説明不要のRPG。でもドラクエって意外と王道ってカンジじゃないのよね。
GB向けのこれはコンパクトにまとまっててスキです。

130506gb4_01.jpg

このゲームの冒険記が元で結婚したので、思い入れもあります。

星のカービィ
超人気作の1作目はゲームボーイでした…って常識ですよね。
ゲームボーイは軽快なアクションが少ないですが、これは別格。

130506gb4_02.jpg

この頃はイモ食ったりカレー食ったりしてました。

聖剣伝説
アクションRPGの名作。話が陰鬱ですがスキです。この時はまだ「FF外伝」でした。
2作目も3作目もファン多いよね。でも4作目で…。新約もちょっとなあ…。

130506gb4_03.jpg

口に出して言いたくなる名セリフ。他「そんなによくばってはいけませんぜ」とか…。

カエルの為に鐘は鳴る
任天堂らしからぬ?たっぷりのギャグと斬新なシステムで送るアドベンチャー。
RPGというよりアドベンチャーだと思う。名作です。リチャード王子カッコいい。

130506gb4_04.jpg

エンディングのひとコマ(データ残ってた)。この後…ね。
3DSVC化されているので、ゼヒ遊んでみて下さい。

悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん
ファミコンの移植と思いきや、実質的にファミコン版の続編っぽい。
いろいろな面でファミコン版より凝っています。ワタシはどっちもスキですけど(笑)。
主人公ドラキュラくんのタメ攻撃が多彩で、すごく面白いです。

130506gb4_05.jpg

1面のボス。ファミコン版とボスは同じなんだけど、ゲームボーイ版はさらに続きが。

ヨッシーのパネポン
GBカラーと同時に買って、遊びすぎたせいかGBカラーを壊してしまった罪深いゲーム。
もんのすげえハマってました。パズルモードもあって遊び応え十分。キャラもかわいい!

130506gb4_06.jpg

連鎖が決まると気持ちいいすね(普通のコメント)。

天神怪戦
和風シューティング。5種類のキャラを4人まで連れて行けます。
すんんんげえ地味なんだけど、なんかスキなんですこれ。思い出ボーナスだろうか。

130506gb4_07.jpg

忍者が武家を殺しまくるの図。

セレクション1・2
RPG版シャドウゲイトとも言うべき、マジメなんだけどちょっと頭の悪い空間が
広がっていて独特の味があるゲーム。です。なぜか3DSVC化済み。
ソフトはGB初期にでましたが、これは後期に出た1作目と2作目のカップリングソフト。

130506gb4_08.jpg

この何気ない文面だけでもシャドウゲイトっぽさが伝わると思う。
どうも勇者が軽いんだよなあ(笑)。

相撲ファイター 東海道場所
名前の通りキワモノ。マップは左向きなのに進行は右だったり
敵のセンスが統一されていなかったりと問題だらけ。でも一応クリア。

130506gb4_09.jpg

頭身おかしい。ていうかすべてがおかしい。気が狂ってる。
あとこれをオレの誕生日に渡してきた友人も、気が狂ってる。

ゼルダの伝説 夢をみる島DX
誰がなんと言おうと推します。いーじゃんか!
一度も死なずにクリアするとエンディングが若干変化しますので見てください。見ろ。

130506gb4_10.jpg

有名なウラワザ。どろぼー!


以上、おまけの10作品でした。

ゲームボーイってどうしても画面の狭さの関係で先が見にくかったりするんですけど、

そういう制約を感じさせない、もしくは制約を逆手にとってるゲームは

本当に面白くて、もっと注目されてもいいのになあと思ったりします。

3DSバーチャルコンソールがもっとラインナップそろうとね、いいんですけどね。

特にゲームボーイは本数が尋常じゃなくて、埋もれてる作品たくさんありますから。

今日紹介しませんでしたが、シレンGBとかなあ。さらわれたエビス丸とかなあ。

コナミはゲームボーイもチカラ入れてて良かったわ。

やっぱり80年代~90年代のコナミ、大スキだよ…。

ということで、明日から通勤時間はゲームボーイポケットを持って行きたいと思います。

例え周りから特異な目で見られようとも!いいじゃないか!

…いや、やっぱり、やめとこう……。

 

ゲームボーイ30本レビュー(後編)

ゲームボーイ短文レビュー、最後は版権10本です。

版権系ってホント遊んでないから新鮮…。そして怖い…。

それではどうぞ。


おじゃる丸 月夜が池のたからもの
すごろくゲームなんですが、ビジュアルが凝ってて結構いいです。
ゴールがいまいちはっきりしないのが残念かも。

130505gb3_01.jpg

ゲームに向いてない人材。

ゲームで発見!たまごっち2
今作は森のとかも出てきます。内容はまんまたまごっち。息が長いよね!これ。
たまごっちは企画が戦国TURBの方(黒柳陽子さん)なのよね…。
勝手な想像だけどくちぱっちとかそれっぽい。といいつつJINCOさんのキャラもスキ。

130505gb3_02.jpg

あまいしるは、吸うに限ります。

グランダー武蔵レヴォリューション
名前からゲーム内容が一切推測できなかったんですけど、なんと釣りゲームでした。
版元の記載があったので、たぶん何かに連載してたんだと思います。

130505gb3_03.jpg

普通に釣りしてます。レヴォリューションというほどのことはないです。

ロードス島戦記 英雄騎士伝
なんか、ノベル原作のゲームってその版権人気に寄りかかってるようで
ゲーム化されても面白くないのが多い気が…しません?まさにこれがそうなんですけど。

130505gb3_04.jpg

すごろく+カードバトルなんですけど、とにかくわかりにくくて
ずーっとふわっとしてます。ふんわり騎士伝。

シャーマンキング 超・占事略決ふんばり編
これのどこがマンキンなのか全然わかんねー!というデッキ型カードバトルゲーム。
昨日の大貝獣物語と同じく…遊戯王のアレ的な空気。
でも確か続編あった気がする。結構流行ったのかなあ?

130505gb3_05.jpg

GBC専用だけあってビジュアルはキレイ。

幻想魔伝最遊記
またカードバトルかよ!!! なんなんだよもういいよ!!!
なんかゲーム始まったら一行がいきなりなんでもない町のお店の店員と
強制的にカードバトル…。

130505gb3_06.jpg

もうたくさんです。無理ありすぎるし。ビジュアルだけはやっぱりキレイ。

遊戯王デュエルモンスターズ3 トライホーリーゴッドアドバント
んんんんもういい加減に…と叫んではいけないゲーム。本流がやってきました。
これとポケモンとたまごっちは罪なゲームよのう。

130505gb3_07.jpg

やっぱGBCだとわかりづらくて、面白いかどうか判別できない…。
カードゲームファンはこれをどういう風に見てたんだろう。

アメリカ横断ウルトラクイズ
ニューヨークに行きたいかー(自費で)!
タイトルのまんまです。コンティニュー無しの無慈悲なクイズゲーム。
顔グラフィック選べるのにイベント絵は固定という作りの甘さにイラッとします。

130505gb3_08.jpg

き こ く

ドラえもん 対決ひみつ道具!!
今回一番のヒットはこれ。ドラえもんの秘密道具が散乱し、
残ったのはチャンピオングローブのみという中でドラえもんが戦うアクションゲーム。
設定がムチャなくせにゲームは結構遊べるところがまた。

130505gb3_09.jpg

そしてこのありえないゲームツッコミ。しずかちゃんのリアクション。
カオスな会話とそこそこおもしろいアクションが融合してて、
感情をどこに持っていけばいいのかもうわかりません。ゼヒおためしを。

ドラえもん2 アニマル惑星伝説
販売店が気を利かせてくれたのかわかりませんが、2作目も入ってました。
1作目にRPG要素が少し加わって、これまたなかなか遊べるアクションとなっています。

130505gb3_10.jpg

スネ夫の高度なゲームボケに対するツッコミ。ドラえもん、腕を磨いています。
…よくよく考えたらこれ作ってるエポック社はSFCのドラえもんも手がけてて、
そっちはどれも結構遊べるんだよね。
エポック社はがんばってたのかも。設定はともかく。


ということで、今回の中で一番面白かったのはドラえもんでした。

まさかの結果です。

いや他にも面白いのたくさんありましたけど、でも…やっぱドラえもんだったなあ。

即ゴミ箱行きなのもありましたね。笑っちゃうほどつまんねえのとか。

それでも、まあいい打率だったんではないでしょうか。

とりあえずあのー、ドラえもんがいたく気に入りましたので、

なにかの機会にもう少し美品のヤツを買いなおしたいと思います。

カセットすげえきたなくて…。しょうがないけどさ…。

そんなこんなで買った分はこれでおしまい。長々とありがとうございました!

明日はゴールデンウィークとして1日余りましたので、おまけをやりまーす。

 

ゲームボーイ30本レビュー(中編)

昨日に引き続き、ショップで福袋として売っていた

ゲームボーイソフトの短文レビューです。

今日は9本ピックアップしてみました。版権モノじゃないヤツ…ですかね。

あとあの、今日はワリと面白いゲーム多めなので、書く身としては気を使います(笑)。

それではどうぞ。


ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド
言わずと知れた名作。でも遊んだことはありません…。
モンスターを仲間にし、育成して遊ぶRPG。最近リメイクされました。

130504gb2_01.jpg

前の人のずいぶん強いデータが残ってましたが、
今どこにいるのか、何をしていいのかわからず、
また出てくるモンスターが異常に弱いため逆に怖くなり、そっと終了。

女神転生外伝 ラストバイブル2
これも面白さが約束されてるようなゲームですね。
やることはメガテンで、世界観はファンタジー。

130504gb2_02.jpg

ドット絵きれいだねえ…。でかくて迫力あるよ。

メダロット2 カブトバージョン
自分の中ではたまごっちにおけるデジモンのような、
亜流で成功した数少ないパターンのひとつ。息の長い人気シリーズですね。

130504gb2_03.jpg

でも遊ぶとアレとは全然違って、戦闘システムはフロントミッションのよう。
部位破壊とかそういう。
サワリだけ遊びましたが、話のノリについていけないけど戦闘は面白かったです。
あとNATSUMEが作っててビックリした。

ボンバーボーイ
まだ今のデザインになる前のボンバーマン。パッケージがアメフト風。
アイテムショップがあって、買ったアイテムを持ち出しできるのが斬新でした。

130504gb2_04.jpg

あとはいつものボンバーマン。

SUPER桃太郎電鉄
4人接続タップとソフトが4本あればなんと4人対戦可能!って敷居高いな!
この環境そろえた人当時どれくらいいたんだろう。

130504gb2_05.jpg

CPU戦、敗北。

ゾクゾクヒーローズ
樫本学ヴ先生キャラデザのRPG。添付のおもちゃを指示通りに動かして
ゲームボーイカラーの赤外線に読ませると新たなヒーローが生まれるという仕組み。

130504gb2_06.jpg

キャラは楽しいしカットインもなめらかにアニメするしで悪いところなさげですが、
そのおもちゃがめんどくさ過ぎ。つかGCじゃ赤外線無いからダメじゃん…。
なんか猛烈に惜しい。樫本先生のキャラ大スキなので、ホント…うーん。

大貝獣物語 THE MIRACLE OF THE ZONE2
…なんで貝獣物語にくっつけたのかいまひとつわからないカードゲーム。
遊戯王ブームで乱立した系のアレなやつですね。正直面白さが伝わらなかった…。

130504gb2_07.jpg

自分で言いますかそれを。

かわいいウサギ
名前の破壊力とは裏腹に意外と笑えるポイントが無かったです。
普通のウサギ育成ゲーム。

130504gb2_08.jpg

なかよし度を数値化されると急に殺伐とする。
恋愛ゲームでも、主人公のパラメータは数値化してても愛情は少しぼかすもんね。

ハムスターパラダイス3
これ売れてたイメージなんですけど…。ハムスター育成ゲーム。
この辺はたまごっちのアレなんですかね?
さすが3作目だけあり、かわいいウサギより洗練されてます。
ただ…、その、ミニゲームが…。

130504gb2_09.jpg

台所の引き出しからゴキブリが大噴射!めちゃくちゃ笑いました(笑)。
無数のゴキブリを避けながらイモなどを食べる戦慄のミニゲーム!
どっさどっさゴキブリが出て、普通に横に逃げて行きます。必見です。


ゴキブリのミニゲームは笑ったわ…。

だってゴキブリ、30匹はくだらないという量が家の中に逃げていくんですもの。

きもちわりーよ!!!

次回は版権10本です。

いつの間にかゴールデンウィーク企画みたいになってきました。

おひまな方はゼヒどうぞ。

 

ゲームボーイ30本レビュー(前編)

twitterでバババーッと書いたんですが、ゲームボーイを30本買いました。

しかも中身完全シークレットの福袋的なヤツを…。

いやなんか、面白いかなと思って。

そんで入ってたタイトルが以下の通り。まずは任天堂系11本。

短いレビューとスクリーンショットをあわせてどうぞ。


ゼルダの伝説 夢をみる島
すでに10周ほどしてます。未見の方はゼヒ。特に任天堂ファンは必携の1本。
つかもうホントお願いしますから遊んで下さい…。

130503gb1_01.jpg

ウニをこのあたりまで運んでおくと、剣を取ったときにカッコイイです。

テトリス
Bモードレベル9-5ちゃんちゃかちゃーんちゃかヴェェェ。
このテトリスが全テトリスの中で一番面白いような気がする。名作。

130503gb1_02.jpg

ヴェェェ。

ドクターマリオ
レベル20HIGHでっでっでれれれれれでってっでれれれれててててスチャッベボベ。
ゲームボーイと同時に買ってもらった思い出深いゲーム。大スキ。名作。

130503gb1_03.jpg

スチャッベボベ。

カービィのピンボール
ギミック凝ってるしやられた時の救済措置もあるしでとても遊びやすいです。
カービィがデカいせいでイラつくこともありますが、その辺はご愛嬌。

130503gb1_04.jpg

よくよく考えるとカービィ2体いんのおかしくない?真ん中のは誰?

マリオのピクロス2
これ当時買ってすっごいやってた…。ワリオモードばっかりやってた…。
いわゆるイラストロジックですね。めちゃくちゃハマります。

130503gb1_05.jpg

調子に乗ってやっちまった瞬間。ピシュゥン。

マリオランド2 6つの金貨
改めて遊んでみたら、どうも記憶が美化されてた(笑)。動きが独特でもったり…。
バニー持ってないと結構ストレスたまる。1作目の方がムチャクチャだけどスキかなあ。

130503gb1_06.jpg

ワリオ初登場。ブサイクっすねー。

ワリオランド3 不思議なオルゴール
主人公が死なないという前代未聞の謎解きアクション。面白さはまあ、それなり。
アドバンスのはこれの完成形で、一度は遊ぶべき名作!メイドインシリーズのルーツ。

130503gb1_07.jpg

ゾンビワリオ。ジャンプしたときスリラーの動きをするあたり芸が細かいね。

ゲームボーイウォーズ
言わずと知れた戦略シミュレーション。意外と思考速度も気にならない程度で、
ユニットも少ないせいかあんまこのテのゲームやらないワタシでも遊べそう。

130503gb1_08.jpg

そんなことより気になるのはこのタイトルデモ。延々と謎のアニメが流れるんですが、
なんとなくマリオペイントやメイドインワリオのニオイを感じます。

ゴルフ
進行状況がセーブできたりして意外と機能充実。18ホール×2もある。
ゲームボーイでこれだけ遊べれば十分だと思う。

130503gb1_09.jpg

木にガスッと当たったの図。

スーパードンキーコングGB
雰囲気だけは出てる。でも無理しなさんなっていうカンジ。
遊ぶほどのタイトルではないと思います。

130503gb1_10.jpg

グラフィックはホント無理してる。

ポケットモンスターピカチュウ
説明不要の名作。ピカチュウだけ音声合成!でもうるさい!
後ろからついてくるピカチュウのドット絵がやや不気味です。

130503gb1_11.jpg

主人公:しいくいん、ライバル:むしはかせ。
ちなみにピカチュウは:おおたに。


ということで…次回はまた10本程度を。

でもあんまり期待しないでください(笑)。

 

ドラゴンクリスタルレビュー

昨日の夜、遊んでないゲームがたくさんあるにも関わらず

新たにゲームをダウンロードしました。

ウォレットにちょうど300円あったもんで…。

ダウンロードしたのは3DSVC「ドラゴンクリスタル ツラニの迷宮」

ゲームギアで発売されたローグライクゲーム(不思議のダンジョン系ゲーム)です。

中身はというと、ローグライクそのもの。

水晶玉に吸い込まれた主人公が脱出の鍵となる「聖杯」を取りに行く…という内容で、

まさにローグの「イェンダーの魔除け」のまんま。

起動してスタート押したらなんのデモも無くいきなりゲーム始まるあたりまで

頑なにローグしてます。

…そこまで同じにしなくても……。

他に、武器防具はもちろんですが、

杖、巻物、指輪、薬、食料、お金と一通りの要素は持ち合わせています。

当然使うまで識別されませんし、呪いもあります。

初回プレイで拾った装備がいきなり呪いの防具だったのにはビビりました…。

んで逆に、本家と違うのは何かというと、

まず食料がアイテムとしてストックできないところ。

これが結構大変です。その分多く食料は出てきますが、

中盤あたりから特に計画的に拾わないといけません。

あと、ずっと主人公の後ろに竜(の卵)がくっついてきます。

こいつはまったく何もせず、死ぬことも無いんですが、

まあこいつのおかげで完全に囲まれる事はありません。それだけ。

あと…、お店は存在せず、お金はコンティニューに使います。

コンティニューすると、アイテムは一切なくなるけど、武器と防具は残る仕様。

そんなゲームです。


…でね。

このゲームを遊んで驚いたのが2つ。あって。

1つは、このゲームがバーチャルコンソールによって成立したゲームだという事。

…たぶん意味がわかんないと思うんですけど、

このゲーム、ソフトとしてのセーブができないんです。

ローグライクなのに、中断セーブができない…。

ゲームギアという当時の状況をふまえても、さすがにセーブが無いっていうのは…。

つかゲームギアならなおさらじゃないですか。

ゲームギアってのはめちゃくちゃ燃費が悪いんですよ。

なのでたぶん、これをクリアするには別途ACアダプタが必要だったんじゃないかな…。

でも、今回バーチャルコンソールの機能として中断セーブがつきました。

このおかげで、きちんとしたローグライクゲームとして、完成しています。

そしてもうひとつ驚いたのが、

ゲームギアのバーチャルコンソールすべてそうだと思うんですけど、

…残像機能がついてるんですよね……。

実機で遊んだ事がある方はすぐピンと来たと思うんですけど、

ゲームギアってのは今ほど液晶の技術が高くない頃に作られたので、

もんのすげえ残像が出るんですよ…。それこそプレイに支障をきたすほど。

それを、再現するモードがあるんです…。

ONにすると、なんとゲームがやりにくくなる(笑)!

個人的にはもっと残像があったような記憶があるんですが、

それにしてもこの残像は見事です。

小さい頃、友人の持ってたゲームギアの記憶がよみがえります…!

この2つが、驚きでした。

つーことで総括すると…まー良くも悪くもローグライクなので難易度は高く、

またシレンのように武器防具を育てる要素は無くいつでも素潜りプレイなので

多分に運の要素はあると思いますから…、まあ軽い暇つぶしとして、ね。

遊んでみるのが、いいんじゃないでしょうか。なんて。

300円だしね(笑)。運試し感覚で、どうぞ。


3DSスペハリ、ハングオンにもこだわりの移植がされているのは知ってたんですが、

ゲームギアにもそういうセガ魂が入ってたのは知りませんでした…。

セガってすげえなあ。ホント小さい頃セガをスキでよかった。ありがとうセガ。

 

ルイージマンション2レビュー

昨日の地獄のような労働から解放され、

ようやっとルイージマンション2をはじめまして。

とりあえず最初のマンションはクリアしました。ということでその話を。

えーと、うーん、あのー、

前作とは似てるけど全然別物で、比較するのはちょっと違うと思います。

こっちの行動に対するリアクションを楽しむのは同じなんですけど、

前作は「探索する楽しみ」が軸で、今回のは「問題を解く快感」が軸。かな。

今回はマンションが増えて、しかも明確なミッション制。

同じマンションでも選んだミッションによって出てくる敵や仕掛けが変わったりする…、

もっと具体的に言うと、スーパーマリオ64と同じ方式を取っています。

同じコースでも赤いボム兵が出てくる時と出てこない時があったでしょ?あれと同じ。

なので、ゲームは面白いんですけど、

前作やバイオハザード、メトロイドのような面白さ…は、あまりないです。

ステージが、こちらの行動の結果ではなく、ゲームの都合に合わせて変化するので…。

なもんで、

前作が超スキな人は絶対違和感をおぼえると思います。

マンションがいくつかのエリアに分かれていて節目節目で集計するシステムと、

ミッションを選んで出撃するシステムではぜーんぜん違いますもんね。

ただその上で、続編ではなくひとつのソフトとして見ると、

ルイージのリアクションは面白いし、

謎解きもゼルダより突き放した印象で、結構「自分で解いた感」があるし、

オバケとの戦闘もゴリ押しでは勝てないし…で、

総じておりこうさんじゃなく、

ヒラメキをより要求される独特のアクションゲームが楽しめます。

やりこみ要素も十分ありますし、とてもいいですよ。

…だから、だからね?

「あんな構成にしちゃったら雰囲気台無しだろうが!!!!」とか、

「両スティック使って歩きながらぐりぐり吸うのが良かったんだろうがよ!!!!」とか、

「なんでWiiUじゃないんだよ!!!! WiiUで出てたら本体ごと買うのに!!!!」とか、

「1作目がやりたくなってきちゃったなああーーーー!!!!!」とか、

そういう事を言うのは、良くないと思うんだ。

おじさんはそう思う。

Wiiに昔クラブニンテンドーでもらったルイージコントローラをつないで

ちょっと遊んでニコニコしたりとか、

そういう懐古主義的なのはよくないです。やめましょう。やめたい…。でも…。

つーことで要するに、

1作目の続編としてではなく、ルイージマンションの新章としておたのしみください。

それだけで楽しみ方が全然違ってきますから。いやホント。

これから買う方は、そのつもりで。ゼヒどうぞ。